Select Language



【Voigtlander】100歳レンズ! HELIAR 50mm F3.5

[ Category:etc.|掲載日時:2017年04月23日 10時30分]



Voigtlander HELIAR 50mm F3.5 (L)

Voigtlanderのライカスクリューマウント(L39)レンズHELIAR 50mm F3.5をご存じですか?

Voigtlander(フォクトレンダー)は、世界最古の光学機器メーカーで
HELIAR(ヘリアー)は、西暦1900年に誕生したレンズの名称なのです。

そして、ヘリアー101周年にあたり2001年に発売されたのが今回紹介するHELIAR 50mm F3.5なのです。

レンズ単体ではなく、距離計連動カメラVoigtlander BESSA T50mmビューファインダーとセットで
BESSA T HELIAR 101 YEARS MODEL」として販売されました。

セットのBESSA T のボディカラーは、グレー、オリーブ、ネイビーブルー、光沢ブラックの4色が用意され
各色限定500台が作られました。

ということは、このHELIAR 50mm F3.5 は、500x4 = 2,000本だけ!ということです。

Voigtlander HELIAR 50mm F3.5 (L)
このレアアイテムをレンズ単体で手に入れることができるのは、中古ならではですね。

ライカの ELMAR 50mmF3.5 に似た形ですが、それとは違い絞りのセットは大変操作がしやすくなっています。
外観の特徴である、独特な形状の絞りリングのおかげです。
(黒い点が打ってあるリングの方が動いて、数字は動きません)

Voigtlander HELIAR 50mm F3.5 (L)
Leica IIIf に取付けてみました。いかにもクラシックカメラといった雰囲気です!

また、M/L変換リングを使えば、Mマウントカメラにも使用できます。
Voigtlander HELIAR 50mm F3.5 (L)
これは、M/Lリングを付けて、レンズを沈胴させた状態です。
レンズ最後端からマウント面までの長さは、約14mm。
(スーパーアンギュロンM21mmF4の場合は、約20mmでした。)
ということで、Leica M (Typ240)に装着してみました! 

nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。

沈胴させても大丈夫でした。かなりコンパクトになりますね。

100年前に設計されたレンズをフィルムでもデジタルでも簡単に楽しむことができるなんて夢のようですね!
いったいどんな写りをするんでしょうね?!

希少なレンズですので是非手に入れてください!




このHELIAR 50mm F3.5には、いくつかバリエーションがあります。

ひとつは、ニッケルメッキを施したモデルで、BESSA誕生10周年を記念して、2009年に600本限定生産されたものです。
ブラックペイントのフードとニッケルメッキのM/Lリングが付属していました。

また、2016年には、固定鏡胴でMマウントになったHELIAR 50mm F3.5 Vintage Line VMが登場しました。
こちらは現行品ですので新品が購入できます。

そして、あまり知られていませんが、2005年にアメリカのニコン愛好家の団体「NHS」向けに500セットのみ作られた
BESSA R2S NHS Specialのレンズとして固定鏡胴のHELIAR 50mm F3.5が用意されました。
これはNikon Sマウントレンズでレンズ自体にはヘリコイドが無いものです。
ボディとレンズのセットで販売されたものですが、中古ならレンズのみの入荷もありますよ。








↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓






〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年04月23日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む
【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]