Select Language



【Leica】R51 Vol.6 Summilux R80mm

[ Category:Leica|掲載日時:2017年03月09日 10時30分]




SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200

今回は衝撃の事実を皆様にお伝えしなくてはなりません。
前回までR51の由来をRレンズの種類が51ある為、とお伝えして参りました。
実はこの51というのはLeica SLカタログに記載されている数字でした。
しかし現在発行されているカタログを確認したところ、
なんと64種と、数字が増えていました!!!
恐らく今後も細かなバリエーション違いに対応し、更に数を増やすことでしょう・・・。
しかし、今後も本ブログはR51という名のまま、皆様にRレンズの魅力の一端でも伝えられるよう、微力を尽くして参ります。

Vol.6はズミルックス R80mm F1.4をご紹介いたします。


ではご覧下さい。

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
西に傾いた日の影響もあるとは思いますが、開放での描写は思っていた以上にソフトです。


SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F2.8 1/100秒 ISO200
先程の写真よりは日差しも落ち着いているシーンです。
F2.8まで絞ることで、解像感がグッと上がっています。


SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
被写体だけを浮かび上がらせるような写真は
こういった中望遠単焦点レンズの魅力ですよね!

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
色収差が少し気になりますが、開放でも花の色が美しく表現されています。

早いもので、もう桜の時期が近付いていますが梅を。
梅ってとてもいい香りがしますよね。個人的には桜より梅の方が好きです。

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
顔の真ん中と横で明暗差が大きく、カメラマン泣かせの牛さんです。
どことなく憂いを秘めた表情に見えるので、これはこれで良しとしましょう。

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
奥行が感じられる一枚です。

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
明るいレンズを持っているとつい夜の街頭を撮りたくなるのは何故でしょう。
同じ開放でもシチュエーションによって様々なようで、
こちらはしっかりと写っています。

SONY a7 + Leica R80mm F1.4
F1.4 1/100秒 ISO200
開放ではふんわりとした、
絞ることで解像感がありながらも現代のレンズにはない優しい描写で、女性を撮ったら綺麗に撮れそうだな…。
と思わせるレンズですが、残念ながらモデルがいませんでした。

中望遠レンズの中でもあまり見かけない80mmのレンズですが、
これ1本で出かけても不便さを感じない絶妙な画角でした。

ではまた次号でお会いしましょう。








今回使用したマウントアダプターはこちらです!




今回紹介したレンズ以外にもRレンズがございます!
こちらをご覧下さい!



中古商品は一期一会!
大好評の超低金利ショッピングクレジットもご利用いただけます!
出会ったその場でお申込可能です!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年03月09日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Qと旅する 【Leica】Qと旅する~台湾編~ 2018年06月19日
今回Qと共に訪れたのは、台湾! まずは仕事終わりに羽田に集合! 一晩明かし、早朝の便で旅立ちます。 人生初海外ということもあり、ドキドキワクワクの中上陸しました! 暑いというのは調べていましたが、正直甘かったです。 サウナと言っても過言ではない次元でした。 ではまずは水分補給をしましょう。 Monster改め魔爪です。 日本のものに較べると味や香りが薄く、癖がない印象でした。 こちらは日本では見かけないチュッパチャップスのジュース お茶が激甘だったりと、甘...
続きを読む
【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.1 【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.1 2018年06月05日
皆様こんにちは! 今までに2回ほど撮らせてもらっている知り合いのバンドのライブがあったので 久しぶりに観に&撮りに行ってきました。 彼女たちの今までのライブ風景はコチラ! 今まではPENTAX K-1で撮っていたのですが、今回はLeica SL(Typ601)にて。 ライブハウスの激しい照明の明滅や基本的に薄暗い環境などでEVFはどう見えるのか… 撮影前はちょっと不安があったのが本音です。ひとまず写真を載せていきます。 ステージの全体写真以外は全て「アポズミクロン M90mm F2 ASPH」を使ってい...
続きを読む
【Leica】ライカの傘 【Leica】ライカの傘 2018年06月03日
本日はライカから出ている『とある商品』をご紹介します。 ライカといえば知っての通り、カメラの中でも一歩上をいくメーカーであり、ともすればなかなか手を伸ばし辛いイメージがありますがこちらは違います。何しろ傘です。ライカアンブレラというライカから発売されている傘なのです。 グレイカラーにライカバッジをあしらったデザインが印象的。 また親骨の長さが77cmの大型で開いてみれば大人二人くらいは余裕で入れそうなサイズで、内部の骨組みもしっかりと作られています。 価格に関し...
続きを読む
【Leica】フィルムカメラ大量入荷致しました! 【Leica】フィルムカメラ大量入荷致しました! 2018年05月30日
皆様こんにちは! 例年よりだいぶ早いですが、関東も雨の日が徐々に増え、そろそろ梅雨入りでしょうか… マップカメラではしばらく品薄だった「Leica M型フィルムカメラ」が沢山入荷致しました! 我々スタッフも待ちに待った、といったところです。 今回は沢山入荷したM型フィルムカメラから幾つかPick upしてお届けします! まずは往年の名機として名を馳せる「Leica M3」にメガネ付きレンズを装着! M3はカメラ内に50/90/135mmの3種類のブライトフレームを内蔵しており ファインダー倍率がM...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]