“写真家の眼”~佐々木 啓太~ PENTAX K-1 + FA Limited series » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




佐々木 啓太氏

1969年 兵庫県生まれ。高校を卒業後、写真専門学校に入学。貸スタジオ勤務、写真家のアシスタント生活を経て独立。「写真はモノクロに限る」が口癖だが、デジタルではカラーやデジタルエフクトも活用しながら作品の幅を広げている。「街角写真家」として自身の作品発表の場として、毎年のように写真展を開催しながら、雑誌取材、カメラ雑誌の原稿執筆など、幅広く活躍中。



“写真家の眼”~佐々木 啓太~ PENTAX K-1 + FA Limited series



■smc PENTAX FA77mm F1.8 Limited
個人的には、味わいというFA Limitedシリーズ最大のポイントを一番感じるレンズなので、FA Limited はこのレンズから始めて欲しいと思っています。その味わいはピント位置には程よいシャープさがあって、ボケ味に絶妙な柔らかさを持っています。数値だけでなく実際のプリントを見ながらレンズ設計を決めた真骨頂がここにはあります。そんな微妙な味わいを堪能するのはシンプルなモノクロが最適です。カラーなら仕上がりに柔らかさがある「ほのか」もオススメです。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.8 / 露出補正 プラス0.3 / WB 太陽光 / モノトーン / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA77mm F1.8 Limited


古い公衆電話のガラス。このレンズが作る優しいトーンのモノクロにすると雰囲気が出るので、この電話が使われてきた背景を想像しながらシャッターを切った。


PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.8 / 露出補正 プラス0.7 / WB 日陰 / ほのか / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA77mm F1.8Limited


尾道で出会ったネコ。ネコの後ろからの光が美しく、後光が差しているようにも感じた。逆光の厳しい条件でもイメージを追い込んで行けるのはレンズ性能に余裕がある証拠。


■smcPENTAX FA43mm F1.9 Limited
FA Limitedシリーズ最初の1本で、使いこなす楽しさがあるレンズです。焦点距離が35mmフィルムの対角線と同じ43mmの標準レンズということだけでなく、被写体までの距離で印象が変わるボケ味に特徴があります。そんなこのレンズの味わいを堪能するためには、絞り、撮影距離、アングルの全てをコントロールする必要があります。このレンズを使いこなせば撮影のスキルと表現力も進歩します。35mmフィルム時代に「写真は標準レンズに始まり標準レンズに終わる」そんな言葉がありましたが、それを強く感じられるのも魅力です。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.9 / 露出補正 プラス0.7 / WB 日陰 / ほのか / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA43mm F1.9Limited


このレンズのボケ味が生きるように柔らかくなる「ほのか」でオーバー露出にした。少し近づいてボケ味を強調すると、どこにでもありそうな風景でも特別に感じやすくなる。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F2.5 / 露出補正 マイナス1.0 / WB 日陰 / 雅(MIYABI) / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA43mm F1.9Limited


冬の夕方、空気も澄んでいるのでコントラストが強くなりすぎることもあるので、少し影になっている場所を狙った。この写真のボケはうまくいったパターンで、思い通りに決まったときの喜びは格別。


FA31mm F1.8 AL Limited
FA Limited シリーズの最後発にして最高峰かもしれないレンズです。広角レンズとして程よい広さで、絞りを開けたときのボケは滑らかで味があって、少し絞り込んで離れた風景を撮ると広角レンズらしいシャープさも楽しめます。こんな優等生のような性格のレンズなのでファンが多いのもうなずけます。K-1につけたときのバランスも良いので常用レンズとしても最適です。少しへそ曲がりなボクは、この高性能な優等生レンズは自分だけの使いこなしポイントが探しずらいと感じています(笑)。

PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F1.8 / 露出補正 マイナス0.3 / WB 太陽光 / リバーサルフィルム / ハイコントラスト / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA31mm F1.8Limited


街で見かけた落書きを優等生的な描写のレンズをいじめるような超ハイコントラスト(リバーサルフィルム+ハイコントラスト)で狙った。そんな意地悪も受け止めてくれる。



PENTAX K-1 + FA Limited LENS
絞り優先 F5.6 / 露出補正 プラス1.0 / WB CTE / リバーサルフィルム / 使用機材:PENTAX K-1 +smcPENTAX FA43mm F1.9Limited


しまなみ海道で見つけた銘木(笑)。このレンズが持っている程よい広がりを活かしながら、少し絞ったときのシャープさをつかって周りの雰囲気も入れながらまとめた。


written & photo by 佐々木 啓太







Kasyapaトップへ戻る

[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:12月02日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む
null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]