Select Language



【Leica】ライカ『M10』、ついに発表。

[ Category:Leica|掲載日時:2017年01月19日 10時30分]


Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10

日本時間2017年1月19日午前5時、ライカMシステムの新たな歴史を刻む新機種が発表されました。

そのカメラの名は『M10』

Typ240の後継機であり、ライカの伝統を引き継ぐカメラとして、『10』の数字を付けられた最新のM型ライカです。


Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10

『M10』の最も大きな変更点として取り上げたいのはボディの厚み。

Mデジタルになってからボディの厚みが増したことで、「M型フィルム機のサイズ感をMデジタルに」と望んだ方が多かったと思います。

今回の『M10』はTyp240よりも4mmほど薄く作られており、トップカバーの奥行きが33.75mm。

MデジタルながらM型フィルム機とほぼ同じ厚みになったことで、手に取った瞬間「M型ライカだ」と認識できるはずです。


Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10

『M10』はファインダーも大きく変わりました。

従来機に比べ、視界は30%広くなり、倍率も0.73倍に引き上げられています。

また、アイレリーフ(接眼レンズから目までの距離)も50%大きく広げたことにより、
眼鏡をかけていてもビューファインダーを使用しやすくなりました。


Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10

搭載されるセンサーは『M10』のために特別に開発された新型の2400万画素CMOSセンサーです。

この新技術のおかげで描写性能に関する全パラメーターが著しく向上し、
ダイナミックレンジ、コントラストの再現性、シャープネスと分解能が特に卓越しています。

独自のマイクロレンズ構造を採用したことで非常に大きな開口が可能になり、
光が斜めからセンサーに入射してもフォトダイオードで正確に捉えることができるので、性能も前モデルより向上しています。

さらに、ローパスフィルターがないことできわめてシャープな描写を実現し、
特に広角レンズや明るいレンズを使用する場合に卓越した描写力を発揮します。


Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10

ライカM型カメラは、常に写真撮影に本当に必要な要素だけを追求してきました。

この原則は「ライカM10」においても忠実に踏襲され、写真撮影に基本的に必要な設定機能にすぐにアクセスできるという
直感的な操作性をより高めています。

例えば、カメラ背面の操作部はジョイスティックと「プレイ」、「ライブビュー」、「メニュー」の3つのボタンのみに絞られており、
特定の重要な設定は撮影者の好みや撮影状況に合わせて調整できるようになっています。





【撮像素子】 CMOSイメージセンサー、約24 x 36mm

【画像解像度】 DNG™:5976 x 3992画素(2400万画素)、JPEG:5952 x 3968画素(2400万画素)、4256 x 2832画素(1200万画素)、2976 x 1984画素(600万画素)

【記録形式】 DNG™(RAW):圧縮あり(ロスレス圧縮)、JPEG

【ファイルサイズ】 DNG™:20MB~30MB、JPEG:画像解像度や被写体により異なる

【バッファメモリー】 2GB / 16枚連写

【ホワイトバランス】 オート/マニュアル/8プリセット/色温度設定


【記録媒体】 SDメモリーカード(最大2GB)、SDHCメモリーカード(最大32GB)、SDXCメモリーカード(最大2TB)

【ISO感度】 ISO 100~50000相当(ISO 200から1/3段ステップ)、設定方法:マニュアル、オート

【露出モード】 絞り優先AEモード(A):手動設定した絞り値に応じてシャッタースピードを自動設定、マニュアルモード(M)


【露出補正】 ±3EV(1/3EVステップ)

【ファインダー形式】 ブライトフレームファインダー、パララックス自動補正機能付き

【アイピース】 視度:-0.5 dpt  視度補正レンズ(-3~+3 dpt)を装着可能

【ファインダー倍率】 0.73倍 有効基線長 50.6mm(基線長 69.31mm x ファインダー倍率0.73倍)


【液晶モニター】 3.0型TFTカラー液晶モニター  ドット数:1600万ドット 画素数:103万6,800画素 視野率:約100% カバーガラス:傷がつきにくいGorilla®ガラス 色空間:sRGB


【シャッタースピード】 絞り優先AEモード(「A」):125~1/4000秒(無段階)、 マニュアルモード:8~1/4000秒(1/2段ステップ)、8~125秒(1ステップ)、「B」:バルブ撮影(最大125秒) セルフタイマーとの併用でTモード (シャッターレリーズボタンを押すとシャッターが開き、もう1度押すとシャッターが閉まる)を使用可能)  フラッシュ同調速度:1/180秒 1/180秒より速いシャッタースピードでのフラッシ ュ撮影も可能(ハイスピードシンクロ機能を備えた対応フラッシュユニット使用時)

【連続撮影】 約5コマ/秒、最大30~40コマ

【電源】 充電式リチウムイオンバッテリー(公称電圧 7.4V、容量 1300mAh)×1 DC 1000mA/7.4V  型式番号:BP-SCL5  動作温度(カメラ内):0~40°C


【寸法】(幅×奥行き×高さ) 約139 × 38.5 × 80mm

【質量】 約660g(バッテリーを含む)








〓〓新製品〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年01月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む
【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]