OM-D E-M1 Mark IIを体感! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




2016年11月19日、20日に新宿LUMINE0にて
「OM-D E-M1 Mark II 体感フェア『OLYMPUS Photo Festa 2016』」が開催されました。
11月2日に発表以降、多くのお客様からご予約を頂いている人気機種「OM-D E-M1 Mark II」。
12月下旬の発売を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?
そんな早る気持ちを抑えるべく、ひと足先に新製品を体感してきましたので紹介いたします!

OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

会場入口では、お目当の「OM-D E-M1 Mark II」ほか
新製品「PEN E-PL8」や「M.ZUIKO PROレンズ」がお出迎えです。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

早速「OM-D E-M1 Mark II」を手にします。
手にした瞬間、グリップの握りやすさに感動!
手の小さなスタッフでも中指と小指の指かかりがよく、
安定したホールディングを実感できました。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

開発段階を紹介するモックアップ展示からもグリップへのこだわりを感じます。
スタッフの方曰く、グリップを握った多くの方が
「自分専用にカスタマイズされていると感じる」と述べられたとのこと。
この握りやすさは本物です。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

さらに、外観上の進化として嬉しいのはダブルスロットの搭載。
RAWとJPEGの振り分け記録などに便利になりました。
さらに上下配置でそれぞれ抜き差ししやすいように配慮されているのも嬉しいポイント。
スロット1はUHS-IIにも対応していて、
動画など大容量のデータ書き込みが便利になったのも見逃せません。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

機能面でもAFシステムが一新され、より動く被写体に強くなりました。
その一つとして新たなターゲットモード、「5点グループターゲット」が加わりました。
十字状のターゲットは、サッカーやラグビーといった激しく動く被写体を
よりピンポイントで狙いたい時に威力を発揮します。



続いては、高感度耐性の強化をチェック。
こちらは撮影体感コーナーでは実際に試すことができましたので
新しく発売されたレンズを取り付け、いざ実写!



OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

焦点距離:25mm(35mm換算:50mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:6400
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

センサーと画像処理エンジンの進化により常用感度がISO6400まで拡大した
「OM-D E-M1 Mark II」。
上の写真からもノイズをほとんど感じさせず、ディティールをしっかりと描いています。



OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO
   

新製品の大口径レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」が
側にありましたので こちらも試してみます。
薄いピント面と大きなボケ味にスタッフ一同、感嘆の吐息を漏らします。



OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO

ポートレート体感撮影コーナーでは、さらに本レンズのキレの良さを味わうことができました。
気になる「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」の描写は、
後日掲載予定のフォトプレビューKasyapaでも紹介いたしますのでお楽しみに。



マクロ撮影体感コーナーでは
同じく新製品のマクロフラッシュ STF-8を一足先に体感。

OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

一般的なリング発光だけではなく、発光部を取り外すことによって
さらに自由度の高いライティングが楽しめます。

コーナーの一角で深度合成モードを試してみることに。

先代のOM-D E-M1のファームウェアで注目を浴びた本モード
1回の撮影で撮れた8枚の写真をカメラ内で合成させ
手前から奥までフォーカスがあった1枚にする機能です。

「OM-D E-M1 Mark II」の対応レンズで
新製品の「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」で挑みます!


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 MacroOM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

青い車のフロント部分にピントを合わせ撮影すると、至近側2枚、無限側5枚を追加撮影し、
計8枚を合成することにより…

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / フォーカスステップ8
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

解像感はそのままに、手前から奥までフォーカスがあった写真を撮ることができます。
卓上での商品撮影などに重宝しそうです。

※合成した写真は上下7%に切り出しが発生します。

続いて、世界最強6.5段の手振れ補正性能を体感するため
暗所撮影コーナーにやってきました。

OM-D E-M1 Mark IIのボディ内5軸手振れ補正(5.5段相当)と
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのレンズ補正を合わせることで、
6.5段相当を実現とのこと。

OM-D E-M1 Mark II +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

焦点距離:100mm(35mm換算:200mm)絞り:F11 / シャッタースピード:0.5秒 / ISO:200
使用機材:OM-D E-M1 Mark II +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

3〜4メートル先の小さな摸型を望遠端200mm相当で撮影しました。
シャッタースピード1/2秒でもピタリと止まる強力補正にビックリ!
ここまで持ちこたえてくれるのであれば夜景撮影には大活躍間違いなしですね!



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

会場の端には水中撮影用システムを装着したOM-D E-M1 Mark IIの姿も。
カメラボディ専用の設計にすることで空気が入る部分を極力削り、
小型軽量にも関わらず他社のものと比較して浮きにくくすることができたとのこと。
耐圧水深60mというので驚きです。

OM-D E-M1 Mark IIの発売日が待ち遠しくなる体感フェアでした!

【最大5万円分】キャッシュバック対象商品あり!
↓期待の新製品のお求め・ご予約はマップカメラで!!↓


[ Category:OLYMPUS]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【三脚撮影で助かる“PLUS+1”アクセサリー】Markinsのアルカスイス互換カメラプレートのご紹介 【三脚撮影で助かる“PLUS+1”アクセサリー】Markinsのアルカスイス互換カメラプレートのご紹介 2017年03月27日
【三脚撮影で助かる“PLUS+1”アクセサリー】Markins(マーキンス)のアルカスイス互換カメラプレートのご紹介 写真愛好家の皆様こんにちは。 カメラやレンズの手振れ補正機能・高感度性能が向上した今であっても、高精細な写真を撮影するためには三脚を使用してブレを排除することが不可欠です。 今回ご紹介するのは、そういった三脚撮影時に役立つアルカスイス互換のカメラクイックリリースプレート。新たに取扱いをはじめて数カ月が経とうとしております、Markins(マーキンス)の製品です。 ...
続きを読む
Nikon D500スタッフレビュー Part2 (実写編) Nikon D500スタッフレビュー Part2 (実写編) 2017年03月26日
≪Nikon D500スタッフレビュー Part2 (実写編)≫ 前回の記事ではD500の特徴や機能について改めてご紹介しましたが、今回のPart2では実写画像を多数紹介してまいります。 レンズはニコン、タムロン、シグマ製と幅広く使用してまいりましたので、レンズ選びのご参考にもなれば幸いです。 ■Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm F4G IF-ED 早速古いレンズの登場ですみません。ですがこのレンズ、なんと歴史あるNIKKORレンズの中で“DX NIKKOR”として登場したファーストレンズ。開放F値がF4通し...
続きを読む
D500 AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G Nikon D500スタッフレビュー Part1 (特徴・機能振り返り編) 2017年03月26日
≪Nikon D500スタッフレビュー Part1 (特徴・機能振り返り編)≫ ニコンからDXフォーマットの待望のフラッグシップモデルとして発売されたD500も、早いもので間もなく発売から1年が経過しようとしています。発売から3ヶ月ほど遅れて購入したスタッフによる、これまで撮影を行ってきた上でのレビューを掲載させて頂きます。 本編Part1ではまずカメラの特徴や機能についてを改めておさらいしてみます。 ■カメラ単体で約10コマ/秒の高速連写 14ビットロスレス圧縮RAWでも200コマまで継続可能な高...
続きを読む
【Leica】M+Mレンズ ギフトカードプレゼントキャンペーン!!まもなく終了!! 【Leica】M+Mレンズ ギフトカードプレゼントキャンペーン!!まもなく終了!! 2017年03月26日
まもなく終了!! ご覧のように3/31(金)に終了してしまいます。 あと残すところ何日でしょうか? なんといっても 100,000円 ですから 決して 後悔されることのないように!! お願いいたします。 LeicaM(Typ240)またはM-P(Typ240)と 対象のMレンズをご購入いただいたお客様へ JCBギフトカード10万円分をプレゼント!! 対象期間 2016年12月22日(木)~2017年3月31日(金) ※同日購入でなくてもOK。カメラ・レンズの購入が期間内であれば対象となります。 これからボデ...
続きを読む
【中古決算SALE】終了迫る!リスト登録ラストスパート!! 【中古決算SALE】終了迫る!リスト登録ラストスパート!! 2017年03月26日
【中古決算SALE】 楽しんでいただけていますか? 実は【中古決算SALE】は3/17(土)からパワーアップして開催中なんです! 「欲しいリスト」に登録すると、24時間以内にセール対象に!? 楽しみ方は簡単! あなたの欲しい中古商品を「欲しいリスト」に登録するだけ。 それだけです。 もしかしたら、その「欲しいリスト」中古商品が、 登録から24時間以内にSALE価格になるかもしれません! その商品がSALE価格になったらメールでお知らせが来るので、 後は誰よりも早く購入するのみです!...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]