【Nikon】Nikon通信 vol.13 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language








マップカメラ本館3階よりお届け致します

Nikon information!!

鮮度抜群の活きのいい情報をあなたに!!


見ているだけでも魅せられるレンズたち


歴史あるNikonのFマウントに連なるレンズ群には
ただ見ているだけでも愉しめるレンズがたくさんあります

特にマニュアルのレンズにはユニークで魅力的な
不変のNikonのFマウントならば現行のデジタル一眼カメラでそのまま楽しめるものもあります
(一部特殊なものもありますので全てが装着できるわけではありません)

そのうちのいくつかを今回は取り上げてみたいと思います






Nikon (ニコン) Nikkor 21mm F4 +Finder

初代にして今でもフィルムのマニュアル機として名高いニコンF発売当初に発売されていた超広角レンズ
ミラーアップして使用の為、使える機種は非常に限られます
具体的には 「Nikon F」、「F2」シリーズ等で使用するものです
距離計は目測
付属のファインダーを使用して画角を確認する仕様です
対称な形に前群・後群のレンズを配置しているため、対称型レンズといわれるものに分類されます

・歪曲(ディストーション)が少ない
・周辺減光が大きい
・倍率色収差も少ない

という特徴のあるレンズです


Voigtlander (フォクトレンダー) Super-Wide Heliar 15mm F4.5 SL Aspherical

上記のNikkor 21mm F4と同じくミラーアップして使用の為、使える機種は非常に限られます
超広角レンズながら非常にコンパクトなのが特徴
絞り開放から十分なコントラストとシャープさが魅力のレンズです



Nikon (ニコン) Ai-S Nikkor 16mm F2.8 Fish Eye

画角180度で24mm×36mmの画面いっぱいに写る対角線魚眼ですね
現在でしたらフルサイズのデジタル一眼で愉しみたいレンズです
スナップ・ポートレート・風景などに歪曲効果を面白く演出できます


Nikon (ニコン) W Nikkor 35mm F2.5 黒

全天候(オールウェザー)カメラ「ニコノス」を知っている人は今どれくらいいるのでしょうか
水陸両用の「NIKONOS」用交換レンズである「W Nikkor 35mm F2.5」
高い耐久性と優れた描写力を誇る水中カメラに使用されていたレンズです
ガウスタイプのレンズで絞り径を小さく構成できているのが特徴です
球面収差と色収差の補正が良好でさらにバックフォーカスの制約がないため
ディストーション(歪曲収差)もほぼゼロと言えるほど良好に補正されているそうです
外観的な特徴である鏡筒の左右に配置された「絞りつまみ」と「距離つまみ」
前面に設けられた「絞り目盛」の窓と「距離目盛」の窓は見ているだけで愉しくなります



Nikon (ニコン) Ai 45mm F2.8P

小さくて薄いパンケーキレンズ
すっきりとした外観はとても魅力的です
そしてとてもしっかりとした写りをします
CPU搭載なので、どのNikon 一眼レフでも使えます
小さくて薄いが故にピント合わせの際
知らぬ間に絞り環をピントリングと一緒に動かしてしまうかもしれないので注意


LOMO (ロモ) New Petzval 85mm F2.2

渦巻きボケが特徴の19世紀の名レンズ
博物館に展示されているような外見はもう見ているだけでも面白い
被写体に意外なほどクッキリとピントが合い解像感は高いと思います
絞り開放付近では大きな口径食にボケのエッジが強烈に立つことで渦を巻くような描写が面白いです


不変のNikon Fマウントを愉しもう!!







マップカメラ本館3階では他にも多数の商品をご用意してお待ちしております。
もちろん、新品のお試しいただけるボディ、レンズもご用意しておりますので、
少しでもカメラに興味をお持ちいただいた方は
是非ご来店頂き実際に手にとってお試しください。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。




最新の入荷はオンラインショップから!!
いち早くご希望の商品を手に入れたい方は
インターネットよりのご購入をご活用ください!!
機材をお探しの方はまずこちらから!!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓セール情報〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:11月03日 19時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 2017年12月10日
今年も早いもので、残すところあと少し。 今年の1年を振り返ってみると、近場が多いとはいえたくさん旅行に行った年でした。 軽井沢、日光、名古屋、佐久島、島根、長野…。 今日はそんな中から、先月訪れた長野旅行の写真をご紹介したいと思います。 使用した機材は、『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。 間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。 冒頭の写真は、2泊3日あった長野旅行の1日目に泊ま...
続きを読む
null ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 2017年12月09日
ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 11月28日、マンフロットブランドのフィルターが、ついに日本上陸を果たした。 パッケージもシンプルかつ洗練された印象。 早いもので、年の瀬迫った12月。 街中はクリスマスソングやイルミネーションに溢れて 高揚感が高まっております。 毎年恒例の情景...に対抗して(?)、今回は今までに無かった 便利アイテムを取り上げたいと思います。 XUMEとは? 今回取り上げるアイテムは、 11...
続きを読む
オリオンビール Nikon D5を『贅沢に』ビール撮りに使う 2017年12月08日
ニコンからD5が発表されたのが2016年1月。 連写、画素数、高感度、耐久性など種々の素晴らしいスペックに圧倒された方も多いのではないでしょうか。 まさに極限の状況で撮影に挑むプロフェッショナル・フォトグラファーのためのフラッグシップ機。 そんなフラッグシップ機を使えば、非常に暗い居酒屋で酔いながらビールを撮る、といった極限の状況でも綺麗な写真が撮れるはず。 そこまでの極限状況ではなくとも、料理や飲み物などを美味しそうに撮れるはず。 そう考えた私は即座に予約して手に入れまし...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】Canon史上最強のお供カメラ PowerShot G1X MarkIII  2017年12月07日
Canon PowerShot G1X MarkIII 11月30日に新発売のCanon PowerShot G1X MarkIII 先日本機を使う機会がありましたので、写真を交えてレビューしていきたいと思います。 APS-Cセンサーに新開発のレンズの実力を思う存分堪能してきました。 小型なのにこの写り…被写体の質感…Canonの最新機種には脱帽です。 ※写真はDigital Photo Professional 4にて簡易的な修正(明るさ、カラーバランス等)を行っております。 ※焦点距離は35mm換算した数値を記入しています。 焦点距離:72mm 絞...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 三村漢ゼミ「写真集を作ろう」修了展『めくる めくる 写真展』 2017年12月07日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 三村漢ゼミ「写真集を作ろう」修了展 - 『めくる めくる 写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]