【Nikon】Nikon通信 vol.13 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language








マップカメラ本館3階よりお届け致します

Nikon information!!

鮮度抜群の活きのいい情報をあなたに!!


見ているだけでも魅せられるレンズたち


歴史あるNikonのFマウントに連なるレンズ群には
ただ見ているだけでも愉しめるレンズがたくさんあります

特にマニュアルのレンズにはユニークで魅力的な
不変のNikonのFマウントならば現行のデジタル一眼カメラでそのまま楽しめるものもあります
(一部特殊なものもありますので全てが装着できるわけではありません)

そのうちのいくつかを今回は取り上げてみたいと思います






Nikon (ニコン) Nikkor 21mm F4 +Finder

初代にして今でもフィルムのマニュアル機として名高いニコンF発売当初に発売されていた超広角レンズ
ミラーアップして使用の為、使える機種は非常に限られます
具体的には 「Nikon F」、「F2」シリーズ等で使用するものです
距離計は目測
付属のファインダーを使用して画角を確認する仕様です
対称な形に前群・後群のレンズを配置しているため、対称型レンズといわれるものに分類されます

・歪曲(ディストーション)が少ない
・周辺減光が大きい
・倍率色収差も少ない

という特徴のあるレンズです


Voigtlander (フォクトレンダー) Super-Wide Heliar 15mm F4.5 SL Aspherical

上記のNikkor 21mm F4と同じくミラーアップして使用の為、使える機種は非常に限られます
超広角レンズながら非常にコンパクトなのが特徴
絞り開放から十分なコントラストとシャープさが魅力のレンズです



Nikon (ニコン) Ai-S Nikkor 16mm F2.8 Fish Eye

画角180度で24mm×36mmの画面いっぱいに写る対角線魚眼ですね
現在でしたらフルサイズのデジタル一眼で愉しみたいレンズです
スナップ・ポートレート・風景などに歪曲効果を面白く演出できます


Nikon (ニコン) W Nikkor 35mm F2.5 黒

全天候(オールウェザー)カメラ「ニコノス」を知っている人は今どれくらいいるのでしょうか
水陸両用の「NIKONOS」用交換レンズである「W Nikkor 35mm F2.5」
高い耐久性と優れた描写力を誇る水中カメラに使用されていたレンズです
ガウスタイプのレンズで絞り径を小さく構成できているのが特徴です
球面収差と色収差の補正が良好でさらにバックフォーカスの制約がないため
ディストーション(歪曲収差)もほぼゼロと言えるほど良好に補正されているそうです
外観的な特徴である鏡筒の左右に配置された「絞りつまみ」と「距離つまみ」
前面に設けられた「絞り目盛」の窓と「距離目盛」の窓は見ているだけで愉しくなります



Nikon (ニコン) Ai 45mm F2.8P

小さくて薄いパンケーキレンズ
すっきりとした外観はとても魅力的です
そしてとてもしっかりとした写りをします
CPU搭載なので、どのNikon 一眼レフでも使えます
小さくて薄いが故にピント合わせの際
知らぬ間に絞り環をピントリングと一緒に動かしてしまうかもしれないので注意


LOMO (ロモ) New Petzval 85mm F2.2

渦巻きボケが特徴の19世紀の名レンズ
博物館に展示されているような外見はもう見ているだけでも面白い
被写体に意外なほどクッキリとピントが合い解像感は高いと思います
絞り開放付近では大きな口径食にボケのエッジが強烈に立つことで渦を巻くような描写が面白いです


不変のNikon Fマウントを愉しもう!!







マップカメラ本館3階では他にも多数の商品をご用意してお待ちしております。
もちろん、新品のお試しいただけるボディ、レンズもご用意しておりますので、
少しでもカメラに興味をお持ちいただいた方は
是非ご来店頂き実際に手にとってお試しください。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。




最新の入荷はオンラインショップから!!
いち早くご希望の商品を手に入れたい方は
インターネットよりのご購入をご活用ください!!
機材をお探しの方はまずこちらから!!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓セール情報〓〓

[ Category:Nikon]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]