【SIGMA】 初めてのdp3! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SIGMA dp3 Quattro
75mm F5.6 1/60秒 ISO160
皆様こんにちは!
マップカメラには私が知る限りで4人ほどいるSIGMA使い。
私もその中の1人で、dp0 Quattroを使っています。SD1が2人。
そしてマップタイムズの常連である「taira.」さん。

「taira.」さんの人気連載コーナー「しぐまびより」は商品詳細

彼は「DP3 Merrill」を使っているので
今回私はリスペクトの意を込めて「dp3 Quattro」で撮ってきました。

Quattroになってから奇抜なデザインになりましたね。
その見た目の変化とは裏腹に、今までのSIGMAよりも
滑らかで大人しい画作りになったような気がします。

dp0は35mm判換算で21mmの超広角なので、dp3に持ち替えるとちょっと戸惑います。
色々撮ってきたのでご覧ください。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F2.8 1/400秒 ISO160
最短撮影距離が22.6cm、最大撮影倍率が1:3と接写にも中々強いです。
絞り開放で彼岸花の雌しべにピントを当ててみました。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F2.8 1/60秒 ISO160
街中スナップにも使えるのがコンパクトデジタルカメラの強みですね!
被写体を引き立たせる大きなボケも中望遠ならでは。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F8 8秒 ISO125
つい先日、腕時計を買いました。人生初の機械式です。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F9 1秒 ISO125
スケルトンで煌びやかでカッコイイ!と思って
夜な夜な卓上三脚を立てて撮ってみました。
1枚目は下地を敷いて。2枚目は箱を開けたところを。
いずれも部屋の照明が直接当たらないような隅っこでひっそりと。
光の当たり方で印象がだいぶ変わるので物撮り時は意識したいところです。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F2.8 1/200秒 ISO100
公園の池のほとりでカモが水浴びタイム。
「X3 Fill Light」をマイナスにかけて周辺をかなり落としました。
岩場だけ浮かび上がるようにして、そこにカモが佇むようなイメージで。
そのうち「taira.」さんに現像を教わろう…。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F5.6 1/30秒 ISO100
我が家の近くにある飲み屋の入り口にいる何か。
金属の質感や、首に巻いているスカーフまで緻密に描かれています。


コンパクトデジタルカメラといえど侮れない、というよりも
その描写だけを見ればフラッグシップ機と比べても遜色ない高水準です。
それが10万円アンダーで買える。しかも重さは500gほど。
あくまで「画質」に拘るのであれば最高のカメラのように思えるのです。
これからもSIGMA dpシリーズを愛でていきたいと思います。


↓今回使用した機材はコチラ!↓




マップカメラのフォトプレビューサイト「kasyapa」にて
dp3 Quattroの作例を公開中!
今回は使いませんでしたがテレコンを使用した作例も載っています。
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:09月26日 16時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! 2018年01月16日
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。 Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。 こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。 大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。 カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。 ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。 ...
続きを読む
null α7RIIIのピクセルシフトマルチ撮影を"試す" 2018年01月15日
皆さまこんにちは。 先日発売されたばかりの最新機種 α7RIII 既に撮影を楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 本日のテーマは「ピクセルシフトマルチ撮影」です。 Eマウントボディの中ではα7RIIIで初登場した機能となりますが ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御することで イメージセンサーを正確に1ピクセル分ずつずらして計4枚の画像を撮影、合成。 有効約4240万のすべての画素でR・G・B の全色情報を取得し、補間処理をせずに直接合成します。 そこから画像を生成することで偽...
続きを読む
ヘリオス44-2 58mm F2 【ロシア】ヘリオス44-2 58mm F2と歩く 2018年01月14日
今回は、1年とすこし前に購入してからすっかりハマってしまったオールドレンズ 『ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2』をご紹介いたします。 冒頭の写真は、良い被写体があった!と思ってカメラを構えたところ、 ピントを合わせる前の画がとても幻想的だったのでそのままシャッターを切った1枚です。 マニュアルフォーカスレンズの良いところは、 こうした予期せぬ1枚に巡り合えるところにあると私は思っています。 先ほどの1枚のピントを合わせた結果がこちら。 ヘリオス...
続きを読む
RAWデータって大切 愛犬と向き合おう 2018年01月13日
愛犬と向き合おう 焦点距離50mm(35mm判換算75mm),SS 1/125,F4.0,ISO 400 鏡開きも過ぎた今日この頃。 筆者にとっては、本日がお客様への年頭挨拶でございます。 皆様の期待に応えるべく精進してまいりますので、 本年もよろしくお願いいたします。 皆様ご存じのことと思いますが、今年は戌年です。 カメラ好きな方なら脳裏によみがえることでしょう。 「Nikon New FM2/T 戌」がリリースされた、あの戌年です。 24年前のリリースと聞くと、何ともいえない衝撃が走ります。 さて、マップカ...
続きを読む
null 【FUJIFILM】氷瀑を目指す旅 2018年01月12日
雲竜渓谷 栃木県日光市の山奥に位置し、 1月下旬から2月上旬の限られた時期にのみ巨大な氷瀑を見ることができます。 あたり一面氷柱に囲まれた景色は秘境そのもの。 フジフイルム の X-E2 と フジノン XF14mm F2.8 R と共に行ってきました。 朝方早くから登り始めるため、前日の夜遅くに車で東京を出発。 夜明け前に登山口に到着し少しの間車の中で仮眠をとりましたが、尋常ではない寒さです。 それはそうですね、ここは真冬の日光の奥地。 持ってきたものすべてを着込んでも芯から凍える...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]