Select Language



OM-D E-M1 Mark IIを体感!

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2016年11月21日 12時00分]


2016年11月19日、20日に新宿LUMINE0にて
「OM-D E-M1 Mark II 体感フェア『OLYMPUS Photo Festa 2016』」が開催されました。
11月2日に発表以降、多くのお客様からご予約を頂いている人気機種「OM-D E-M1 Mark II」。
12月下旬の発売を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?
そんな早る気持ちを抑えるべく、ひと足先に新製品を体感してきましたので紹介いたします!

OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

会場入口では、お目当の「OM-D E-M1 Mark II」ほか
新製品「PEN E-PL8」や「M.ZUIKO PROレンズ」がお出迎えです。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

早速「OM-D E-M1 Mark II」を手にします。
手にした瞬間、グリップの握りやすさに感動!
手の小さなスタッフでも中指と小指の指かかりがよく、
安定したホールディングを実感できました。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

開発段階を紹介するモックアップ展示からもグリップへのこだわりを感じます。
スタッフの方曰く、グリップを握った多くの方が
「自分専用にカスタマイズされていると感じる」と述べられたとのこと。
この握りやすさは本物です。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

さらに、外観上の進化として嬉しいのはダブルスロットの搭載。
RAWとJPEGの振り分け記録などに便利になりました。
さらに上下配置でそれぞれ抜き差ししやすいように配慮されているのも嬉しいポイント。
スロット1はUHS-IIにも対応していて、
動画など大容量のデータ書き込みが便利になったのも見逃せません。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

機能面でもAFシステムが一新され、より動く被写体に強くなりました。
その一つとして新たなターゲットモード、「5点グループターゲット」が加わりました。
十字状のターゲットは、サッカーやラグビーといった激しく動く被写体を
よりピンポイントで狙いたい時に威力を発揮します。



続いては、高感度耐性の強化をチェック。
こちらは撮影体感コーナーでは実際に試すことができましたので
新しく発売されたレンズを取り付け、いざ実写!



OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

焦点距離:25mm(35mm換算:50mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:6400
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

センサーと画像処理エンジンの進化により常用感度がISO6400まで拡大した
「OM-D E-M1 Mark II」。
上の写真からもノイズをほとんど感じさせず、ディティールをしっかりと描いています。



OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO
   

新製品の大口径レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」が
側にありましたので こちらも試してみます。
薄いピント面と大きなボケ味にスタッフ一同、感嘆の吐息を漏らします。



OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO

ポートレート体感撮影コーナーでは、さらに本レンズのキレの良さを味わうことができました。
気になる「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」の描写は、
後日掲載予定のフォトプレビューKasyapaでも紹介いたしますのでお楽しみに。



マクロ撮影体感コーナーでは
同じく新製品のマクロフラッシュ STF-8を一足先に体感。

OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

一般的なリング発光だけではなく、発光部を取り外すことによって
さらに自由度の高いライティングが楽しめます。

コーナーの一角で深度合成モードを試してみることに。

先代のOM-D E-M1のファームウェアで注目を浴びた本モード
1回の撮影で撮れた8枚の写真をカメラ内で合成させ
手前から奥までフォーカスがあった1枚にする機能です。

「OM-D E-M1 Mark II」の対応レンズで
新製品の「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」で挑みます!


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 MacroOM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

青い車のフロント部分にピントを合わせ撮影すると、至近側2枚、無限側5枚を追加撮影し、
計8枚を合成することにより…

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / フォーカスステップ8
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

解像感はそのままに、手前から奥までフォーカスがあった写真を撮ることができます。
卓上での商品撮影などに重宝しそうです。

※合成した写真は上下7%に切り出しが発生します。

続いて、世界最強6.5段の手振れ補正性能を体感するため
暗所撮影コーナーにやってきました。

OM-D E-M1 Mark IIのボディ内5軸手振れ補正(5.5段相当)と
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのレンズ補正を合わせることで、
6.5段相当を実現とのこと。

OM-D E-M1 Mark II +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

焦点距離:100mm(35mm換算:200mm)絞り:F11 / シャッタースピード:0.5秒 / ISO:200
使用機材:OM-D E-M1 Mark II +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

3〜4メートル先の小さな摸型を望遠端200mm相当で撮影しました。
シャッタースピード1/2秒でもピタリと止まる強力補正にビックリ!
ここまで持ちこたえてくれるのであれば夜景撮影には大活躍間違いなしですね!



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

会場の端には水中撮影用システムを装着したOM-D E-M1 Mark IIの姿も。
カメラボディ専用の設計にすることで空気が入る部分を極力削り、
小型軽量にも関わらず他社のものと比較して浮きにくくすることができたとのこと。
耐圧水深60mというので驚きです。

OM-D E-M1 Mark IIの発売日が待ち遠しくなる体感フェアでした!

【最大5万円分】キャッシュバック対象商品あり!
↓期待の新製品のお求め・ご予約はマップカメラで!!↓


[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2016年11月21日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]