【PENTAX】クラシカルな外観デザインを採用したプレミアムスモール一眼レフカメラ“KP”外観プレビュー » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




ペンタックスから新たに発売をされた“KP”と名付けられた新カメラ。
今までにないような型番であるため、どんなポジショニングのカメラなのだろう?と気になる方も多いはず。

■PENTAX KP ブラック&シルバー
PENTAX KP ブラック&シルバー

カメラとしてのスペックについては、APS-Cフォーマットの最上位モデルK-3 IIと同世代のデバイスを用いた高性能。

ペンタックスならではの凝縮感のあるボディサイズに、独自機能を詰め込んだ様相はまさに“全部入り”。
プレミアムスモール一眼レフカメラとして人気を博した“K-5”シリーズ等を思い起こさせてくれます。

さらに外観デザインにクラシカルなエッセンスを取り入れつつ、同社フルサイズ一眼レフカメラの“K−1”のような
先鋭感のある軍艦部のデザインは、小型・軽量かつアルミ削りだしの鏡筒デザインが目を引く
“HD DA Limited”レンズなどがとてもよく似合います。

カメラ本体カラーもブラック・シルバーが用意され、シルバーカラーは従来では
“Limited Silver Edition”として限定生産されていた高品位な仕上げとなっております。

■薄型パンケーキレンズHD DA21mm F3.2AL Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー

PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー

■グリップ部の大幅な薄型化を実現
PENTAX KPシルバートップカバー
従来通りの視野率100%のファインダー、Kマウント由来のフランジバックを確保したミラーボックスが
大きく感じてしまうほどにグリップ部は大幅な薄型を実現。
本体同梱のグリップSを装着した状態では、往年のフィルム一眼レフのような握り心地と軽快さを実現しています。

露出のツインダイヤル操作については、思い切って前面ダイヤルの配置を変更。
薄型化を果たした上で非常に操作性も良くなっています。

クラシカルデザインで人気のミラーレス一眼のように専用の露出補正ダイヤルを配置しなかった点も、
Kマウント伝統のハイパー操作を踏襲していることを考えるととても納得が得られるように思えます。



ティルト可動式の背面液晶モニターを採用
PENTAX KP シルバー ティルト液晶
ティルト可動式の液晶モニターを採用。アウトドアモニター機能を
スマートファンクションダイヤルに割り振ることで、撮影場所に適した液晶表示に即時切り替えも可能です。



広角単焦点レンズHD DA15mm F4 ED AL Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA15mm F4 ED AL Limited シルバー


短いワーキングディスタンスで汎用性の高いマクロレンズHD DA35mm F2.8 Macro Limitedを装着
PENTAX KP + HD DA35mm F2.8 Macro Limited シルバー
繰り出し式の少し深めのレンズフードですが、カメラとのデザインの調和が感じられます。



ブラックカラーのレンズも似合います
PENTAX KP シルバー +  FA31mm F1.8 AL Limited ブラック
( FA31mm F1.8 AL Limited ブラックを装着)

PENTAX KP シルバー + DA15mm F4 ED AL Limited ブラック
(HD DA15mm F4 ED AL Limited ブラックを装着)

カメラとレンズの組み合わせで見た目上のアクセントを求める際には、様々な選択肢があります。


ブラックカラーモデルも精悍な顔つきで悩ませる
PENTAX KP + FA31mm F1.8 AL Limited ブラック


ブラックボディにシルバーレンズも魅力的です
PENTAX KP + HD DA21mm F3.2AL Limited シルバー
(HD DA21mm F3.2AL Limited シルバーを装着)


今回のモデルはご自身でサイズ交換可能なグリップとなりました

グリップを外した状態はこちら。
PENTAX KP グリップOFF


カメラのグリップ部は取り外し式、3種類から選べます。(M・Lサイズ別売)
PENTAX KP グリップS・M・L
レンズや手の大きさ、握りに合わせて選べます。


PENTAX KP グリップS・M・L 裏面
各グリップに取り替えて握ってみても、その剛性感に驚きました。
それもそのはず、この金属フレームでの裏打ちのおかげですね。



別売グリップMの装着時のイメージ
PENTAX KP グリップM 装着

PENTAX KP グリップM 装着

恐らく普段使いにはMサイズが一番丁度良いのではないでしょうか。
こちらはカメラと一緒にぜひお買い求め頂くことをお勧めします。



別売グリップLの装着時のイメージ
PENTAX KP グリップL 装着

PENTAX KP グリップL 装着


長めの望遠レンズなど、重量級レンズを使う際、お手の大きな方にはLがお勧め。



《ご注目!》

カメラのデザインとうまく融合しつつ、操作性とホールディング性を向上させてくれる
“バッテリーグリップ D-BG7”をお買い上げ頂くと、グリップLが同梱されております!
Lサイズをご検討の方はバッテリーグリップとしてのご購入がお得です!


■中々かっこ良いカメラに仕上がっています

PENTAX KP シルバー レンズ

PENTAX KP スタイルイメージ

マイクロフォーサーズ機なども20万クラスのカメラが出揃っていく中で、
ミドルクラスの光学ファインダー付きAPS-Cデジタル一眼レフカメラが
12万円代で新発売とは絶対にお得な製品です。

お得なだけでなく、ペンタックスならではの魅力がたくさん詰まった
“KP”

店頭にデモ機も用意しておりますので、
是非、マップカメラへご来店下さい!



〓〓新製品〓〓

[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:02月10日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]