【SIGMA】 初めてのシグマSAマウント ~sd Quattro H~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
33mm F2 1/200秒 ISO100
皆様こんにちは!
昨年末に発売された「sd Quattro H」
普段はPENTAXを使っているのですが、SIGMA dpシリーズを使ってからというもの
すっかりSIGMAのカメラの虜になった私の心は
このカメラの登場によってグラグラ揺れていたのです。

「SIGMA初のAPS-Hサイズ相当のセンサー…どれだけ凄いんだろう」

歴代の「Foveonセンサー」はいずれもAPS-Cサイズ相当で(モデルによって若干のサイズ差はありますが)
それでも十分に解像度が高くリアリティに富んだ描写をしてくれます。
しかし、この疑問を持ってしまってからというもの
もう私の頭の中は「sd Quattro H」の事でいっぱいになりました。
2週間くらいウンウン言いながらも意を決して
「A 24-35mm F2 DG HSM」と一緒にお持ち帰り。
APS-Hサイズなので、35mm判換算で約32-45mm相当になります。
ズーム全域でF2通しというビックリなレンズと共にフラフラしてきました!

※今回掲載している画像は、いずれも「新しいタブで画像を開く」と
1600x1066サイズでご覧いただけます!


SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
24mm F5.6 1/100秒 ISO100
青春、輝かしい学生時代。友人と学校帰りにアイスを食べてキャッキャウフフなんて
そんな思い出は全然ないですがそんなイメージで。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
24mm F2 1/100秒 ISO100
花壇で広角側の最短撮影距離のテストです。
初めてのレンズを手にしたら、意味は無くとも寄りたくなるのが性というもの。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
35mm F2 1/100秒 ISO100
今度は望遠側で最短撮影距離のテスト。
このレンズは最大倍率が「1:4.4」という倍率なので
Artラインのレンズの中では撮影倍率が高いのも購入の決め手でした。
ボケはクセが無く自然なボケ味だと思います。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
24mm F2 1/13秒 ISO200
SIGMA dpシリーズでは暗いところはあまり撮らなかったのですが
今回はF2通しのレンズですし、ちょっと撮ってみました。
dp2やdp3だとF2.8なので、それよりも1段分明るいことになります。
こういった暗いところだと、この「1段分の明るさ」が明暗を分けるのです。
画質が落ちるからISO感度は上げたくない。
でも手振れするのは嫌だから少しでもシャッタースピードを稼ぎたい。
そんなワガママもF2通しのレンズは叶えてくれます。

さて、別の日に浅草へ行ってきました。
日が落ちてからの撮影なので三脚を使って撮影です。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
24mm F8 20秒 ISO100
NDフィルターを付けて、長秒露光で歩いている人を流しました。
夜の町はこうして撮ると面白いです。
もっと絞ってバルブ撮影にしても良かったかもしれません。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
24mm F8 SFDモード
sd Quattroシリーズから搭載された新機能「SFDモード」を試してみます!
「SFD(Super Fine Detail)」とは…
1回シャッターを切ると、自動で7枚の異なる露出データを取得し
専用RAWデータ(X3Iファイル)を生成します。
7枚のデータを照らし合わせて良いとこ取りをしてくれるイメージです。
ダイナミックレンジが広く、ノイズが少ない画像が得られます!

先程の画像と比べると、門の後ろのシャッターの辺りや
門の屋根の辺りの影の部分が潰れずに残っており、階調がとても豊かです。

SIGMA sd Quattro H + A 24-35mm F2 DG HSM
28mm F5.6 SFDモード
本堂を私が好きなアングルからSFDモードで!
これは現像していて鳥肌が立ちました。
何処を見ても全く破綻が無く、ノイズレス。
単焦点レンズ並の写りをするこのレンズの実力もそうですが
APS-Hサイズのセンサーになり、SFDモードも追加されたことでカメラ自体も
相当パワーアップしているのかなと思いました。
いやぁ…すごいです。ため息ものです。

次は三脚を担いで江ノ島に行ってきます!
行きます!と言っておかないと、「また次の休みでいいか…」なんて
いつまでもズルズル引きずるのでここで宣言しておきます。
そのうち掲載しますのでお楽しみに!

それではまた!


↓今回使用した機材はコチラ!↓





今回撮っていて思ったのですが、PG-41が思った以上に威力を発揮しました。
たかがグリップ、されどグリップ。
ホールド感が全然違うので、あると非常に便利です。秀逸です。
PG-41を使えば、バッテリーを最大3つまで使えるので
電池切れの心配もほぼないと言っていいでしょう。
縦撮りも楽になるので、縦撮りが好きな人にもイチオシのアイテムです!


大きいお買い物の時に役に立つのが「超低金利ショッピングクレジット」
36回払いまでは金利がかかりません!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】金曜フードショー☆第34回 12474 ズマロン M28mm F5.6用フード 2017年09月22日
みなさん、こんにちは「金曜フードショー」へようこそ! レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。 このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げています。 今回紹介するのは、 ズマロン M28mm F5.6用の12474 フードです。 このレンズは、1955年発売のスクリューマウントのズマロン28mm F5.6 通称「赤ズマロン」の復刻版として...
続きを読む
【FUJIFILM】シンプルなXstyle X-E3先行展示実施中! 【FUJIFILM】シンプルなXstyle X-E3先行展示実施中! 2017年09月21日
『シンプルなXstyle X-E3』先行展示中!! ただいまマップカメラでは、FUJIFILM X-E3の発売に先駆けて先行展示を行っております。 実際にお手にとって、その魅力を感じていただきたいシンプルで美しいカメラです。 そこで『おすすめポイント』としまして、『シンプルなXstyle X-E3』の魅力をお伝えいたします。 『ポイント 1』シンプルデザイン 必要な機能性能を極限まで研ぎ澄まし、本質だけを形にしたデザイン。 追求したのは、シンプルで...
続きを読む
エビフォトとびきりコンテスト 【エビフォト】とびきりの一枚コンテスト"モノクロ編” スタート!! 2017年09月20日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 エビフォトのフォトコン情報をお届けします! 本日より『とびきりの一枚コンテスト“ モノクロ編 ”』がスタート!! “毎日が当選日”のフォトコンテスト第3弾!! 一日にご投稿いただく写真の中からとりわけ素晴らしい“とびきり”の一枚を毎日厳選する『とびきりの一枚コンテスト』。 毎回好評を得ていますが、今回は“とびきり”のモノクロ写真を募集しています。 10月1日(日)までの期間中毎日授賞発表します! ...
続きを読む
null 【SONY】DSC-RX10M4 予約開始! 2017年09月20日
DSC-RX10M4 2017年10月6日発売予定 ~超望遠と世界最速の高速AFが、躍動の瞬間を切り取る~ ・DSC-RX10M3と同じく24-600mm F2.4-4.0(光学25倍)のレンズをを搭載 ワイドから超望遠まで、複数の大口径交換レンズに相当する焦点距離を1台でカバーします。 ・世界最速0.03秒の高速AFと315点像面位相差AFセンサーによる広いAFカバー範囲 撮像エリアの約65%をカバーする範囲に315点の像面位相差AFセンサーを配置することで、 超望遠撮影においても高速で動く被写体の決定的瞬間を逃さず撮影...
続きを読む
null 【Leica】まだ間に合います!9月23日はライカを持って江ノ島に行こう! 2017年09月19日
皆様こんにちは! 今年の秋はいつもと一味違うイベントを開催いたします!! 初めてのライカMと行く江ノ島の旅 U-40 ライカと言えば、カメラ好きなら誰もが憧れるトップブランド。 レンジファインダーカメラであるが故の小ささと洗練されたデザイン。 そして金属の質感を活かした物造りはドイツの職人気質を感じられます。 手に取ってみると、ずっしりとした重厚感も感じられ、所有欲も満たされること間違いなしです。 カメラが好きな方なら一度は手にしたいと憧れるライカ。 今回はライカ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]