Select Language



【OLYMPUS】 新製品 発売の日程発表!

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2016年11月02日 14時05分]











ポイントは"高速"。AF/AE 追従で最高 18 コマ/秒の高速連写はスゴイです! ほか、新開発の高速画像処理エンジン
「TruePic Ⅷ」、 121 点オールクロスタイプの像面位相差 AF センサーと進化した強力な 5 軸手ぶれ補正搭載。









ポイントは"機動性"。多くの人が頻繁に使う広角から望遠域までおいしくカバー、対応ボディでは約6.5段分の
手ブレ補正効果が得られます。最短撮影距離が0.15m〜0.45m(広角端〜望遠端)と短いのも魅力です!









35mm判換算時60mm相当、撮影倍率は等倍を超える1.25倍、35mm判換算ではなんと2.5倍となるマクロレンズ。
シャッターチャンスを逃さない高速オートフォーカスときれいな円形ぼけほか、水中撮影システムに対応。









マイクロフォーサーズレンズでは初となる開放F値F1.2の大口径レンズ。PenFとの組み合わせだと、
外観デザインもマッチし、手で抱えたかんじのボディレンズのバランスが絶妙。ぜひお試しを!





いますぐに












そして 手に入れた後はきっと、





〓〓新製品〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2016年11月02日 14時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

森にさす光 森にさす光 2018年06月09日
関東も梅雨に入り、いよいよ湿気の多い季節に突入しました。 梅雨入り宣言が出されながらも絶好調に晴れたこの日、 しばらく拝めないであろう日の光を今のうちに感じておこうと 都内にある森へ出かけました。 ゲートを抜けると目の前に広大な空間。 イギリス式、フランス式、日本式の庭園が組み合わされてできている園内には、 それぞれ特徴的な趣の空間が広がっています。 庭園もいいのですが、ゲートを抜けてすぐに右に折れると巨大な樹木が密集する 森林エリアに入ります。 足元に咲く小...
続きを読む
null 【OLYMPUS】 カメラもアンチエイジング。 2018年06月02日
先日発表されたカメラグランプリにおいて、オリンパス交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO」が交換レンズ部門受賞を果たしました。2016年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」、2017年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」に続く3年連続受賞はまさしく快挙。筆者も興奮冷めやらぬうちにというつもりで、夜の街をM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PROでスナップ撮影してみました。 F1.2というハイスピードで、交差点の一瞬を撮ってみたり・・・ 照明の斜光が印...
続きを読む
海街に惹かれて 海街に惹かれて 2018年05月18日
皆さんは心の落ち着く場所、というものがありますでしょうか。 以前にも書かせていただいたことがあるのですが、私は海に近い地域で育ったためか海辺で過ごすことでとても心が落ち着きます。 もちろん、ほとんどの方が同様にお思いになるかもしれません。 生命の源である「海」を見たくなるのは生物としての本能である、といえるかもしれません。 さて、「横浜」という街はもう既にあらゆる部分で語り尽くされているかと思います。 私は数年前まで横浜に住んでおり、赤レンガ周辺のお決まりのコース...
続きを読む
【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIと里帰り 【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIと里帰り 2018年05月10日
千葉県匝瑳(そうさ)市晴海。旧八日市場市。 親戚の家が自動車整備会社を営んでおり、幼いころはよく父親に連れて行ってもらっていました。 この日はOM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DiGITAL ED 12-100mm F4 PRO ISを手に、実に十数年ぶりに訪れてみました。 焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:250 工場(こうば)の風景。 幼い頃、作業をしていない時は良くこのスペースで遊ばせてもらっていました。 今改めて見ると昔から変わることのない景色に時間の流れが止まっている...
続きを読む
小さくとも大きな発見 小さくとも大きな発見 2018年05月05日
長い時間カメラを持ち歩いていると思うことがあります。 「重い」と。 これまで様々なカメラを使ってきた結果、やはり王道が一番ということでフルサイズ一眼レフを使ってきました。 そして、そのサブ機という名目でフルサイズミラーレス機を導入し、その日の気分で使い分けることでなんとか落ち着いていました。 しかし一眼レフは重く、サブ機の方は手にした感触や機能面で不満を抱いていました。 ものすごく贅沢な悩みには違いありませんが、いつも肩身放さず持ち歩くものには貪欲になるのが人情と...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]