Select Language



OM-D E-M1 Mark IIを体感!

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2016年11月21日 12時00分]


2016年11月19日、20日に新宿LUMINE0にて
「OM-D E-M1 Mark II 体感フェア『OLYMPUS Photo Festa 2016』」が開催されました。
11月2日に発表以降、多くのお客様からご予約を頂いている人気機種「OM-D E-M1 Mark II」。
12月下旬の発売を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?
そんな早る気持ちを抑えるべく、ひと足先に新製品を体感してきましたので紹介いたします!

OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

会場入口では、お目当の「OM-D E-M1 Mark II」ほか
新製品「PEN E-PL8」や「M.ZUIKO PROレンズ」がお出迎えです。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

早速「OM-D E-M1 Mark II」を手にします。
手にした瞬間、グリップの握りやすさに感動!
手の小さなスタッフでも中指と小指の指かかりがよく、
安定したホールディングを実感できました。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

開発段階を紹介するモックアップ展示からもグリップへのこだわりを感じます。
スタッフの方曰く、グリップを握った多くの方が
「自分専用にカスタマイズされていると感じる」と述べられたとのこと。
この握りやすさは本物です。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

さらに、外観上の進化として嬉しいのはダブルスロットの搭載。
RAWとJPEGの振り分け記録などに便利になりました。
さらに上下配置でそれぞれ抜き差ししやすいように配慮されているのも嬉しいポイント。
スロット1はUHS-IIにも対応していて、
動画など大容量のデータ書き込みが便利になったのも見逃せません。



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

機能面でもAFシステムが一新され、より動く被写体に強くなりました。
その一つとして新たなターゲットモード、「5点グループターゲット」が加わりました。
十字状のターゲットは、サッカーやラグビーといった激しく動く被写体を
よりピンポイントで狙いたい時に威力を発揮します。



続いては、高感度耐性の強化をチェック。
こちらは撮影体感コーナーでは実際に試すことができましたので
新しく発売されたレンズを取り付け、いざ実写!



OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

焦点距離:25mm(35mm換算:50mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:6400
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

センサーと画像処理エンジンの進化により常用感度がISO6400まで拡大した
「OM-D E-M1 Mark II」。
上の写真からもノイズをほとんど感じさせず、ディティールをしっかりと描いています。



OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO
   

新製品の大口径レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」が
側にありましたので こちらも試してみます。
薄いピント面と大きなボケ味にスタッフ一同、感嘆の吐息を漏らします。



OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 25mmF1.2 PRO

ポートレート体感撮影コーナーでは、さらに本レンズのキレの良さを味わうことができました。
気になる「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」の描写は、
後日掲載予定のフォトプレビューKasyapaでも紹介いたしますのでお楽しみに。



マクロ撮影体感コーナーでは
同じく新製品のマクロフラッシュ STF-8を一足先に体感。

OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

一般的なリング発光だけではなく、発光部を取り外すことによって
さらに自由度の高いライティングが楽しめます。

コーナーの一角で深度合成モードを試してみることに。

先代のOM-D E-M1のファームウェアで注目を浴びた本モード
1回の撮影で撮れた8枚の写真をカメラ内で合成させ
手前から奥までフォーカスがあった1枚にする機能です。

「OM-D E-M1 Mark II」の対応レンズで
新製品の「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」で挑みます!


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 MacroOM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

青い車のフロント部分にピントを合わせ撮影すると、至近側2枚、無限側5枚を追加撮影し、
計8枚を合成することにより…

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / フォーカスステップ8
使用機材:OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

解像感はそのままに、手前から奥までフォーカスがあった写真を撮ることができます。
卓上での商品撮影などに重宝しそうです。

※合成した写真は上下7%に切り出しが発生します。

続いて、世界最強6.5段の手振れ補正性能を体感するため
暗所撮影コーナーにやってきました。

OM-D E-M1 Mark IIのボディ内5軸手振れ補正(5.5段相当)と
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのレンズ補正を合わせることで、
6.5段相当を実現とのこと。

OM-D E-M1 Mark II +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

焦点距離:100mm(35mm換算:200mm)絞り:F11 / シャッタースピード:0.5秒 / ISO:200
使用機材:OM-D E-M1 Mark II +M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

3〜4メートル先の小さな摸型を望遠端200mm相当で撮影しました。
シャッタースピード1/2秒でもピタリと止まる強力補正にビックリ!
ここまで持ちこたえてくれるのであれば夜景撮影には大活躍間違いなしですね!



OM-D E-M1 Mark II 体感フェア「OLYMPUS Photo Festa 2016」

会場の端には水中撮影用システムを装着したOM-D E-M1 Mark IIの姿も。
カメラボディ専用の設計にすることで空気が入る部分を極力削り、
小型軽量にも関わらず他社のものと比較して浮きにくくすることができたとのこと。
耐圧水深60mというので驚きです。

OM-D E-M1 Mark IIの発売日が待ち遠しくなる体感フェアでした!

【最大5万円分】キャッシュバック対象商品あり!
↓期待の新製品のお求め・ご予約はマップカメラで!!↓


[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2016年11月21日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

海街に惹かれて 海街に惹かれて 2018年05月18日
皆さんは心の落ち着く場所、というものがありますでしょうか。 以前にも書かせていただいたことがあるのですが、私は海に近い地域で育ったためか海辺で過ごすことでとても心が落ち着きます。 もちろん、ほとんどの方が同様にお思いになるかもしれません。 生命の源である「海」を見たくなるのは生物としての本能である、といえるかもしれません。 さて、「横浜」という街はもう既にあらゆる部分で語り尽くされているかと思います。 私は数年前まで横浜に住んでおり、赤レンガ周辺のお決まりのコース...
続きを読む
【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIと里帰り 【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIと里帰り 2018年05月10日
千葉県匝瑳(そうさ)市晴海。旧八日市場市。 親戚の家が自動車整備会社を営んでおり、幼いころはよく父親に連れて行ってもらっていました。 この日はOM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DiGITAL ED 12-100mm F4 PRO ISを手に、実に十数年ぶりに訪れてみました。 焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:250 工場(こうば)の風景。 幼い頃、作業をしていない時は良くこのスペースで遊ばせてもらっていました。 今改めて見ると昔から変わることのない景色に時間の流れが止まっている...
続きを読む
小さくとも大きな発見 小さくとも大きな発見 2018年05月05日
長い時間カメラを持ち歩いていると思うことがあります。 「重い」と。 これまで様々なカメラを使ってきた結果、やはり王道が一番ということでフルサイズ一眼レフを使ってきました。 そして、そのサブ機という名目でフルサイズミラーレス機を導入し、その日の気分で使い分けることでなんとか落ち着いていました。 しかし一眼レフは重く、サブ機の方は手にした感触や機能面で不満を抱いていました。 ものすごく贅沢な悩みには違いありませんが、いつも肩身放さず持ち歩くものには貪欲になるのが人情と...
続きを読む
【OLYMPUS】雨色景色 【OLYMPUS】雨色景色 2018年04月21日
皆様はどんな時や理由で写真を撮りに行きますか? 新しいカメラ、レンズを購入した時。 桜が満開を迎えた時。 お子さんが七五三や運動会の時。 インスタでいいね!が欲しい時。 などなど。 色々あるかと思いますが、 私は雨です。 今回の撮影には「OLYMPUS PEN-F」と「Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.」の組み合わせを使用しました。 いつもの帰り道も一味違った雰囲気に。 普段見ている景色でも雨が降るだけで、違う表情を見せる事がありま...
続きを読む
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】小さな大口径を持っていこう! 2018年04月20日
春の行楽シーズンの今、各地で緑が生い茂り花が咲き誇っています。 普段、出歩かないという方も自然を感じに出かけたくなることかと思います。 とはいえ、歩き回るなら「荷物は少なく」とどうしても思ってしまいます。 標準ズーム1本あれば、ある程度は事足りてしまうのも事実です。 でも、せっかく行くならその場所にあわせてもう1本くらい持っていきたいところです。 今回は、森林公園ということで、360°木に囲まれた空間や開けた花畑を撮るため広角単焦点レンズをチョイス。 というわけ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]