【FUJIFILM】デジタルカメラ最新機種イベント その1 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





FUJIFILM デジタルカメラ最新機種イベント

先日、全国各地で開催されている「FUJIFILMデジタルカメラ最新機種イベント」の販売店向け展示会が開催されました。
まもなく開催する「CP+2017」の目玉商品になること間違いなしの新製品を一足先に紹介させていただきます。

FUJIFILM GFX 50S


数ある新製品の中でも注目は、5140万画素を誇る中判デジタルミラーレスカメラ『FUJIFILM GFX 50S』です。
まずは展示会レポート第1弾として『FUJIFILM GFX 50S』をご覧いただきましょう。

FUJIFILM GFX 50Sとレンズ3本

ボディの発売に合わせて発売される3本のレンズをそれぞれ装着したGFXがお出迎え。
中判カメラが3台並ぶ姿は圧巻です。
左から単焦点レンズの「GF63mmF2.8 R WR」、
広角から標準域をカバーするズームレンズの「GF32-64mm F4 R LM WR」、
95mm相当のマクロレンズ「GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」です。
まだ試作機とのことで撮影データは頂けませんでしたが、側に置かれていたカタログを見てビックリ!
120mmマクロにおいては、MTF曲線が真横に伸びる一直線。MTF直線、初めて見ました。
物凄い画を披露してくれることでしょう。

ファインダーのカスタマイズも嬉しい機能です。
脱着してよりコンパクトにしたり、EVFチルトアダプター「EVF-TL1」を介しウエストレベルにしたりと、
スタイルに合わせて自由に変更できます。
またこのファインダーがとにかく綺麗。倍率0.85倍、視野率100%のファインダーは約369万ドットの高精細。
X-T2のファインダーが約236万ドットですから数値からだけでもその凄さがお分かりいただけると思います。
ほぼガラスと言っていいほどクリアーになったファインダーは、一眼レフ派の方にも試していただきたい高精細な画像です。


FUJIFILM GFX 50S液晶モニター

ファインダー同様、液晶モニターも高精細で高機能です。
3.2型のモニターは3方向にチルトするほか、タッチ操作も可能でとても便利です。
撮影画像の拡大縮小も自由自在。拡大しても劣化しない表示からも本カメラの解像度の高さが分かります。
カウンターに置かれていた造花を試写したのですが、造花の布の質感もはっきり見えてしまい、
見えすぎて困るといったケースも生まれそうです。


FUJIFILM GFX 50S X-T2との大きさ比較

中判カメラと聞いてかなり大きいサイズを想像していましたが、X-T2と比較してもご覧のとおり。
センサーサイズの大きさに対して、このボディサイズは驚き以外ありません。


FUJIFILM GFX 50S 大きさ比較

縦位置バッテリーグリップ「VG-GFX1」を装着しても、フルサイズ一眼レフと同等の大きさ。重さも約1200gで大差ありません。


FUJIFILM GFX 50S 大きさ比較

真上からの比較では、液晶モニター部に少し厚みを感じますが、
グリップの大きさも似ており、フルサイズ機と同等の感覚で使用できるサイズ感です。


FUJIFILM GFX 50Sフル装備

縦位置グリップにチルトファインダーとオプションフル装備の姿はメカメカしく格好よく見えます。
少し見えづらい位置になってしまいましたが、縦位置バッテリーグリップの背面にも、
横位置撮影と同等の感覚で撮影できる各種ボタンが用意されており、アングルの自由さは相当に高い様に感じます。


FUJIFILM GFX 50S撮影スタイル

フル装備でも撮影スタイルはとてもスマート。デザインも含めてよくできているカメラと感じました。
気になる画質はぜひフォトプレビュー"Kasyapa"をご覧ください。










Xシリーズの新製品は「デジタルカメラ最新機種イベント その2」をご覧ください。




〓〓新製品〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:02月07日 13時36分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【はじまる410】はじめての『カフェ』でテーブルフォト 【はじまる410】はじめての『カフェ』でテーブルフォト 2017年12月06日
【□はじ○まる△410☆】×『テーブルフォト』  はじめての写真。はじめてのカメラ。はじめてのレンズ。 はじめての場所。はじめて過ごした時間。 そんなはじめてを大切に、はじめました『はじまる410(フォト)』 お気に入りの小物などの被写体を、 テーブルをつかって撮る写真を「テーブルフォト」といいます。 撮影ポイントをおさえて、テーブルフォト撮影に挑戦! マクロレンズでテーブルフォトしましょう。 『カフェでテーブルフォト』 さあ、カフェに LET'S GO...
続きを読む
【はじまる410】はじめての『SHOWA KINEN PARK』で秋フォト 【はじまる410】はじめての『SHOWA KINEN PARK』で秋フォト 2017年11月21日
【□はじ○まる△410☆】×『美しい秋フォト』  はじめての写真。はじめてのカメラ。はじめてのレンズ。 はじめての場所。はじめて過ごした時間。 そんなはじめてを大切に、はじめました『はじまる410(フォト)』 秋もぐっと深まる季節、豊かな自然に四季折々の季節を感じることができる日本! そんな自然が目を楽しませてくれる紅葉の季節がやってきました。 さあ、『美しい秋フォト』しましょう。 『SHOWA KINEN PARK』 行ってきました国営昭和記念公園! 駅...
続きを読む
【FUJIFILM】レトロなX-A3 ~ 私のピッタリカメラ ~ 【FUJIFILM】レトロなX-A3 ~ 私のピッタリカメラ ~ 2017年10月24日
【レトロなXstyle X-A3】 FUJIFILM X-A3・・・私にピッタリのカメラと出会えました。 選んだ最初の理由は見た目! かわいいレトロなフィルムカメラのようなボディに一目ぼれでした。 他、機能もたくさん便利なものがあり、 背面液晶のタッチパネルは、もうこれじゃないと私はダメです。 タッチするだけでAFできて、撮ってすぐにピンチアウトで拡大して簡単に確認できるのです。 せっかちな私にとって連打操作しなくてよいのは本当にストレスフリーで嬉しい機能です...
続きを読む
【FUJIFILM】シリーズ最小、最軽量のX-E3本日発売! 【FUJIFILM】シリーズ最小、最軽量のX-E3本日発売! 2017年09月28日
FUJIFILMから新しいXシリーズが誕生! 高画質、小型軽量な「X-E3」本日発売!! 2430万画素APS-Cサイズ「X-TransTM CMOS III」センサーや 高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」など、 Xシリーズ最高の画質を生み出すX-E3ですが、 何と言ってもポイントは「小型、軽量」 X-Pro2と同等の画質を持ち、前機種のみならず全機種の中で最小最軽量のX-E3! 小型のレンズも豊富なXシリーズですので、 毎日お気に入りのレンズを付け替え、ファッション感覚で楽しむ事もできます! ...
続きを読む
【FUJIFILM】シンプルなXstyle X-E3先行展示実施中! 【FUJIFILM】シンプルなXstyle X-E3先行展示実施中! 2017年09月21日
『シンプルなXstyle X-E3』先行展示中!! ただいまマップカメラでは、FUJIFILM X-E3の発売に先駆けて先行展示を行っております。 実際にお手にとって、その魅力を感じていただきたいシンプルで美しいカメラです。 そこで『おすすめポイント』としまして、『シンプルなXstyle X-E3』の魅力をお伝えいたします。 『ポイント 1』シンプルデザイン 必要な機能性能を極限まで研ぎ澄まし、本質だけを形にしたデザイン。 追求したのは、シンプルで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]