【Leica】R51 Vol.6 Summilux R80mm » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Leica】R51 Vol.6 Summilux R80mm

[ Category:Leica|掲載日時:2017年03月09日 10時30分]




SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200

今回は衝撃の事実を皆様にお伝えしなくてはなりません。
前回までR51の由来をRレンズの種類が51ある為、とお伝えして参りました。
実はこの51というのはLeica SLカタログに記載されている数字でした。
しかし現在発行されているカタログを確認したところ、
なんと64種と、数字が増えていました!!!
恐らく今後も細かなバリエーション違いに対応し、更に数を増やすことでしょう・・・。
しかし、今後も本ブログはR51という名のまま、皆様にRレンズの魅力の一端でも伝えられるよう、微力を尽くして参ります。

Vol.6はズミルックス R80mm F1.4をご紹介いたします。


ではご覧下さい。

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
西に傾いた日の影響もあるとは思いますが、開放での描写は思っていた以上にソフトです。


SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F2.8 1/100秒 ISO200
先程の写真よりは日差しも落ち着いているシーンです。
F2.8まで絞ることで、解像感がグッと上がっています。


SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
被写体だけを浮かび上がらせるような写真は
こういった中望遠単焦点レンズの魅力ですよね!

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
色収差が少し気になりますが、開放でも花の色が美しく表現されています。

早いもので、もう桜の時期が近付いていますが梅を。
梅ってとてもいい香りがしますよね。個人的には桜より梅の方が好きです。

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
顔の真ん中と横で明暗差が大きく、カメラマン泣かせの牛さんです。
どことなく憂いを秘めた表情に見えるので、これはこれで良しとしましょう。

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
奥行が感じられる一枚です。

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
明るいレンズを持っているとつい夜の街頭を撮りたくなるのは何故でしょう。
同じ開放でもシチュエーションによって様々なようで、
こちらはしっかりと写っています。

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
開放ではふんわりとした、
絞ることで解像感がありながらも現代のレンズにはない優しい描写で、女性を撮ったら綺麗に撮れそうだな…。
と思わせるレンズですが、残念ながらモデルがいませんでした。

中望遠レンズの中でもあまり見かけない80mmのレンズですが、
これ1本で出かけても不便さを感じない絶妙な画角でした。

ではまた次号でお会いしましょう。








今回使用したマウントアダプターはこちらです!




今回紹介したレンズ以外にもRレンズがございます!
こちらをご覧下さい!



中古商品は一期一会!
大好評の超低金利ショッピングクレジットもご利用いただけます!
出会ったその場でお申込可能です!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年03月09日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

遠くへ行きたい その2 遠くへ行きたい その2 2018年04月15日
皆様こんにちは 3月のとある週末、韓国へ弾丸旅行に行った旅行記の続きです。 (前回はこちらから) 韓国第2の都市、釜山のマチュピチュとよばれる、甘川文化村(カムチョン ムナマウル)から市街地へと戻ってきた我々が 次に向かったのはこちら。 こちらは龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)、 市民の憩いの場であると同時に、釜山のシンボルである「釜山タワー」があることから、1年中多くの人々で賑わっています。 手前の大きな銅像は、1590年代の豊臣秀吉率いる当時の日本の戦国武将...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 2018年04月14日
皆様こんにちは! 今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。 この日はタンバール M90mm F2.2とノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。 撮影していてすごく楽しい1日でした! 私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって) 夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。 まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。 上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバ...
続きを読む
null 遠くへ行きたい その1 2018年04月06日
3月のとある金曜日、 1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル 羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。 税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080- 私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。 あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ 季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。 ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、 仁川と金浦の関係性は、...
続きを読む
【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 2018年04月02日
皆様こんにちは! その昔、「タンバール」というレンズがあったのをご存知でしょうか? 1934~40年までの6年間でわずか3500本ほどしか生産されなかったLeica唯一の「ソフトフォーカスレンズ」です。 レンズの収差の1つである「球面収差」を利用したレンズであり ソフトフォーカスのその名の通り、独特のにじみを伴った描写が特徴です。 朝日新聞社の写真賞の名前にもなっている写真家の木村伊兵衛が愛用していたことでも有名です。 さて、そんな世にも珍しい「タンバール」が昨年末にライカMマウ...
続きを読む
null 気の向くままに 2018年03月31日
最近はすっかり春らしくなりました。 花粉が猛威を振るっていることを除けば、家でじっとしているのが 少しもったいなく感じるくらいです。 皆さんは外に出掛ける時は、予定をちゃんと組んでからでしょうか? 筆者は、家族や友人と一緒じゃない限りその日の気分で決める事が多いです。 ふらふらっと出かけて、気になった物をひたすら写真に収める そんな休日が多いです。 ズミルックス35mm2ndが最近のパートナーです。 癖玉として愛好家に有名なこの1本。 上の写真は解放で撮影しました。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]