【Nikon】新世代の本格ズーム FX24-70mm ~青い閃光が走る~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



【青い閃光が走る】


そうだ!秋の京都へ行ってみよう。ここは京都のライトアップ紅葉の名所『清水寺』。

清水寺にはいくつもの見どころがありますが、なんと言っても、やっぱり「清水の舞台」!

それでは、日本の美しさをご覧ください。







樹齢400年のケヤキの大木を使って作られ、しかも釘を使わずに組み立てられた大舞台!

錆による腐食を防ぐため、様々なところに工夫が凝らされ、高い技術力を誇る建築。

この舞台作りへの魂を感じます。



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



その大舞台の空に青い光が稲妻のように走る。

もみじを背景に「清水の舞台」が、夜空に映え幻想的な清水の舞台となり、

日本で一番の最高の舞台が現れる瞬間!

今ここに!1200年の歴史が現代によみがえる。



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



清水寺のライトアップ期間は2016年11月12日(土)~12月4日(日)まで

とにかく、ライトアップの開始時間は、観光客で溢れとても混雑します。

清水寺は、日中の紅葉も圧巻です!スケールの大きさが違います。



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



こちらは幻想的な色とりどりの世界に包まれる高台寺のライトアップ紅葉!

高台寺は、豊臣秀吉と妻ねねの魂が祀られる寺で、京都の中でも定番で人気の紅葉スポットです。

水面に写り込む、神秘的な紅葉の姿は、まるで芸術のような美しさを体感することができます。

高台寺の紅葉ライトアップ期間は、2016年10月21日(金)~12月11日(日)まで!



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



【進化のFXニッコールシリーズ】


1959年に始まり、デジタル時代となった現在でも生き続けるFマウントのニッコールレンズ!

ニッコールには言葉に表せない魅力がある・・・そしてその魅力はどこから来ているのか!

そこにはレンズへのこだわりがあり、美学があるのです!

今も昔も絶対的ファンに支持されているニッコールレンズですが、

デジタル時代の今、その技術が進化するにつれ、フィルム時代以上に光学性能が要求されます。



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



今までの常識を覆す新たなコーティング「ナノクリスタルコート」の誕生は、革新的な技術です。

これにより斜めからの入射光の反射を抑え、ゴースト、フレアーを軽減し

クリアーな画像を実現した交換レンズラインナップは史上最高です!

この幾多の困難を乗り越え蓄積されたノウハウと、最高を求めるニコンの情熱と共に

常に進化を続けるニッコールレンズの魅力に迫る・・・進化のFXニッコールシリーズ!



Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



今回ご紹介する進化のFXニッコールシリーズは、

最新の光学技術で極限の画質に挑む新世代の本格ズームAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRです。

NIKKOR史上で初となるED非球面レンズを採用したクラス最高画質の標準ズームレンズで、

ナノクリスタルコートをはじめフッ素コートなどの先進技術がこれでもかと採用されています。

またこのレンズの最大の特徴であり、見逃せない最大の進化がVRシステムです。



Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRNikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR



新世代の本格ズームAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRは、

最高級の標準ズームレンズの解像力と単焦点レンズを彷彿とさせる自然なボケ味を堪能することができます。

まさに極限画質の世界が体感できる本格のF2.8ニッコールシリーズなのです。




↓↓新世代の本格ズームAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VRはこちら↓↓






↓本格のF2.8ニッコールシリーズはこちら↓








Message from Hikari no Senshi

↓キャッシュバックキャンペーンシーズン到来!↓









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:12月06日 00時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

RAWデータって大切 愛犬と向き合おう 2018年01月13日
愛犬と向き合おう 焦点距離50mm(35mm判換算75mm),SS 1/125,F4.0,ISO 400 鏡開きも過ぎた今日この頃。 筆者にとっては、本日がお客様への年頭挨拶でございます。 皆様の期待に応えるべく精進してまいりますので、 本年もよろしくお願いいたします。 皆様ご存じのことと思いますが、今年は戌年です。 カメラ好きな方なら脳裏によみがえることでしょう。 「Nikon New FM2/T 戌」がリリースされた、あの戌年です。 24年前のリリースと聞くと、何ともいえない衝撃が走ります。 さて、マップカ...
続きを読む
高画素機で撮るモノクローム 高画素機で撮るモノクローム 2018年01月07日
昨年、2017年はニコンのD850、ソニーのα7RIIIなど高画素でなおかつ高性能なモデルが相次いで登場し盛り上がりました。 ところで高画素の機種について、 「センサーが高精細すぎて半端なレンズでは粗が目立つ」 「センサーの性能をフルに活かすためにはレンズも高性能なものを使わなければならない」 などと言われることが多いと思います。 では高画素の機種で気軽に撮影はできないものか、できるだけ軽快に撮影を楽しめないものか検証しようと思います。 今回使用した機材は、 Nikon D800E Vo...
続きを読む
Nikonの話 ~中望遠単焦点レンズを愉しむ話~ Nikonの話 ~中望遠単焦点レンズを愉しむ話~ 2017年12月20日
身が引き締まる寒さは、来る降誕祭に向け季節感を演出しているようです 周囲ではクリスマスを盛り上げるイベントがいろいろと始まっており カメラ片手に足を伸ばしてみる機会が増えつつあります 今回、茨城県は稲敷にある「こもれび森のイバライド」にて開催された “クリスマス マーケット ~Ferme de Noel~”なる アンティーク・小道具・ハンドメイドなどを販売するイベントに うちの愛犬たるToToの散歩がてらに出掛けてみました ちなみに~Ferme de Noel~はフランス語でクリ...
続きを読む
【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 2017年12月17日
先日、友人に誘われ、川崎競馬場で競馬を撮影する機会に恵まれました。 今まで経験がなかったのですが、友人の助言と自分なりの工夫によって、少しは良いなと思える写真が撮れました。 今回は試行錯誤の思い出とともに、競馬の写真を振り返ります。 この写真はパドックでゆっくりと歩いている馬の表情を捉えたものです。 機材は私が所有しているNikon D5と、友人から借りたAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR。 三脚を用意していなかったため手持ちでの撮影です。 とはいえAF-S NIKKOR 600mm F4E F...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]