【Nikon】多彩なストラップ ~最高のクリスマスに最適な贈り物 from トナカイ~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language










【最高のクリスマスに最適な贈り物】


クリスマスは大切な人へプレゼントを贈ることが恒例のイベントでもあります。

どんなクリスマスプレゼントが喜ばれるのか!悩みはつきものです。

そんな特別なクリスマスにとっても最適なプレゼントをご紹介いたします。







2016年のクリスマスを最高に過ごすならば、すべてのNikonシリーズです。

最高のクリスマスを見つけるならば、不変のFXニッコールレンズ、

進化のFXニッコールシリーズで素敵なクリスマスを見つけることができるはずです。

そんな最高のクリスマスに最敵なクリスマスの贈り物!『多彩なNikonのストラップ』が最適です。

心に残る最高のクリスマスになることでしょう。







【 多彩なNikonのストラップ 】


たかがストラップ!されどストラップ!意外とおろそかにされがちなのが「ストラップ」。

せっかくならカッコよく使いやすいストラップをつけて、どこにでも連れていきたいものです。

やっぱりNikonのカメラにはNikonのストラップがよく似合う。

またカメラの重さや形状、撮影時に起こる動作などによって適していて、

まさに最適なストラップであり、ずっと使いたいNikonのストラップ!

そしてNikonには、いくつかのストラップの種類と豊富な色があり、

たくさんあって迷われるという方に最適なストラップ選びをご紹介したいと思います。

それぞれのNikonのカメラにお勧めのストラップは・・・どのストラップか!またどの色か!







【 プロストラップ (Nikon For PROFESSIONAL) 】


黒地に黄色のNikonロゴがきりっと映え、ニコンファンならぜひ揃えたい一品です。

シンプルで飽きのこないデザインは、どんな撮影シーンにもピッタリなストラップです。

液晶画面を見て撮影するのか、ファインダーを覗いて撮影するのか、

撮影スタイルによってストラップの長さを調整することは必要ですが、

いつもどのようにして撮影しているかを実際に試しながら自分にあったストラップを選ぶのが一番のポイントです。



【スーパーワイドIIストラップ レッド】

『選択01』 カメラから見るストラップ選び、すべてのNikonシリーズに最適なストラップと色。

Nikon (ニコン) スーパーワイドIIストラップ

『持ち方01』 カメラを肩掛けで持つ

Nikon (ニコン) スーパーワイドIIストラップ Nikon (ニコン) スーパーワイドIIストラップ

『持ち方02』 カメラを前掛けで持つ           『持ち方03』 カメラをななめ掛けで持つ


これまでの時代を駆けぬけてきたすべてのNikonカメラ。

FXフォーマット機、DXフォーマット機それぞれに最新技術と最高性能を追求して生み出してきたすべてのNikonカメラ。

NikonのCOOLPIXから歴代のデジタル一眼レフカメラまで、その魅力に迫る・・・すべてのNikonシリーズ!




すべてのNikonシリーズに最適なストラップはこちら



【スーパーワイドIIストラップ イエロー】

『選択02』 レンズから見るストラップ選び、不変のFXニッコールレンズに最適なストラップと色。

Nikon (ニコン) スーパーワイドIIストラップ

『持ち方01』 カメラを前掛けで持つ

Nikon (ニコン) スーパーワイドIIストラップ Nikon (ニコン) スーパーワイドIIストラップ

『持ち方02』 カメラを肩掛けで持つ          『持ち方03』 カメラをななめ掛けで持つ


超広角から超望遠までこだわりの多彩なラインナップで、

レンズ交換という一眼レフカメラの醍醐味を存分に楽しめる単焦点ニッコールレンズ!

ひとつの画角を持つことで強い主張に優れた描写力と

高い機動性の単焦点ニッコールレンズの魅力に迫る・・・不変のFXニッコールレンズ!




不変のFXニッコールレンズに最適なストラップはこちら



【ストラップ45 イエロー】

『選択03』 レンズから見るストラップ選び、進化のFXニッコールシリーズに最適なストラップと色。

Nikon (ニコン) ストラップ45 Nikon (ニコン) ストラップ45

『持ち方01』 カメラを前掛けで持つ          『持ち方02』 カメラをななめ掛けで持つ

Nikon (ニコン) ストラップ45

『持ち方03』 カメラを肩掛けで持つ


今までの常識を覆す新たなコーティング「ナノクリスタルコート」の誕生は、革新的な技術です。

これにより斜めからの入射光の反射を抑え、ゴースト、フレアーを軽減し

クリアーな画像を実現した交換レンズラインナップは史上最高です!

この幾多の困難を乗り越え蓄積されたノウハウと、最高を求めるニコンの情熱と共に

常に進化を続けるニッコールレンズの魅力に迫る・・・進化のFXニッコールシリーズ!




進化のFXニッコールシリーズに最適なストラップはこちら





Message from Hikari no Senshi


カメラストラップまで気を配ってこそ、真のカメラマン『Hikari no Senshi』と言えるのです。

最高のクリスマスを願っております。

↓キャッシュバックキャンペーンシーズン終了迫る!↓









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】一眼で秋を撮ろう!キャッシュバックキャンペーン終了迫る! 【Nikon】一眼で秋を撮ろう!キャッシュバックキャンペーン終了迫る! 2017年10月16日
【I AM SPECIAL AUTUMN】 紅葉の秋を撮る! 彩りの秋を撮る! 魅せる秋を撮る! 一眼で秋を撮る! 一眼で秋を撮ろう! キャッシュバックキャンペーン終了迫る! キャンペーン期間 8月25日(金)~11月5日(日) 11月30日(木)当日消印有効 対象商品はコチラ 小型軽量ながら高画質で、秋の行楽に気軽に持ち出せるD5600やD3400がキャッシュバック! ボディ+レンズの組み合わせ本数によって5,000円から最大15,000円のキャッシュバックが受けられます。 ・D5600orD3400ボディ...
続きを読む
【Nikon】D850 本日発売!! 【Nikon】D850 本日発売!! 2017年09月08日
2017.9.8 Nikon D850 発売 今年創業100周年を迎えたNikonが全てを注ぎ込んだ、 渾身のFXフォーマットデジタル一眼レフ。 Nikonユーザーのみならず、 カメラファンならば誰でも憧れる、最高のカメラに仕上がりました ニコンのデジタル一眼レフで初めて裏面照射型構造を採用。 有効画素数4575万画素と常用感度ISO 64-25600を両立。 画像処理エンジンには、D5と同じEXPEED 5を採用しています。 高画素モデルでありながら、ボディー単体で最高約7コマ/秒、 マルチパワーバ...
続きを読む
【Nikon】 D850 先行展示実施中 !~激震の凄いカメラ~ 【Nikon】 D850 先行展示実施中 !~激震の凄いカメラ~ 2017年09月01日
『I AM THE D850』先行展示中!! 忘れることのできない3年前の衝撃を覚えているか・・・驚異のD810が登場! あれから3年!ついにこの日がやってくる!いよいよ9月8日だ! あの衝撃を超えて・・・激震が走る! 待ちに待った・・・待望の新製品『Nikon D850』が登場します! ただいまマップカメラ本館3階にて、 待望の新製品『Nikon D850』の発売に先駆けて、先行展示を行っております。 いったい、どこが凄いのか? 倍率約0.75倍の光学ファインダーとは・・・! 最...
続きを読む
Nikon FAN MEETING 2017 見学レポート 【Nikon】FAN MEETING 2017 見学レポート 2017年08月28日
2017年8月26日〜27日に東京有明のTFT HALLにて ニコン創立100周年を記念したファンイベント「ニコンファンミーティング2017」が開催されました。 会場では先日発表されたばかりのD850が一足早く試せるということもあり、一時は入場規制がかかるほどの人気ぶり。 CP+とはまた違った、ニコンだけのファンイベントの様子をお伝えします。  会場に入ると現行モデルが一堂にお出迎え。改めてニコン製品の充実ぶりを感じることができます。  さらに奥へ進むと、宇宙事業に携わったニコン...
続きを読む
null 【Nikon】D850 その進化に迫る <その3> 2017年08月25日
マップカメラが注目するD850の特徴 どこが優れている?D810と徹底比較 どこが優れている?ライバル機と徹底比較 続いては真のライバルと言える『Canon EOS 5D Mark IV』と『Canon EOS 5Ds/5DsR』、そして高画素フルサイズミラーレス機として頂点に君臨する『SONY α7RII』との比較です。一眼レフとミラーレスの構造上の違いにより一概に数値だけでは比べられない点もありますが、圧倒的な差のあるポイントもいくつか見受けられます。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]