【PENTAX】 K-1とマニュアルレンズでライブ撮影! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







85mm F2 1/200秒 ISO200

皆様こんにちは!
ここ最近、写真を撮る機会が少しずつ増えてきました。
紅葉やイチョウ並木といった風景だけでなく
人から撮ってくれと頼まれることが多い今日この頃。



85mm F1.8 1/200秒 ISO400
今回は私がよく行くゴールデン街のいつものお店の
スタッフとお客さんで結成された
3人組インストバンド(ボーカルがいない音楽のみのバンド)の
ライブ風景をお送りします。



85mm F2 1/200秒 ISO800
歌がなく、曲だけをひたすらに奏で続けるバンドを撮るのは初めて。
しかもコピーではなくオリジナルなので初めて聞く曲ばかり。
知ってる曲なら「ここだ!」というポイントが分かるのですが
音楽に身を委ねながら、ひたすらシャッターを切り続けます。

ちなみに私がベース大好きなので冒頭からベーシストの写真を連投。
この方は普段はギターなんだそうです。両方弾けるのってカッコイイです。



85mm F2.5 1/200秒 ISO800
被写体を捉えることよりも、光を捉えるのがとても大変。
刻一刻と目まぐるしく明滅する舞台照明にも悩まされます。



85mm F2.5 1/200秒 ISO400
ギターを掻き鳴らす手元は動きを出すべく少しブレを残して。
ただ、体全体がブレてはイマイチな写真になるので
その微妙なシャッタースピードの加減が難しいです。
この写真も手元をぶらして撮った方がカッコよかったと思います。

そしてライブ撮影はシャッターを切る瞬間に考えることがとにかく多い!
・露出補正をどうするか
・シャッタースピードをどうするか
・アングル、構図はどうするか…etc.

1つでも考えることを減らしたい私は「TAVモード」で撮影します。
F値とシャッタースピードは自分で設定
ISO感度は先の2項目と露出補正に応じて自動で設定されます。
ホワイトバランスはマルチパターンAUTOが優秀なのでそれで。
Mモード(マニュアル露出)だとISO感度までダイヤルをいじらないといけないので
頭がパンクするというか指が足りないので「TAVモード」はすごく助かるモードです。

Tvモード(シャッター優先)では
「背景をぼかしたいのに露出に応じて絞りが変わってしまい、ボケがコントロールできない」とか
Avモード(絞り優先)では
「露出に応じてシャッタースピードが遅くなってブレてしまう」
といった諸問題があるので設定が難しいのです。



85mm F2.8 1/200秒 ISO500
髪を振り乱し一心不乱に攻め立てる彼女を見て
「ギターの鬼」という言葉が頭に浮かんだのでした。
今回はシャッターを切るタイミングと
ピッキングのタイミングが重なって弦を弾く手に躍動感が出ました。



85mm F2 1/200秒 ISO800
ドラムは大体奥に居るので、距離感がしっくりこなかったり
マイクスタンドとかが邪魔だったりして意外と撮るのが難しいです。
曲が終わり動きが止まった瞬間をパシャリ。



24mm F6.3 1/200秒 ISO8000
最後はFA★24mmで全体の様子を。
ライブビューに切り替えてチルト液晶を起こしての1枚。
レンズはオートフォーカスが可能なFAレンズですが
オートフォーカスはモーター音がするのでマニュアルで合わせています。

最後の1枚以外は全て、元々オートフォーカスができない
マニュアルフォーカスレンズです。
ペンタックスを使っているとファインダーが見やすいのもあって
マニュアルフォーカスが上手くなる気がします。
オートフォーカスだとエリアを決めないといけなかったり
思ったところと違う場所にピンが来てしまうことがあるので
機械のせいにしないように自分で合わせることにしています。
…趣味の世界だからできるこだわりとも言えます。

↓今回使用したカメラはコチラ!!↓







今回メインで使ったレンズはCarl Zeiss Planar T*85mm F1.4 ZK
コシナ製Zeissの大口径中望遠レンズで、約600gとずっしりしています。
元々マニュアルフォーカスの設計なのでピントリングの質感は見事!
風景撮影などでは、じわっとピントが来る瞬間がたまりません。
ライブ撮影ではそんな「じわっと」なんて余裕はないのでサッと合わせますが
カメラのファインダーの視認性の良さと相まってピント面がすごく見やすいです。

皆様もマニュアルフォーカスレンズを是非使ってみてください。
今までと違った刺激的な撮影が出来ること間違いなしです!
スキルアップにも繋がりますし、良いことづくめ…かもしれません。

またこういった撮影の機会があったら載せたいと思います。
それではまた!


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:12月14日 19時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(後編) 【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(後編) 2018年02月19日
前回に引き続き冬の道央、上川地方を旅してまいります。 昨日掲載の別スタッフの記事を見て、社内に真冬の北海道を旅しているスタッフがいたのかと驚きました。 ご覧の皆様も定番の夏に限らず、冬の北海道はいかがでしょうか。きっとその美しさに魅せられます。 SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO2000) 雪を照らす豆球の光が優しく、心が洗われます。 時間に追われ目まぐるしく状況が変わる都会も悪くはありませんが、 このような心穏やかな環境も私は大変...
続きを読む
【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
Bergger Pancro 400 フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]