【Leica】ライカ『M10』、ついに発表。 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10

日本時間2017年1月19日午前5時、ライカMシステムの新たな歴史を刻む新機種が発表されました。

そのカメラの名は『M10』

Typ240の後継機であり、ライカの伝統を引き継ぐカメラとして、『10』の数字を付けられた最新のM型ライカです。


Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10

『M10』の最も大きな変更点として取り上げたいのはボディの厚み。

Mデジタルになってからボディの厚みが増したことで、「M型フィルム機のサイズ感をMデジタルに」と望んだ方が多かったと思います。

今回の『M10』はTyp240よりも4mmほど薄く作られており、トップカバーの奥行きが33.75mm。

MデジタルながらM型フィルム機とほぼ同じ厚みになったことで、手に取った瞬間「M型ライカだ」と認識できるはずです。


Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10

『M10』はファインダーも大きく変わりました。

従来機に比べ、視界は30%広くなり、倍率も0.73倍に引き上げられています。

また、アイレリーフ(接眼レンズから目までの距離)も50%大きく広げたことにより、
眼鏡をかけていてもビューファインダーを使用しやすくなりました。


Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10

搭載されるセンサーは『M10』のために特別に開発された新型の2400万画素CMOSセンサーです。

この新技術のおかげで描写性能に関する全パラメーターが著しく向上し、
ダイナミックレンジ、コントラストの再現性、シャープネスと分解能が特に卓越しています。

独自のマイクロレンズ構造を採用したことで非常に大きな開口が可能になり、
光が斜めからセンサーに入射してもフォトダイオードで正確に捉えることができるので、性能も前モデルより向上しています。

さらに、ローパスフィルターがないことできわめてシャープな描写を実現し、
特に広角レンズや明るいレンズを使用する場合に卓越した描写力を発揮します。


Leica (ライカ) M10
Leica (ライカ) M10

ライカM型カメラは、常に写真撮影に本当に必要な要素だけを追求してきました。

この原則は「ライカM10」においても忠実に踏襲され、写真撮影に基本的に必要な設定機能にすぐにアクセスできるという
直感的な操作性をより高めています。

例えば、カメラ背面の操作部はジョイスティックと「プレイ」、「ライブビュー」、「メニュー」の3つのボタンのみに絞られており、
特定の重要な設定は撮影者の好みや撮影状況に合わせて調整できるようになっています。





【撮像素子】 CMOSイメージセンサー、約24 x 36mm

【画像解像度】 DNG™:5976 x 3992画素(2400万画素)、JPEG:5952 x 3968画素(2400万画素)、4256 x 2832画素(1200万画素)、2976 x 1984画素(600万画素)

【記録形式】 DNG™(RAW):圧縮あり(ロスレス圧縮)、JPEG

【ファイルサイズ】 DNG™:20MB~30MB、JPEG:画像解像度や被写体により異なる

【バッファメモリー】 2GB / 16枚連写

【ホワイトバランス】 オート/マニュアル/8プリセット/色温度設定


【記録媒体】 SDメモリーカード(最大2GB)、SDHCメモリーカード(最大32GB)、SDXCメモリーカード(最大2TB)

【ISO感度】 ISO 100~50000相当(ISO 200から1/3段ステップ)、設定方法:マニュアル、オート

【露出モード】 絞り優先AEモード(A):手動設定した絞り値に応じてシャッタースピードを自動設定、マニュアルモード(M)


【露出補正】 ±3EV(1/3EVステップ)

【ファインダー形式】 ブライトフレームファインダー、パララックス自動補正機能付き

【アイピース】 視度:-0.5 dpt  視度補正レンズ(-3~+3 dpt)を装着可能

【ファインダー倍率】 0.73倍 有効基線長 50.6mm(基線長 69.31mm x ファインダー倍率0.73倍)


【液晶モニター】 3.0型TFTカラー液晶モニター  ドット数:1600万ドット 画素数:103万6,800画素 視野率:約100% カバーガラス:傷がつきにくいGorilla®ガラス 色空間:sRGB


【シャッタースピード】 絞り優先AEモード(「A」):125~1/4000秒(無段階)、 マニュアルモード:8~1/4000秒(1/2段ステップ)、8~125秒(1ステップ)、「B」:バルブ撮影(最大125秒) セルフタイマーとの併用でTモード (シャッターレリーズボタンを押すとシャッターが開き、もう1度押すとシャッターが閉まる)を使用可能)  フラッシュ同調速度:1/180秒 1/180秒より速いシャッタースピードでのフラッシ ュ撮影も可能(ハイスピードシンクロ機能を備えた対応フラッシュユニット使用時)

【連続撮影】 約5コマ/秒、最大30~40コマ

【電源】 充電式リチウムイオンバッテリー(公称電圧 7.4V、容量 1300mAh)×1 DC 1000mA/7.4V  型式番号:BP-SCL5  動作温度(カメラ内):0~40°C


【寸法】(幅×奥行き×高さ) 約139 × 38.5 × 80mm

【質量】 約660g(バッテリーを含む)








〓〓新製品〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:01月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】Nikon (ニコン) SP復刻モデル 2017年11月20日
D850が大好評のニコンは、今年創立100年周年を迎えました。 そこで、クラシックニコンに触れてみてはいかがでしょうか。 Nikon (ニコン) SP復刻モデルをご紹介いたします! Nikon SPは、1957年(昭和32年)に発売された、ニコンSシリーズの最高峰モデルです。 Nikon SPの特徴は、なんと言っても「ユニバーサルファインダー」です。 左側に広角専用(28mm、35mm)ファインダー、 右側に標準・望遠用(50mm、85mm、105mm、135mm)の4種類のブライトフレームを内蔵した 距離計連動ファインダーが...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 河童寫眞部 写真展『「※写真はイメージです」展2017』 2017年11月20日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 河童寫眞部 写真展 - 『「※写真はイメージです」展2017』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 グループ展『氣 サラブレッド 2017』 2017年11月16日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは グループ展 - 『氣 サラブレッド 2017』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【SONY】α9 Maptimes Review 2017年11月10日
ミラーレス一眼の新たな新時代を切り開く 「α9」 完全無音でレリーズ時の暗転がなく AF/AE追従で20コマ/秒で連写の行えるカメラということで 様々な可能性を秘めた高速連写機となっています。 マップカメラがおくる作例サイト『Kasyapa』でも発売時にご紹介しておりますが 本館5Fスタッフの間でも撮影に臨んで参りましたのでご覧ください。 それではどうぞ。 α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS ss1/1600 F2.8 ISO8000 焦点距離143mm まずはα9の主戦場である「動体撮影」から見ていきましょう...
続きを読む
【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 2017年11月10日
【 KeyMission:Impossible 】 あなたのミッションは何ですか? 何をするのか・・・なぜそれをするのか・・・ 目指すものはさらなる高みへ・・・攻め続ける! 様々なミッションに可能な限り挑む! それが KeyMission:Impossible! ミッションはあなたをより近くへ導く ミッションはあなたをより遠くへ誘う ミッションはあなたを解き放ち・・・大胆に、生き生きと、自由に! どこへでも行くことができる! あなたのミッションは・・・I AM KeyMission! 【 KeyMi...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]