Select Language



【Nikon】新世代の本格ズーム FX24-70mm ~青い閃光が走る~

[ Category:Nikon|掲載日時:2016年12月06日 00時15分]





Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



【青い閃光が走る】


そうだ!秋の京都へ行ってみよう。ここは京都のライトアップ紅葉の名所『清水寺』。

清水寺にはいくつもの見どころがありますが、なんと言っても、やっぱり「清水の舞台」!

それでは、日本の美しさをご覧ください。







樹齢400年のケヤキの大木を使って作られ、しかも釘を使わずに組み立てられた大舞台!

錆による腐食を防ぐため、様々なところに工夫が凝らされ、高い技術力を誇る建築。

この舞台作りへの魂を感じます。



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



その大舞台の空に青い光が稲妻のように走る。

もみじを背景に「清水の舞台」が、夜空に映え幻想的な清水の舞台となり、

日本で一番の最高の舞台が現れる瞬間!

今ここに!1200年の歴史が現代によみがえる。



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



清水寺のライトアップ期間は2016年11月12日(土)~12月4日(日)まで

とにかく、ライトアップの開始時間は、観光客で溢れとても混雑します。

清水寺は、日中の紅葉も圧巻です!スケールの大きさが違います。



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



こちらは幻想的な色とりどりの世界に包まれる高台寺のライトアップ紅葉!

高台寺は、豊臣秀吉と妻ねねの魂が祀られる寺で、京都の中でも定番で人気の紅葉スポットです。

水面に写り込む、神秘的な紅葉の姿は、まるで芸術のような美しさを体感することができます。

高台寺の紅葉ライトアップ期間は、2016年10月21日(金)~12月11日(日)まで!



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



【進化のFXニッコールシリーズ】


1959年に始まり、デジタル時代となった現在でも生き続けるFマウントのニッコールレンズ!

ニッコールには言葉に表せない魅力がある・・・そしてその魅力はどこから来ているのか!

そこにはレンズへのこだわりがあり、美学があるのです!

今も昔も絶対的ファンに支持されているニッコールレンズですが、

デジタル時代の今、その技術が進化するにつれ、フィルム時代以上に光学性能が要求されます。



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



今までの常識を覆す新たなコーティング「ナノクリスタルコート」の誕生は、革新的な技術です。

これにより斜めからの入射光の反射を抑え、ゴースト、フレアーを軽減し

クリアーな画像を実現した交換レンズラインナップは史上最高です!

この幾多の困難を乗り越え蓄積されたノウハウと、最高を求めるニコンの情熱と共に

常に進化を続けるニッコールレンズの魅力に迫る・・・進化のFXニッコールシリーズ!



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



今回ご紹介する進化のFXニッコールシリーズは、

最新の光学技術で極限の画質に挑む新世代の本格ズームAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRです。

NIKKOR史上で初となるED非球面レンズを採用したクラス最高画質の標準ズームレンズで、

ナノクリスタルコートをはじめフッ素コートなどの先進技術がこれでもかと採用されています。

またこのレンズの最大の特徴であり、見逃せない最大の進化がVRシステムです。



Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRNikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



新世代の本格ズームAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRは、

最高級の標準ズームレンズの解像力と単焦点レンズを彷彿とさせる自然なボケ味を堪能することができます。

まさに極限画質の世界が体感できる本格のF2.8ニッコールシリーズなのです。




↓↓新世代の本格ズームAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRはこちら↓↓






↓本格のF2.8ニッコールシリーズはこちら↓








Message from Hikari no Senshi

↓キャッシュバックキャンペーンシーズン到来!↓









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2016年12月06日 00時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
【Nikon】長年手放せなかった1本のレンズ 【Nikon】長年手放せなかった1本のレンズ 2018年06月08日
私が長年手放せなかった1本のレンズ、 それは Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF です。 私がこのレンズを購入したのは20年ほど前のことになります。 当時はボケ味やシャープさが気に入っていたため、よく使用していました。 その後も、あまり出番はなくとも結局今まで手放せなかったレンズでした。 久しぶりに触ってみて懐かしくなり、使ってみることにしました。 撮影してみて素晴らしいと思ったのは、 何より金属の光沢や硬さといった質感がよく表現できていることです。 ...
続きを読む
【Nikon】天空のポピーとD810 【Nikon】天空のポピーとD810 2018年06月01日
とある休日。 秩父でポピーが見頃を迎えていると知り、秩父高原牧場へ行ってきました。 高原一面に咲き誇る花々。 【天空のポピー】と呼ばれています。 平日ということで人は少なめ。 これはいい写真が撮れそうです。 絶好の撮影ポイントがあったのでカメラを構えてパシャり。 真っ青な空に映える赤と緑のコントラストは抜群。 お気に入りの一枚が撮れました。 今度は少し寄って撮影。 ポピーにも数種類ありますが、私はこの色鮮やかなシャレーポピーが一番好きです。 次は...
続きを読む
【Nikon】Nikonの話~シャトーと最新機種の話 【Nikon】Nikonの話~シャトーと最新機種の話 2018年05月30日
梅雨に入りそうでいて、なかなか入らない関東ではそんな天気です 今年は暑くなったり涼しくなったり雨が振ったり晴れの日が続いたりと不安定な気候が続いている気がします さて、今回はNikonの最新機種 D850とAF-S24‐70㎜F2.8Gを携えて茨城は牛久にある牛久シャトーに行ってきました ここは茨城県牛久市にあるワイン醸造施設です 自分の住んでいる近所である牛久にあるとは正直意外だったりします 実は結構有名なのでしょうか 数年前に存在を知ったのですが改修工事をしていると聞いていたので...
続きを読む
【Nikon】58年目の58mm 【Nikon】58年目の58mm 2018年05月27日
Nippon Kogaku Japan Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 レンジファインダー式のカメラから一眼レフへ、カメラの有様が大きく変わった頃、レンジファインダー用のレンズで 達成できていた標準画角でのF1.4。 Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4は、カメラメーカーとして譲れない標準域でのF1.4を目指して開発された一眼レフ用のNikonのレンズです。 標準から8mm長い58mmという設計になったのは、当時の技術ではF1.4を達成する為に、焦点距離を8㎜伸ばすことで 必要なバックフォーカスを確保せざるを得なかったからです。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]