Select Language



【FUJIFILM】デジタルカメラ最新機種イベント その1

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2017年02月07日 13時36分]



FUJIFILM デジタルカメラ最新機種イベント

先日、全国各地で開催されている「FUJIFILMデジタルカメラ最新機種イベント」の販売店向け展示会が開催されました。
まもなく開催する「CP+2017」の目玉商品になること間違いなしの新製品を一足先に紹介させていただきます。

FUJIFILM GFX 50S


数ある新製品の中でも注目は、5140万画素を誇る中判デジタルミラーレスカメラ『FUJIFILM GFX 50S』です。
まずは展示会レポート第1弾として『FUJIFILM GFX 50S』をご覧いただきましょう。

FUJIFILM GFX 50Sとレンズ3本

ボディの発売に合わせて発売される3本のレンズをそれぞれ装着したGFXがお出迎え。
中判カメラが3台並ぶ姿は圧巻です。
左から単焦点レンズの「GF63mmF2.8 R WR」、
広角から標準域をカバーするズームレンズの「GF32-64mm F4 R LM WR」、
95mm相当のマクロレンズ「GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」です。
まだ試作機とのことで撮影データは頂けませんでしたが、側に置かれていたカタログを見てビックリ!
120mmマクロにおいては、MTF曲線が真横に伸びる一直線。MTF直線、初めて見ました。
物凄い画を披露してくれることでしょう。

ファインダーのカスタマイズも嬉しい機能です。
脱着してよりコンパクトにしたり、EVFチルトアダプター「EVF-TL1」を介しウエストレベルにしたりと、
スタイルに合わせて自由に変更できます。
またこのファインダーがとにかく綺麗。倍率0.85倍、視野率100%のファインダーは約369万ドットの高精細。
X-T2のファインダーが約236万ドットですから数値からだけでもその凄さがお分かりいただけると思います。
ほぼガラスと言っていいほどクリアーになったファインダーは、一眼レフ派の方にも試していただきたい高精細な画像です。


FUJIFILM GFX 50S液晶モニター

ファインダー同様、液晶モニターも高精細で高機能です。
3.2型のモニターは3方向にチルトするほか、タッチ操作も可能でとても便利です。
撮影画像の拡大縮小も自由自在。拡大しても劣化しない表示からも本カメラの解像度の高さが分かります。
カウンターに置かれていた造花を試写したのですが、造花の布の質感もはっきり見えてしまい、
見えすぎて困るといったケースも生まれそうです。


FUJIFILM GFX 50S X-T2との大きさ比較

中判カメラと聞いてかなり大きいサイズを想像していましたが、X-T2と比較してもご覧のとおり。
センサーサイズの大きさに対して、このボディサイズは驚き以外ありません。


FUJIFILM GFX 50S 大きさ比較

縦位置バッテリーグリップ「VG-GFX1」を装着しても、フルサイズ一眼レフと同等の大きさ。重さも約1200gで大差ありません。


FUJIFILM GFX 50S 大きさ比較

真上からの比較では、液晶モニター部に少し厚みを感じますが、
グリップの大きさも似ており、フルサイズ機と同等の感覚で使用できるサイズ感です。


FUJIFILM GFX 50Sフル装備

縦位置グリップにチルトファインダーとオプションフル装備の姿はメカメカしく格好よく見えます。
少し見えづらい位置になってしまいましたが、縦位置バッテリーグリップの背面にも、
横位置撮影と同等の感覚で撮影できる各種ボタンが用意されており、アングルの自由さは相当に高い様に感じます。


FUJIFILM GFX 50S撮影スタイル

フル装備でも撮影スタイルはとてもスマート。デザインも含めてよくできているカメラと感じました。
気になる画質はぜひフォトプレビュー"Kasyapa"をご覧ください。










Xシリーズの新製品は「デジタルカメラ最新機種イベント その2」をご覧ください。




〓〓新製品〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2017年02月07日 13時36分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【FUJIFILM】雨色景色 2018年05月26日
GWも終わりいよいよ本番。 そうです。梅雨です。 ジメジメ、ムシムシ、洗濯物は乾かなくて大変な季節。 そんな時だからこそ気分転換に写真を撮りに行きましょう! と言ってもカメラが濡れてしまうのは気がひける。と言う方に今回は室内でも撮れる雨色景色のご紹介となります。 今回、撮影を行った機材はFUJIFILM X100F。 X100Fは筆者が今1番欲しいカメラですが試用したことでより購入意欲が湧いてしまいました。 今回の雨色景色は仕事帰りです。 帰り際に雨だった為、ちょ...
続きを読む
【FUJIFILM】大藤に魅せられて 【FUJIFILM】大藤に魅せられて 2018年05月09日
大藤で有名なあしかがフラワーパークへ XF10-24㎜とXF35㎜ F1.4を携え新機種X-H1と共に 壮大な藤棚を思うままに撮影してみました。 藤は古くから女性に例えられ、優雅に垂れる花房は振袖姿を思わせたそうです。 その印象に違わず、陽気の下で優しく揺れる藤の花房は和の風情を感じさせます。 約1mの花房が垂れ下がって埋め尽くす様は壮観です。 少し汗ばむ陽気のこの日 XF35㎜ F1.4のレンズで撮った画像には 藤の花房の向こう側に夏の訪れを感じる事が出来ました。 ラ...
続きを読む
null 【FUJIFILM】4月の今、桜を求めて 2018年04月27日
みなさま、今年の桜は楽しめましたでしょうか。 東京の桜はすっかりピークを終えていますが、 日本気象協会によれば青森では満開、北海道函館市では4月25日に開花が確認できたそうです。 東北、北海道で見ごろを迎えようとしているこの時期、東京では奥多摩まで足を運べば山に咲く桜を楽しむことができます。 今回は奥多摩の大岳山へ行ったときの写真をご紹介いたします。 大岳山は日本二百名山に数えられており、都内からのアクセスが良く都内であれば十分日帰りで楽しむことができます。 大岳...
続きを読む
【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 2018年04月11日
今まで多くのスナップシューターを魅了したFUJIFILM X100シリーズ。 その4世代目として成熟したX100Fは更に磨きをかけ、 フィルムシミュレーションACROSを搭載。 「カラーもモノクロも、これ1台」と言って良いほど。 本来は35mm判換算で35mm相当のレンズが付いているX100Fですが、 今回はワイドコンバージョンレンズWCL-X100 IIを装着。 35mm判換算28mm相当で撮影しています。 フィルムシミュレーションは勿論ACROS、 更にモノクロ撮影には欠かせないイエローフィルターを加えて ACROS+Yモー...
続きを読む
【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 2018年04月07日
赤外撮影というと、何やら特殊な機材を用いた撮影方法のように思えますが、今のデジタルカメラでは専用フィルター1枚で気軽に楽しむことができます。 ブログの写真は『FUJIFILM X100F』にデジタルカメラ用の赤外撮影フィルター『Kenko PRO 1D R72 フィルター』を装着して撮影をしたものです。デジタルカメラ内部のセンサーには赤外線除去フィルターが付いていますが僅かながら赤外線を感光することができます。(使用するカメラの機種によって、赤外の感光特性が異なりま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]