【SIGMA】 初めてのdp3! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SIGMA dp3 Quattro
75mm F5.6 1/60秒 ISO160
皆様こんにちは!
マップカメラには私が知る限りで4人ほどいるSIGMA使い。
私もその中の1人で、dp0 Quattroを使っています。SD1が2人。
そしてマップタイムズの常連である「taira.」さん。

「taira.」さんの人気連載コーナー「しぐまびより」は商品詳細

彼は「DP3 Merrill」を使っているので
今回私はリスペクトの意を込めて「dp3 Quattro」で撮ってきました。

Quattroになってから奇抜なデザインになりましたね。
その見た目の変化とは裏腹に、今までのSIGMAよりも
滑らかで大人しい画作りになったような気がします。

dp0は35mm判換算で21mmの超広角なので、dp3に持ち替えるとちょっと戸惑います。
色々撮ってきたのでご覧ください。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F2.8 1/400秒 ISO160
最短撮影距離が22.6cm、最大撮影倍率が1:3と接写にも中々強いです。
絞り開放で彼岸花の雌しべにピントを当ててみました。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F2.8 1/60秒 ISO160
街中スナップにも使えるのがコンパクトデジタルカメラの強みですね!
被写体を引き立たせる大きなボケも中望遠ならでは。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F8 8秒 ISO125
つい先日、腕時計を買いました。人生初の機械式です。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F9 1秒 ISO125
スケルトンで煌びやかでカッコイイ!と思って
夜な夜な卓上三脚を立てて撮ってみました。
1枚目は下地を敷いて。2枚目は箱を開けたところを。
いずれも部屋の照明が直接当たらないような隅っこでひっそりと。
光の当たり方で印象がだいぶ変わるので物撮り時は意識したいところです。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F2.8 1/200秒 ISO100
公園の池のほとりでカモが水浴びタイム。
「X3 Fill Light」をマイナスにかけて周辺をかなり落としました。
岩場だけ浮かび上がるようにして、そこにカモが佇むようなイメージで。
そのうち「taira.」さんに現像を教わろう…。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F5.6 1/30秒 ISO100
我が家の近くにある飲み屋の入り口にいる何か。
金属の質感や、首に巻いているスカーフまで緻密に描かれています。


コンパクトデジタルカメラといえど侮れない、というよりも
その描写だけを見ればフラッグシップ機と比べても遜色ない高水準です。
それが10万円アンダーで買える。しかも重さは500gほど。
あくまで「画質」に拘るのであれば最高のカメラのように思えるのです。
これからもSIGMA dpシリーズを愛でていきたいと思います。


↓今回使用した機材はコチラ!↓




マップカメラのフォトプレビューサイト「kasyapa」にて
dp3 Quattroの作例を公開中!
今回は使いませんでしたがテレコンを使用した作例も載っています。
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:09月26日 16時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 2017年11月30日
SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM 茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。 使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。 シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。 今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。 写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。 撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。 F1.4 1/1600 ISO-100 撮影した時期は10月。 ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part4> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   シグマとFoveonとの出会い シグマといえばレン...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part3> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに刻まれた ヴィンテージナンバー   ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part2> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに込めた 哲学と想い 近年、カメラ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part1> 2017年11月09日
シグマ会津工場レポートの特別編として、株式会社シグマの代表取締役社長・山木和人氏にお時間をいただき、インタビューを行いました。インタビュアーはシュッピン株式会社・代表取締役社長の小野尚彦。なぜ会津に工場を構えたのか?新たなレンズシリーズを展開した意図とは?ヴィンテージナンバーの意味とは?など、シグマという会社や製品に込められた想いなどを伺ってきました。ぜひご覧ください。 会津に生産拠点を構えた理由 レンズに...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]