Sony α99II インタビュー【Part 3】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

ご説明を受けた限りではとても万能で死角のないAFシステムであると感じます。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

はい、従来のシステムに比べ、不規則な動きをする被写体や、速度変化の激しい被写体などに対する追従性は向上しています。これは専用位相差AFが常時測距をしている「トランスルーセントミラー・テクノロジー」による恩恵もありますが、そこに面方向においても圧倒的な情報量を兼ね備えたAFシステムは、現状では一眼レフ・ミラーレスのどちらにも存在しない、唯一無二のシステムだと思います。

そして、これらのAFシステムを使うと、一眼レフカメラでは難しい場面でも撮影が出来ます。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

例えばどういったものでしょう?



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

従来からある「顔認識」も、電子ビューファインダーで使用すると効果が分かりやすく使いやすい、という声は頂いておりますが、「瞳 AF」は搭載以来、非常に高い評価を頂いています。特にフォーカスにシビアな撮影をされるフルサイズの一眼を使われているお客様からも、高い評価を頂いております。

“α99II”では、専用位相差AFセンサーの高い追従性と、像面位相差AFセンサーの緻密な情報量により、開放F値の大きな単焦点レンズで、被写体が動いているようなシーンでもしっかりと瞳にフォーカスを合わせ続けることが出来ます。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

あー! ソニーの「瞳AF」はやばいですね。ミラーレス一眼での組み合わせですが “α7R II + FE 85mm F1.4 GM”の開放F1.4 の浅い被写界深度で、動く女性の瞳をしっかりと追従し続けてました。しかも手前の瞳を指定することもでき、理想的なポートレートのピント合わせがいつでも決まるという。

あの「瞳AF」がαのAマウントシステムで利用できるとなると凄いですね。ですが、もともと通常の位相差AF向けの制御アルゴリズムで動いていたであろうAマウントレンズ群は、精度の面でステッピングモーターや、リニアモーター駆動など、ピントの送り幅を微細にコントロールできるEマウントレンズと比較して、追従性はいかがなものなのでしょうか。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

確かに最新のAマウントのラインナップの中でも最新のレンズ(II型ズームなど)のほうが追従性は向上しております。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

例えばAマウント、というだけで遡ればボディ内AFモーター駆動、つまりAFカプラーで噛ませてギュンギュン動かすタイプのレンズなどもありますが、この辺りだといかがでしょうか。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

たしかにそういった旧来のAF駆動方式は制御自体が大味に感じてしまいますが、“動いている感”が強いだけで、実際にはピントを外しているわけではないです。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

なるほど、確かに“動いている感”ですね。(笑)
レリーズのタイミングでは最適なピント位置をキープしてくれているわけですね。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

ここで、ソニーの“α99II”をお借りして、顔認識と瞳AFを試してみました。




⇒Youtubeで再生する


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

(実際に試した動画を見て)、50mmとは言え、絞り開放のバストアップショットでフォーカス精度がばっちり出ているのは凄いですね。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

はい。これが像面位相差AFセンサーを併用する「ハイブリッド位相差検出AFシステム」の強みの1つだと思います。

本格的な動きものの撮影は、場を改めなければできませんが(笑)、まずはお客様の皆様が身近にいらっしゃる家族や友人の方などを撮影される時などでも、存分にメリットは感じていただけると思います。

要約しますと、“α99II”の AFシステムの、一眼レフカメラに対するメリットは以下のようになります。


1.像面位相差 AF センサーによる面円方向の圧倒的な密度の高さ

2.ミラーのアップダウンがないトランスルーセントミラー・テクノロジーとの組み合わせで、専用位相差AFセンサーを常時駆動することによる時間軸の情報密度の高さ

3.面方向、時間軸方向の高い情報密度に基づいた動体予測演算を行うため、不規則な動きをす る被写体に対しても精度の高い追従が可能


※2つの異なる位相差AFセンサーを併用することで、動体位置予測演算に必要な位置情報が豊富に得られるため、連写時の被写体の動体 予測精度を高めることができる。また、被写体の動きなどのシーンによって最適なAFアルゴリズム制御が可能。シーン解析された結果、専用AFセンサーの位相差情報か、あるいはセンサー上の像面位相差情報どちらの情報を優先すべきか、解析しながら判断するのAFアルゴリズムとなっている。

 


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

  
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

E マウントの“α7 II シリーズ”、“α6500”では5軸対応の手振れ補正を採用し、静止画・動画撮影ともに非常に優れた補正効果を発揮してくれています。ボディ側の手振れ補正がここまで強力であると、レンズ側が真に“高画質化”のための設計に注力できることも予想できます。

センサーは受光部自体は“α7RII”と同型とおっしゃっていましたが、ちなみに手振れ補正ユニットについても同様でしょうか。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

ミラーボックスのあるなしや、躯体サイズの違いから手振れ補正ユニットは全くの別物です。


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

むしろ“α7RII”のものよりも薄型であるところに驚いて頂けると思います。レンズマウントも異なりますので制御アルゴリズムは最適化されておりますが、“α7IIシリーズ”同様に最高4.5段分の補正効果は同様ですのでご安心ください。



    
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3


[ Category:SONY|掲載日時:02月22日 12時52分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! 2018年01月16日
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。 Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。 こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。 大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。 カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。 ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。 ...
続きを読む
null α7RIIIのピクセルシフトマルチ撮影を"試す" 2018年01月15日
皆さまこんにちは。 先日発売されたばかりの最新機種 α7RIII 既に撮影を楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 本日のテーマは「ピクセルシフトマルチ撮影」です。 Eマウントボディの中ではα7RIIIで初登場した機能となりますが ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御することで イメージセンサーを正確に1ピクセル分ずつずらして計4枚の画像を撮影、合成。 有効約4240万のすべての画素でR・G・B の全色情報を取得し、補間処理をせずに直接合成します。 そこから画像を生成することで偽...
続きを読む
ヘリオス44-2 58mm F2 【ロシア】ヘリオス44-2 58mm F2と歩く 2018年01月14日
今回は、1年とすこし前に購入してからすっかりハマってしまったオールドレンズ 『ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2』をご紹介いたします。 冒頭の写真は、良い被写体があった!と思ってカメラを構えたところ、 ピントを合わせる前の画がとても幻想的だったのでそのままシャッターを切った1枚です。 マニュアルフォーカスレンズの良いところは、 こうした予期せぬ1枚に巡り合えるところにあると私は思っています。 先ほどの1枚のピントを合わせた結果がこちら。 ヘリオス...
続きを読む
RAWデータって大切 愛犬と向き合おう 2018年01月13日
愛犬と向き合おう 焦点距離50mm(35mm判換算75mm),SS 1/125,F4.0,ISO 400 鏡開きも過ぎた今日この頃。 筆者にとっては、本日がお客様への年頭挨拶でございます。 皆様の期待に応えるべく精進してまいりますので、 本年もよろしくお願いいたします。 皆様ご存じのことと思いますが、今年は戌年です。 カメラ好きな方なら脳裏によみがえることでしょう。 「Nikon New FM2/T 戌」がリリースされた、あの戌年です。 24年前のリリースと聞くと、何ともいえない衝撃が走ります。 さて、マップカ...
続きを読む
null 【FUJIFILM】氷瀑を目指す旅 2018年01月12日
雲竜渓谷 栃木県日光市の山奥に位置し、 1月下旬から2月上旬の限られた時期にのみ巨大な氷瀑を見ることができます。 あたり一面氷柱に囲まれた景色は秘境そのもの。 フジフイルム の X-E2 と フジノン XF14mm F2.8 R と共に行ってきました。 朝方早くから登り始めるため、前日の夜遅くに車で東京を出発。 夜明け前に登山口に到着し少しの間車の中で仮眠をとりましたが、尋常ではない寒さです。 それはそうですね、ここは真冬の日光の奥地。 持ってきたものすべてを着込んでも芯から凍える...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]