【Nikon】Nikon通信 vol.13 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language








マップカメラ本館3階よりお届け致します

Nikon information!!

鮮度抜群の活きのいい情報をあなたに!!


見ているだけでも魅せられるレンズたち


歴史あるNikonのFマウントに連なるレンズ群には
ただ見ているだけでも愉しめるレンズがたくさんあります

特にマニュアルのレンズにはユニークで魅力的な
不変のNikonのFマウントならば現行のデジタル一眼カメラでそのまま楽しめるものもあります
(一部特殊なものもありますので全てが装着できるわけではありません)

そのうちのいくつかを今回は取り上げてみたいと思います






Nikon (ニコン) Nikkor 21mm F4 +Finder

初代にして今でもフィルムのマニュアル機として名高いニコンF発売当初に発売されていた超広角レンズ
ミラーアップして使用の為、使える機種は非常に限られます
具体的には 「Nikon F」、「F2」シリーズ等で使用するものです
距離計は目測
付属のファインダーを使用して画角を確認する仕様です
対称な形に前群・後群のレンズを配置しているため、対称型レンズといわれるものに分類されます

・歪曲(ディストーション)が少ない
・周辺減光が大きい
・倍率色収差も少ない

という特徴のあるレンズです


Voigtlander (フォクトレンダー) Super-Wide Heliar 15mm F4.5 SL Aspherical

上記のNikkor 21mm F4と同じくミラーアップして使用の為、使える機種は非常に限られます
超広角レンズながら非常にコンパクトなのが特徴
絞り開放から十分なコントラストとシャープさが魅力のレンズです



Nikon (ニコン) Ai-S Nikkor 16mm F2.8 Fish Eye

画角180度で24mm×36mmの画面いっぱいに写る対角線魚眼ですね
現在でしたらフルサイズのデジタル一眼で愉しみたいレンズです
スナップ・ポートレート・風景などに歪曲効果を面白く演出できます


Nikon (ニコン) W Nikkor 35mm F2.5 黒

全天候(オールウェザー)カメラ「ニコノス」を知っている人は今どれくらいいるのでしょうか
水陸両用の「NIKONOS」用交換レンズである「W Nikkor 35mm F2.5」
高い耐久性と優れた描写力を誇る水中カメラに使用されていたレンズです
ガウスタイプのレンズで絞り径を小さく構成できているのが特徴です
球面収差と色収差の補正が良好でさらにバックフォーカスの制約がないため
ディストーション(歪曲収差)もほぼゼロと言えるほど良好に補正されているそうです
外観的な特徴である鏡筒の左右に配置された「絞りつまみ」と「距離つまみ」
前面に設けられた「絞り目盛」の窓と「距離目盛」の窓は見ているだけで愉しくなります



Nikon (ニコン) Ai 45mm F2.8P

小さくて薄いパンケーキレンズ
すっきりとした外観はとても魅力的です
そしてとてもしっかりとした写りをします
CPU搭載なので、どのNikon 一眼レフでも使えます
小さくて薄いが故にピント合わせの際
知らぬ間に絞り環をピントリングと一緒に動かしてしまうかもしれないので注意


LOMO (ロモ) New Petzval 85mm F2.2

渦巻きボケが特徴の19世紀の名レンズ
博物館に展示されているような外見はもう見ているだけでも面白い
被写体に意外なほどクッキリとピントが合い解像感は高いと思います
絞り開放付近では大きな口径食にボケのエッジが強烈に立つことで渦を巻くような描写が面白いです


不変のNikon Fマウントを愉しもう!!







マップカメラ本館3階では他にも多数の商品をご用意してお待ちしております。
もちろん、新品のお試しいただけるボディ、レンズもご用意しておりますので、
少しでもカメラに興味をお持ちいただいた方は
是非ご来店頂き実際に手にとってお試しください。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。




最新の入荷はオンラインショップから!!
いち早くご希望の商品を手に入れたい方は
インターネットよりのご購入をご活用ください!!
機材をお探しの方はまずこちらから!!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓セール情報〓〓

[ Category:Nikon]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】S4・希少な普及版ニコン 2017年08月19日
Nikon S4をご存知ですか? 「Nikon S4」は、1959年発売のニコンSマウントカメラ(S型ニコン)。 「Nikon S3(1958年)」から、ファインダーの35mmフレーム、セルフタイマー、モータードライブ取付け機構、 フィルムカウンターの自動復元機構を省いた、普及版として登場しました。 ↑ Nikon S3(奥)とNikon S4(手前) 他のS型ニコンとの見分け方は、「レバー式巻上」、「大きなファインダー窓」(S3と同じ)で、 「セルフタイマー無し」、「ロゴのNが直線的」なら「S4」です。 生産台...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 金子裕昭 写真展『サバンナ ストーリー』 2017年08月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 金子裕昭 写真展 - 『サバンナ ストーリー』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験され...
続きを読む
null オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm... 2017年08月16日
オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが カメラグラン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]