【Leica】金曜フードショー☆第32回 ズミルックスM50mm F1.4用フィルター「YMZOO」「13206」 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







Leica (ライカ) フィルター E43 UVa

みなさん、こんにちは「金曜フードショー」へようこそ!

レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが
レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。

このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げています。

今回は、フードではなく、フィルターE43 UVa「YMZOO」「13206」を取り上げます。
何故かというと、ズミルックス M50mm F1.4 にフィルターを付けた状態で
フード「XOOIM/12521」または「12586」を使用するには専用の「YMZOO」「13206」が必要だからなのです!

一番上の写真のシルバーのものが「YMZOO」、ブラックの二つが「13206」です。




「YMZOO」は本体にコードナンバーの刻印がありません。
「13206」には薄いものと厚いものの2種類があります。
(「YMZOO」と薄型の「13206」は同じ形です)

では、詳しく見ていきましょう。

Leica (ライカ) フィルター E43 UVa ブラック



左の薄型は、直径約44mm、ネジ部除く厚さ約3mm、重さ約15g。前面にネジは切ってありません。

右の厚いほうは、直径約45mm、ネジ部除く厚さは約3.5mm+1段細い部分が2mm(計5.5mm)、
重さ約12g。前面にネジが切ってあります。


フード「XOOIM/12521」または「12586」は、矢印のレンズ先端の溝を4つの爪で掴む仕組みです。

Leica (ライカ) フィルター E43 UVa シルバー

薄型では、フードがフィルターを通過して、レンズ先端の溝を掴みます。
(わかりやすいようにフィルターとレンズの色の組合わせを変えています)



こちらも同様、矢印のレンズ先端の溝を4つの爪で掴む仕組みです。

Leica (ライカ) フィルター E43 UVa ブラック

厚型では、フィルターの先端が、レンズ先端と同じ形状になっており
フィルターの一段細くなったところをフードの4つの爪が掴みます。


では、何故専用フィルターが必要なのでしょう?

フードの内側にぐるっと突起があり、レンズ先端の適切な位置にフードが止まり、その奥の溝に爪が来るようになっています。

(このフードはレンズに逆向きに被せた状態でセットできるようになっているので
二重にこの仕組みが付けられています。)

薄型フィルターは、直径が小さく、この突起を通り抜けます。
(フィルター無しの時と同じ状態ということですね)

厚型フィルターは、先端でフードの突起を受け止め、奥の溝で固定します。

一般的なフィルター(直径約45mm)では、フィルター先端でフード内側の突起を受け止めても
その奥に爪が掴むべき溝がありません(先端から3.5mmの位置に溝が必要)。
つまりフードを固定することが出来ないのです。

ということで、ズミルックス M50mm F1.4と専用フード「XOOIM/12521」または「12586」の組合わせには
フィルター E43 UVa「YMZOO」または「13206」が必要なのです!



2015年に世界限定500本発売された「ズミルックス M50mm F1.4 ASPH ブラッククローム」には
「YMZOO」、「13206」は、取付けできません。ネジのピッチが異なります。
(※初期の「13206」の一部に使えるものがあるようです)


E43には、UVaのほかにイエロー、オレンジ、レッド、ブルーのフィルターがありました。

Leica M8、M8.2 用には、赤外線カットの「E43 UV/IRフィルター シルバー 13417」がございます。













↓さて、これまでの「金曜フードショー」は↓



↓便利なフード対応表ができました。ご利用ください。↓





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:01月13日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】Nikon (ニコン) SP復刻モデル 2017年11月20日
D850が大好評のニコンは、今年創立100年周年を迎えました。 そこで、クラシックニコンに触れてみてはいかがでしょうか。 Nikon (ニコン) SP復刻モデルをご紹介いたします! Nikon SPは、1957年(昭和32年)に発売された、ニコンSシリーズの最高峰モデルです。 Nikon SPの特徴は、なんと言っても「ユニバーサルファインダー」です。 左側に広角専用(28mm、35mm)ファインダー、 右側に標準・望遠用(50mm、85mm、105mm、135mm)の4種類のブライトフレームを内蔵した 距離計連動ファインダーが...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 河童寫眞部 写真展『「※写真はイメージです」展2017』 2017年11月20日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 河童寫眞部 写真展 - 『「※写真はイメージです」展2017』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 グループ展『氣 サラブレッド 2017』 2017年11月16日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは グループ展 - 『氣 サラブレッド 2017』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【SONY】α9 Maptimes Review 2017年11月10日
ミラーレス一眼の新たな新時代を切り開く 「α9」 完全無音でレリーズ時の暗転がなく AF/AE追従で20コマ/秒で連写の行えるカメラということで 様々な可能性を秘めた高速連写機となっています。 マップカメラがおくる作例サイト『Kasyapa』でも発売時にご紹介しておりますが 本館5Fスタッフの間でも撮影に臨んで参りましたのでご覧ください。 それではどうぞ。 α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS ss1/1600 F2.8 ISO8000 焦点距離143mm まずはα9の主戦場である「動体撮影」から見ていきましょう...
続きを読む
【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 2017年11月10日
【 KeyMission:Impossible 】 あなたのミッションは何ですか? 何をするのか・・・なぜそれをするのか・・・ 目指すものはさらなる高みへ・・・攻め続ける! 様々なミッションに可能な限り挑む! それが KeyMission:Impossible! ミッションはあなたをより近くへ導く ミッションはあなたをより遠くへ誘う ミッションはあなたを解き放ち・・・大胆に、生き生きと、自由に! どこへでも行くことができる! あなたのミッションは・・・I AM KeyMission! 【 KeyMi...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]