【Leica】金曜フードショー☆第32回 ズミルックスM50mm F1.4用フィルター「YMZOO」「13206」 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







Leica (ライカ) フィルター E43 UVa

みなさん、こんにちは「金曜フードショー」へようこそ!

レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが
レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。

このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げています。

今回は、フードではなく、フィルターE43 UVa「YMZOO」「13206」を取り上げます。
何故かというと、ズミルックス M50mm F1.4 にフィルターを付けた状態で
フード「XOOIM/12521」または「12586」を使用するには専用の「YMZOO」「13206」が必要だからなのです!

一番上の写真のシルバーのものが「YMZOO」、ブラックの二つが「13206」です。




「YMZOO」は本体にコードナンバーの刻印がありません。
「13206」には薄いものと厚いものの2種類があります。
(「YMZOO」と薄型の「13206」は同じ形です)

では、詳しく見ていきましょう。

Leica (ライカ) フィルター E43 UVa ブラック



左の薄型は、直径約44mm、ネジ部除く厚さ約3mm、重さ約15g。前面にネジは切ってありません。

右の厚いほうは、直径約45mm、ネジ部除く厚さは約3.5mm+1段細い部分が2mm(計5.5mm)、
重さ約12g。前面にネジが切ってあります。


フード「XOOIM/12521」または「12586」は、矢印のレンズ先端の溝を4つの爪で掴む仕組みです。

Leica (ライカ) フィルター E43 UVa シルバー

薄型では、フードがフィルターを通過して、レンズ先端の溝を掴みます。
(わかりやすいようにフィルターとレンズの色の組合わせを変えています)



こちらも同様、矢印のレンズ先端の溝を4つの爪で掴む仕組みです。

Leica (ライカ) フィルター E43 UVa ブラック

厚型では、フィルターの先端が、レンズ先端と同じ形状になっており
フィルターの一段細くなったところをフードの4つの爪が掴みます。


では、何故専用フィルターが必要なのでしょう?

フードの内側にぐるっと突起があり、レンズ先端の適切な位置にフードが止まり、その奥の溝に爪が来るようになっています。

(このフードはレンズに逆向きに被せた状態でセットできるようになっているので
二重にこの仕組みが付けられています。)

薄型フィルターは、直径が小さく、この突起を通り抜けます。
(フィルター無しの時と同じ状態ということですね)

厚型フィルターは、先端でフードの突起を受け止め、奥の溝で固定します。

一般的なフィルター(直径約45mm)では、フィルター先端でフード内側の突起を受け止めても
その奥に爪が掴むべき溝がありません(先端から3.5mmの位置に溝が必要)。
つまりフードを固定することが出来ないのです。

ということで、ズミルックス M50mm F1.4と専用フード「XOOIM/12521」または「12586」の組合わせには
フィルター E43 UVa「YMZOO」または「13206」が必要なのです!



2015年に世界限定500本発売された「ズミルックス M50mm F1.4 ASPH ブラッククローム」には
「YMZOO」、「13206」は、取付けできません。ネジのピッチが異なります。
(※初期の「13206」の一部に使えるものがあるようです)


E43には、UVaのほかにイエロー、オレンジ、レッド、ブルーのフィルターがありました。

Leica M8、M8.2 用には、赤外線カットの「E43 UV/IRフィルター シルバー 13417」がございます。













↓さて、これまでの「金曜フードショー」は↓



↓便利なフード対応表ができました。ご利用ください。↓





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】金曜フードショー☆第34回 12474 ズマロン M28mm F5.6用フード 2017年09月22日
みなさん、こんにちは「金曜フードショー」へようこそ! レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。 このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げています。 今回紹介するのは、 ズマロン M28mm F5.6用の12474 フードです。 このレンズは、1955年発売のスクリューマウントのズマロン28mm F5.6 通称「赤ズマロン」の復刻版として...
続きを読む
【FUJIFILM】シンプルなXstyle X-E3先行展示実施中! 【FUJIFILM】シンプルなXstyle X-E3先行展示実施中! 2017年09月21日
『シンプルなXstyle X-E3』先行展示中!! ただいまマップカメラでは、FUJIFILM X-E3の発売に先駆けて先行展示を行っております。 実際にお手にとって、その魅力を感じていただきたいシンプルで美しいカメラです。 そこで『おすすめポイント』としまして、『シンプルなXstyle X-E3』の魅力をお伝えいたします。 『ポイント 1』シンプルデザイン 必要な機能性能を極限まで研ぎ澄まし、本質だけを形にしたデザイン。 追求したのは、シンプルで...
続きを読む
エビフォトとびきりコンテスト 【エビフォト】とびきりの一枚コンテスト"モノクロ編” スタート!! 2017年09月20日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 エビフォトのフォトコン情報をお届けします! 本日より『とびきりの一枚コンテスト“ モノクロ編 ”』がスタート!! “毎日が当選日”のフォトコンテスト第3弾!! 一日にご投稿いただく写真の中からとりわけ素晴らしい“とびきり”の一枚を毎日厳選する『とびきりの一枚コンテスト』。 毎回好評を得ていますが、今回は“とびきり”のモノクロ写真を募集しています。 10月1日(日)までの期間中毎日授賞発表します! ...
続きを読む
null 【SONY】DSC-RX10M4 予約開始! 2017年09月20日
DSC-RX10M4 2017年10月6日発売予定 ~超望遠と世界最速の高速AFが、躍動の瞬間を切り取る~ ・DSC-RX10M3と同じく24-600mm F2.4-4.0(光学25倍)のレンズをを搭載 ワイドから超望遠まで、複数の大口径交換レンズに相当する焦点距離を1台でカバーします。 ・世界最速0.03秒の高速AFと315点像面位相差AFセンサーによる広いAFカバー範囲 撮像エリアの約65%をカバーする範囲に315点の像面位相差AFセンサーを配置することで、 超望遠撮影においても高速で動く被写体の決定的瞬間を逃さず撮影...
続きを読む
null 【Leica】まだ間に合います!9月23日はライカを持って江ノ島に行こう! 2017年09月19日
皆様こんにちは! 今年の秋はいつもと一味違うイベントを開催いたします!! 初めてのライカMと行く江ノ島の旅 U-40 ライカと言えば、カメラ好きなら誰もが憧れるトップブランド。 レンジファインダーカメラであるが故の小ささと洗練されたデザイン。 そして金属の質感を活かした物造りはドイツの職人気質を感じられます。 手に取ってみると、ずっしりとした重厚感も感じられ、所有欲も満たされること間違いなしです。 カメラが好きな方なら一度は手にしたいと憧れるライカ。 今回はライカ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]