Select Language



【FUJIFILM】デジタルカメラ最新機種イベント その1

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2017年02月07日 13時36分]



FUJIFILM デジタルカメラ最新機種イベント

先日、全国各地で開催されている「FUJIFILMデジタルカメラ最新機種イベント」の販売店向け展示会が開催されました。
まもなく開催する「CP+2017」の目玉商品になること間違いなしの新製品を一足先に紹介させていただきます。

FUJIFILM GFX 50S


数ある新製品の中でも注目は、5140万画素を誇る中判デジタルミラーレスカメラ『FUJIFILM GFX 50S』です。
まずは展示会レポート第1弾として『FUJIFILM GFX 50S』をご覧いただきましょう。

FUJIFILM GFX 50Sとレンズ3本

ボディの発売に合わせて発売される3本のレンズをそれぞれ装着したGFXがお出迎え。
中判カメラが3台並ぶ姿は圧巻です。
左から単焦点レンズの「GF63mmF2.8 R WR」、
広角から標準域をカバーするズームレンズの「GF32-64mm F4 R LM WR」、
95mm相当のマクロレンズ「GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」です。
まだ試作機とのことで撮影データは頂けませんでしたが、側に置かれていたカタログを見てビックリ!
120mmマクロにおいては、MTF曲線が真横に伸びる一直線。MTF直線、初めて見ました。
物凄い画を披露してくれることでしょう。

ファインダーのカスタマイズも嬉しい機能です。
脱着してよりコンパクトにしたり、EVFチルトアダプター「EVF-TL1」を介しウエストレベルにしたりと、
スタイルに合わせて自由に変更できます。
またこのファインダーがとにかく綺麗。倍率0.85倍、視野率100%のファインダーは約369万ドットの高精細。
X-T2のファインダーが約236万ドットですから数値からだけでもその凄さがお分かりいただけると思います。
ほぼガラスと言っていいほどクリアーになったファインダーは、一眼レフ派の方にも試していただきたい高精細な画像です。


FUJIFILM GFX 50S液晶モニター

ファインダー同様、液晶モニターも高精細で高機能です。
3.2型のモニターは3方向にチルトするほか、タッチ操作も可能でとても便利です。
撮影画像の拡大縮小も自由自在。拡大しても劣化しない表示からも本カメラの解像度の高さが分かります。
カウンターに置かれていた造花を試写したのですが、造花の布の質感もはっきり見えてしまい、
見えすぎて困るといったケースも生まれそうです。


FUJIFILM GFX 50S X-T2との大きさ比較

中判カメラと聞いてかなり大きいサイズを想像していましたが、X-T2と比較してもご覧のとおり。
センサーサイズの大きさに対して、このボディサイズは驚き以外ありません。


FUJIFILM GFX 50S 大きさ比較

縦位置バッテリーグリップ「VG-GFX1」を装着しても、フルサイズ一眼レフと同等の大きさ。重さも約1200gで大差ありません。


FUJIFILM GFX 50S 大きさ比較

真上からの比較では、液晶モニター部に少し厚みを感じますが、
グリップの大きさも似ており、フルサイズ機と同等の感覚で使用できるサイズ感です。


FUJIFILM GFX 50Sフル装備

縦位置グリップにチルトファインダーとオプションフル装備の姿はメカメカしく格好よく見えます。
少し見えづらい位置になってしまいましたが、縦位置バッテリーグリップの背面にも、
横位置撮影と同等の感覚で撮影できる各種ボタンが用意されており、アングルの自由さは相当に高い様に感じます。


FUJIFILM GFX 50S撮影スタイル

フル装備でも撮影スタイルはとてもスマート。デザインも含めてよくできているカメラと感じました。
気になる画質はぜひフォトプレビュー"Kasyapa"をご覧ください。










Xシリーズの新製品は「デジタルカメラ最新機種イベント その2」をご覧ください。




〓〓新製品〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2017年02月07日 13時36分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む
【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]