【OLYMPUS】 新製品 PEN E-PL8 かっこいい! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language









こんどのPEN E-PLはデザイン抜群ですよ!


洗練されている!


シンプルかつ高品位。ポイントは...

★お洒落なラバーへのOLYMPUSロゴ箔押し

★ヴィンテージ感漂う金属素材ダイヤル





ブラウン・ブラック・ホワイトの3色。

自分らしくカメラを楽しむ人の、新しいPEN。
セルフィーやアートフィルターを動画でも写真でも。
このカメラはまるでファッションコーディネートの一部。
そんなPENには、セルフィーやWi-Fi、アートフィルターなど
自分を表現するための機能が満載。ずっと使い続けたくなる

自慢のカメラです。



PEN はいつも持ち歩きたくなるほど美しい。







〓〓新製品〓〓

[ Category:OLYMPUS]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm... 2017年08月16日
オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが カメラグラン...
続きを読む
null オリンパスで広がる撮影の世界 第1回 星空撮影、始めてみよう 2017年08月14日
オリンパスで広がる撮影の世界 第1回 星空撮影、始めてみよう ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO 12-100MM F4.0 IS PROが カメラグランプリ三冠を獲得したオリンパスの実力を、 お伝えしたいと思う...
続きを読む
null 【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】 VOL.3 新たなる「ロクヨン」 2017年08月03日
【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】 VOL.3 : 新宿 新たなる「ロクヨン」 次にOM-D E-M1 Mark IIを持って訪れたのは新宿。 日本で摩天楼という言葉がこれほど似合う場所は他に無いだろう。 今回のレンズは『M.ZUIKO DIGITAL 300mm F4.0 IS PRO』という超望遠レンズをチョイス。 街中で見える換算600mmの世界に興味があったからだ。 被写体を探す私の横を次々とビジネスマンが忙しそうに過ぎ去っていく。 ニューヨークではビル群の間にハヤブサが住み着いているというが、この新宿ではどんな被写...
続きを読む
null 【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】 VOL.2 街撮りスナップ最強の常用ズームレンズ 2017年08月03日
【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】 VOL.2 : 原宿 街撮りスナップ最強の常用ズームレンズ OM-D E-M1 Mark IIを使用し、東京をテーマにスナップ撮影へ訪れたのは次の街は原宿。 今も昔も新たな流行を発信し続けているこの街は、訪れるたびに違った表情を見せてくれる。 今回撮影に持ち出したレンズは『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』。 35mm判換算で24-200mmという焦点距離をカバーしながらも、F4通しの明るさを誇る本レンズ。 「F4だと少し暗いのでは」と思う贅沢な方もいるかもしれない...
続きを読む
null 【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】VOL.1 広がる都市夜景の可能性 2017年08月03日
【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】 VOL.1 丸の内 広がる都市夜景の可能性 OM-D E-M1 Mark IIが発売されてから、 早いもので9カ月が経過した。 より磨きのかかった緻密な描写力に加えて、 進化を遂げた像面位相差AF、秒間最大60コマの連写モードなど、 ミラーレスが元来苦手とする動体撮影をサポート。 その高性能ぶりが、発売当初から話題になっているのは皆様ご存じの通り。 ではそれ以外のポイントでは、何が進化したのだろう。 本連載は、E-M1 Mark IIのレビュー機会の少ない便利...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]