【本館地下1階】 "L"Times Vol.16 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





Leica (ライカ) Mモノクローム+アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

『究極』

なんだかよく耳にする響きだと思います。
なのでその分口にするのも簡単なように思えてしまいます。

もちろんそれは決して悪いことではなく、
魅力あるひとつの言葉の響きとして、
使い道があればどんどん使っていいと私は思っていますが。

しかし本当に『究極』と思える場面というのは、
おそらく人にとって数少ない貴重な体験なのかと思います。

そして出来ることならひとつだけでもいいから、
そう思える何かを手にしていたいものだと思います。

Leica (ライカ) Mモノクローム+アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

たとえばモノクロ写真が好きな人がいるとします。

Leica (ライカ) Mモノクローム+アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

「好きなものは極めたい」

Leica (ライカ) Mモノクローム+アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

誰でも単純にそう思うものではないでしょうか。
『究極のモノクロ写真』を撮りたくなるものではないでしょうか。

もちろん「好み」も「価値観」も人それぞれです。
しかしこれまで多くのカメラ愛好家から「モノクロを極めるならこれ」と言われ続けているセットがあるとしたら・・・。

Leica (ライカ) Mモノクローム+アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

Leica Mモノクローム+アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

Leica Mモノクロームとはモノクロ撮影専用設計のイメージセンサーを採用した稀有な存在のデジタルカメラです。
通常のイメージセンサーでは到底描き出せない尖鋭なモノクロ写真には目を見張るものがあります。
そしてレンズの本質そのものを引き出すようなセンサー特性は現行レンズはもちろんヴィンテージレンズとも相性抜群です。

先ずフルサイズ1800万画素CCDセンサー搭載モデルが2012年に誕生しました。
そして2015年にフルサイズ2400万画素CMOSセンサー搭載モデル(Typ246)が誕生しました。
「M-P(Typ240)」と同等の画像処理エンジン「LEICA MAESTRO」と2GBのバッファメモリの搭載でレスポンスは飛躍的に向上しました。
高感度耐性も非常に高くISO12500でも十分に常用出来るポテンシャルには驚かされます。
またライブビュー機能の恩恵により様々なレンズを『究極のモノクローム』で味わえます。

ただすべてのユーザーがCMOSセンサー搭載モデル(Typ246)を選ぶとは限りません。
カメラ愛好家の中には「やっぱりCCDセンサーがいい」という意見も非常に多いのです。

宜しければその両方を撮り比べてみた作例写真がございます。
こうやって見ていただくとその違いがよくおわかりいただけると思います。

↓↓バナーをクリック!!↓↓



まさに『究極のモノクロ』を感じさせてくれる世界ではないでしょうか。
あなたはどちらがお好みですか?

Leica (ライカ) Mモノクローム+アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

そしてLeica Mモノクロームと「これ以上ない」くらい相性がいいと言われているLeica アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.です。

それは驚くべき解像力と徹底的な色収差の排除と・・・
それこそまるで『究極の標準レンズ』と言っても過言ではないモデルです。
あるフォトグラファーが言うには「ありえないレンズ。ゾッとするくらいに写る。」とのことです。

それもそのはずで2013年に技術の粋を集めた『究極の1本』としてこのレンズは誕生しました。
その特徴は先ずズミクロン50mm史上初の非球面レンズとアポクロマート設計を採用し色収差を徹底的に補正するところ。
そしてライツ社時代に開発されたとても生産と利用が難しい特殊ガラスを使用しているところ。
Mレンズの中でも卓越した高性能なレンズなのです。

今回紹介させていただいている『究極の組み合わせ』で撮影した作例写真がございます。
是非ご覧ください。

↓↓Leica Mモノクローム CCDセンサー搭載モデルそしてLeica M4との組み合わせ↓↓



↓↓Leica Mモノクローム CMOSセンサー搭載モデル(Typ246)との組み合わせ↓↓



いかがでしょうか?
この『究極同士のモノクロの世界』を自分のものにしたくありませんか?

もちろん『究極』を手に入れることは容易なことではないかと思いますが。
でも「それでも手に入れたい」という気になりませんか?

もしそうだとしたら今です。
今ならダブルでお得なお買い物をしていただけます。

ひとつはネットでも店頭でも行っている【歳末中古セール】です。
数々の中古商品が中々の値引きプライスでズラリと並んでおります。
12月18日(日)の20時29分までのお買い物が対象です。

そしてもうひとつは【店頭限定中古ライカ全品ポイント10倍】です。
こちらは店頭限定ですのでご来店またはお電話での通信販売が対象でやはり12月18日(日)の閉店とともに終了いたします。

ポイントが10倍だとお買い上げ金額によっては驚くほどの大きいポイントになったりします。
特に今回の場合はかなり立派なお値段の商品を紹介させていただいておりますのでポイントは大きいです。
本当に驚くほどに。

なので今です。
是非このチャンスに『究極のお買い物』で2016年を締めくくってください。

現在のそれぞれの中古在庫を並べてみました。
中古ですのであったりなかったりっていうのがありますが是非ご覧ください。







【歳末中古セール】も【店頭限定中古ライカ全品ポイント10倍】も終了まであまり時間はありませんが。
何卒タイミングを合わせてください。
「そんなときこそ」のこんなものも用意しておりますので。

「36回払いまで金利ゼロ!!」でお馴染みの
「超低金利ショッピングクレジット!!」

↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓



お待ちしております。




〓〓セール情報〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:12月15日 18時13分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SONY A7M2+Nokton 40mm f1.2 【Voigtlander】昼下がりのお散歩レンズ。Voigtlander Nokton 40mm F1.2 E-mount 2017年12月18日
とある平日の午後。 ふと思い立って浅草に向かいました。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander Nokton 40mm F1.2 E-mount」 定番の浅草寺みて、ふらふらと歩き出すと小さな神社を見つけました。 開放で鳥居にピントを併せて一枚。 嬉乃森稲荷神社の名前が浮かび上がります。 この辺りは昔は森があったのだろうかと都会の谷間に思いをはせます。 小さな路地を歩くと鮮やかな緑の扉の建物がありました。 柔らかな午後の光に浮かび上がる扉、柔らかにボケる懐かしい消火器入...
続きを読む
【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 2017年12月17日
先日、友人に誘われ、川崎競馬場で競馬を撮影する機会に恵まれました。 今まで経験がなかったのですが、友人の助言と自分なりの工夫によって、少しは良いなと思える写真が撮れました。 今回は試行錯誤の思い出とともに、競馬の写真を振り返ります。 この写真はパドックでゆっくりと歩いている馬の表情を捉えたものです。 機材は私が所有しているNikon D5と、友人から借りたAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR。 三脚を用意していなかったため手持ちでの撮影です。 とはいえAF-S NIKKOR 600mm F4E F...
続きを読む
null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]