【Voigtlander】100歳レンズ! HELIAR 50mm F3.5 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





Voigtlander HELIAR 50mm F3.5 (L)

Voigtlanderのライカスクリューマウント(L39)レンズHELIAR 50mm F3.5をご存じですか?

Voigtlander(フォクトレンダー)は、世界最古の光学機器メーカーで
HELIAR(ヘリアー)は、西暦1900年に誕生したレンズの名称なのです。

そして、ヘリアー101周年にあたり2001年に発売されたのが今回紹介するHELIAR 50mm F3.5なのです。

レンズ単体ではなく、距離計連動カメラVoigtlander BESSA T50mmビューファインダーとセットで
BESSA T HELIAR 101 YEARS MODEL」として販売されました。

セットのBESSA T のボディカラーは、グレー、オリーブ、ネイビーブルー、光沢ブラックの4色が用意され
各色限定500台が作られました。

ということは、このHELIAR 50mm F3.5 は、500x4 = 2,000本だけ!ということです。

Voigtlander HELIAR 50mm F3.5 (L)
このレアアイテムをレンズ単体で手に入れることができるのは、中古ならではですね。

ライカの ELMAR 50mmF3.5 に似た形ですが、それとは違い絞りのセットは大変操作がしやすくなっています。
外観の特徴である、独特な形状の絞りリングのおかげです。
(黒い点が打ってあるリングの方が動いて、数字は動きません)

Voigtlander HELIAR 50mm F3.5 (L)
Leica IIIf に取付けてみました。いかにもクラシックカメラといった雰囲気です!

また、M/L変換リングを使えば、Mマウントカメラにも使用できます。
Voigtlander HELIAR 50mm F3.5 (L)
これは、M/Lリングを付けて、レンズを沈胴させた状態です。
レンズ最後端からマウント面までの長さは、約14mm。
(スーパーアンギュロンM21mmF4の場合は、約20mmでした。)
ということで、Leica M (Typ240)に装着してみました! 

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

沈胴させても大丈夫でした。かなりコンパクトになりますね。

100年前に設計されたレンズをフィルムでもデジタルでも簡単に楽しむことができるなんて夢のようですね!
いったいどんな写りをするんでしょうね?!

希少なレンズですので是非手に入れてください!




このHELIAR 50mm F3.5には、いくつかバリエーションがあります。

ひとつは、ニッケルメッキを施したモデルで、BESSA誕生10周年を記念して、2009年に600本限定生産されたものです。
ブラックペイントのフードとニッケルメッキのM/Lリングが付属していました。

また、2016年には、固定鏡胴でMマウントになったHELIAR 50mm F3.5 Vintage Line VMが登場しました。
こちらは現行品ですので新品が購入できます。

そして、あまり知られていませんが、2005年にアメリカのニコン愛好家の団体「NHS」向けに500セットのみ作られた
BESSA R2S NHS Specialのレンズとして固定鏡胴のHELIAR 50mm F3.5が用意されました。
これはNikon Sマウントレンズでレンズ自体にはヘリコイドが無いものです。
ボディとレンズのセットで販売されたものですが、中古ならレンズのみの入荷もありますよ。








↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓






〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験...
続きを読む
null オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm... 2017年08月16日
オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが カメラグラン...
続きを読む
【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 2017年08月15日
【夏カメラで夏フォト!防水デジカメ大集合】~ from FUJIFILM ~ 夏にピッタリの「防水デジカメ」大集合!! 夏の旅行に最適なカメラといえば防水デジカメです。 海でも山でも、いつでもどこでも誰でも安心して使えるデジカメ! 防水性能に加え、優れた「タフ性能」&「基本性能」+アウトドアを意識したデジカメ! マリンスポーツはもとより、スキーや釣り、 キャンプや登山などといったハードに活躍してくれるデジカメ! サマーレジャーをもっと楽しくしてくれる、タフに使...
続きを読む
null 【Nikon】希少!! Nikon S3追加生産型あります! 2017年08月14日
この凛々しいブラックニコンは、通称「Nikon S3 オリンピック」とよばれているカメラです。 Nikon S3は、1958(昭和33年)にNikon S2の後継機として登場し、12,300台あまりが製造されました。 そして、一旦製造を終了した後、1965(昭和40)年に2,000台が再発売されました(S3追加生産型、ブラックのみ)。 このS3追加生産型には、新型の50mmF1.4が付いていました(ボディのみの販売もあった)。 S3追加生産型のシリアルナンバーは、6320000番台といわれています。 ちなみに本機のシリア...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]