【SIGMA】 dp3 Quattroで秋のバラ園を行く。 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SIGMA dp3 Quattro
75mm F2.8 1/1000秒 ISO100

皆様こんにちは!
10月も気付けば最終日。
今度は11月がやってきて、半ばを過ぎると紅葉のシーズンが訪れますね!

でもその前に、前回の「K-1と行く旧古河庭園」に続いてバラです。
この日はK-1とSIGMA dp3 Quattroを使ったので、今回はSIGMA Ver.をお送りします。

「Foveon X3センサーQuattro」と銘打った独自センサーと
50mm F2.8(35mm判換算75mm相当)で、マクロ撮影もこなせる高性能レンズの相性は抜群!
プライベートではdp0 Quattroを所有しているのですが、dpシリーズは撮影を終えて
RAW現像するたびにニヤニヤしてしまう不思議な力があります。
「画質」を追い求める人は避けて通れないと言っても過言ではないカメラではないでしょうか。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F4 1/250秒 ISO160
トンボが止まっていました。
前回のPENTAX K-1では広角レンズで撮ってみたものの
急に飛んだら怖いのでちょっと離れて撮りました。
今回は中望遠なので離れていても大きく写せます!
注目すべきはトンボの足のギザギザや、花弁の産毛もバッチリ写っている点。
さすがです。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F4 1/250秒 ISO160
撮影の前日か、もしかしたら朝方も雨が降っていたのでしょうか。
しずくに濡れた花が多くてきれいに撮れました♪
彩度を高くすると赤が飽和するのでRAW現像は丁寧に。
モニターをしっかりキャリブレーションしていないのが最大の要因なのですが
もう少し追い込みたいところです。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F2.8 1/160秒 ISO100
私が大好きな黒バラも「1:3」の接写性能でバッチリです。
花弁の厚みやビロードのような質感も手に取るように伝わってきます。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F5.6 1/400秒 ISO100
モノクロ現像も何のその。というよりモノクロこそ「Foveonセンサー」の真骨頂。
驚異のダイナミックレンジとリアリティ。


SIGMA dp3 Quattro
75mm F4 1/100秒 ISO250
苔むした岩場をパシャリ。
暗かったのでISO250まで上げてしまいました。
今時のカメラで「上げてしまった」という表現も変なのですが
「Foveonセンサー」は昔から高感度に弱く、他社のカメラよりもノイズが乗りやすいので
古くからのSIGMA使いにとってISO200以上というのは戸惑いがあるものなのです。
とはいえ、ブレるよりはマシだと思って感度を上げて撮ってみたら
不安はどこへやら。特に何ともありませんでした。
dp0もそうですが、Quattroになってから高感度耐性も上がっているようです。
これなら撮影の幅がグンと広がりますね!


SIGMA dp3 Quattro
75mm F2.8 1/1000秒 ISO100
今回の撮影で一番気に入った写真で〆たいと思います。
大きなボケは、APS-C相当の大型センサーと
中望遠に相当する画角の明るいレンズならでは。
花弁の質感もしっかり出ていて満足な1枚です。

四季折々の花々をこのカメラで撮りたい!
そう思ったのでした。

↓今回使用した機材はコチラ!↓




マップカメラではdp3 Quattroの作例を公開中!
質感の再現が素晴らしいカメラです。いいですねぇ…。
↓フォトプレビューサイト、kasyapaはコチラ!↓



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:10月31日 14時26分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 2017年11月30日
SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM 茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。 使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。 シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。 今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。 写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。 撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。 F1.4 1/1600 ISO-100 撮影した時期は10月。 ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part4> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   シグマとFoveonとの出会い シグマといえばレン...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part3> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに刻まれた ヴィンテージナンバー   ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part2> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに込めた 哲学と想い 近年、カメラ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part1> 2017年11月09日
シグマ会津工場レポートの特別編として、株式会社シグマの代表取締役社長・山木和人氏にお時間をいただき、インタビューを行いました。インタビュアーはシュッピン株式会社・代表取締役社長の小野尚彦。なぜ会津に工場を構えたのか?新たなレンズシリーズを展開した意図とは?ヴィンテージナンバーの意味とは?など、シグマという会社や製品に込められた想いなどを伺ってきました。ぜひご覧ください。 会津に生産拠点を構えた理由 レンズに...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]