【SIGMA】SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM 本日発売! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







本日、SIGMAよりフルサイズ対応となる
85mmの最高峰を冠した
「究極のポートレート用レンズ」
「SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM」
が発売されます。



あらゆる妥協を排除した、光学性能優先の設計

高い解像力に加え、色収差を抑えた
ポートレート用レンズの決定版

これを目指して
この「SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM」
誕生しました。

色収差補正を高いレベルで行ったことで
シャープさとボケの美しさを併せ持つ
卓越した性能を発揮します。



高画素のデジタルカメラの出現により、その最高の性能を発揮させる為には
レンズの基本性能の高さがまず求められるようになってきています。
このレンズでは破格の12群14枚というレンズ構成を組み
5000万画素以上の超高画素デジタル一眼レフカメラに対応する
高い解像力を実現に至ったと謳っております。



大口径レンズ特有の美しいボケ味

SLDガラス を採用し、配置の最適化を行うことで、軸上色収差を徹底して補正。
これによりピントが合った位置からその前後のフォーカス位置におよぶまで
クリアな描写を実現し、自然なボケ味も追求しています。

非球面レンズを適切に配置することによる非点収差と像面湾曲を補正を行い
画面周辺まで解像力の高い描写を実現

この組み合わせが
「究極のポートレート用レンズ」
精細な描写と美しいボケを表現するに至りました

他にも最新技術を投入して作成され
新設計のHSM搭載
簡易防塵防滴機構
電磁絞り採用

など高品質なレンズとして仕上がっています。

SIGMAが誇るArtラインシリーズの最新のレンズ
「SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM」
期待を裏切らないその写りを是非体感しよう!!




マップカメラでは発売したての「A 85mm F1.4 DG HSM」の作例を公開中!!
高解像で抜けのいい写りは最新の光学設計の賜物ですね!
↓SIGMA A 85mm F1.4 DG HSMの作例はコチラ!!↓




〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:11月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part4> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   シグマとFoveonとの出会い シグマといえばレン...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part3> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに刻まれた ヴィンテージナンバー   ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part2> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに込めた 哲学と想い 近年、カメラ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part1> 2017年11月09日
シグマ会津工場レポートの特別編として、株式会社シグマの代表取締役社長・山木和人氏にお時間をいただき、インタビューを行いました。インタビュアーはシュッピン株式会社・代表取締役社長の小野尚彦。なぜ会津に工場を構えたのか?新たなレンズシリーズを展開した意図とは?ヴィンテージナンバーの意味とは?など、シグマという会社や製品に込められた想いなどを伺ってきました。ぜひご覧ください。 会津に生産拠点を構えた理由 レンズに...
続きを読む
null 【SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年11月09日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]