Sony α99II インタビュー【Part 3】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

ご説明を受けた限りではとても万能で死角のないAFシステムであると感じます。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

はい、従来のシステムに比べ、不規則な動きをする被写体や、速度変化の激しい被写体などに対する追従性は向上しています。これは専用位相差AFが常時測距をしている「トランスルーセントミラー・テクノロジー」による恩恵もありますが、そこに面方向においても圧倒的な情報量を兼ね備えたAFシステムは、現状では一眼レフ・ミラーレスのどちらにも存在しない、唯一無二のシステムだと思います。

そして、これらのAFシステムを使うと、一眼レフカメラでは難しい場面でも撮影が出来ます。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

例えばどういったものでしょう?



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

従来からある「顔認識」も、電子ビューファインダーで使用すると効果が分かりやすく使いやすい、という声は頂いておりますが、「瞳 AF」は搭載以来、非常に高い評価を頂いています。特にフォーカスにシビアな撮影をされるフルサイズの一眼を使われているお客様からも、高い評価を頂いております。

“α99II”では、専用位相差AFセンサーの高い追従性と、像面位相差AFセンサーの緻密な情報量により、開放F値の大きな単焦点レンズで、被写体が動いているようなシーンでもしっかりと瞳にフォーカスを合わせ続けることが出来ます。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

あー! ソニーの「瞳AF」はやばいですね。ミラーレス一眼での組み合わせですが “α7R II + FE 85mm F1.4 GM”の開放F1.4 の浅い被写界深度で、動く女性の瞳をしっかりと追従し続けてました。しかも手前の瞳を指定することもでき、理想的なポートレートのピント合わせがいつでも決まるという。

あの「瞳AF」がαのAマウントシステムで利用できるとなると凄いですね。ですが、もともと通常の位相差AF向けの制御アルゴリズムで動いていたであろうAマウントレンズ群は、精度の面でステッピングモーターや、リニアモーター駆動など、ピントの送り幅を微細にコントロールできるEマウントレンズと比較して、追従性はいかがなものなのでしょうか。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

確かに最新のAマウントのラインナップの中でも最新のレンズ(II型ズームなど)のほうが追従性は向上しております。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

例えばAマウント、というだけで遡ればボディ内AFモーター駆動、つまりAFカプラーで噛ませてギュンギュン動かすタイプのレンズなどもありますが、この辺りだといかがでしょうか。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

たしかにそういった旧来のAF駆動方式は制御自体が大味に感じてしまいますが、“動いている感”が強いだけで、実際にはピントを外しているわけではないです。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

なるほど、確かに“動いている感”ですね。(笑)
レリーズのタイミングでは最適なピント位置をキープしてくれているわけですね。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

ここで、ソニーの“α99II”をお借りして、顔認識と瞳AFを試してみました。




⇒Youtubeで再生する


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

(実際に試した動画を見て)、50mmとは言え、絞り開放のバストアップショットでフォーカス精度がばっちり出ているのは凄いですね。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

はい。これが像面位相差AFセンサーを併用する「ハイブリッド位相差検出AFシステム」の強みの1つだと思います。

本格的な動きものの撮影は、場を改めなければできませんが(笑)、まずはお客様の皆様が身近にいらっしゃる家族や友人の方などを撮影される時などでも、存分にメリットは感じていただけると思います。

要約しますと、“α99II”の AFシステムの、一眼レフカメラに対するメリットは以下のようになります。


1.像面位相差 AF センサーによる面円方向の圧倒的な密度の高さ

2.ミラーのアップダウンがないトランスルーセントミラー・テクノロジーとの組み合わせで、専用位相差AFセンサーを常時駆動することによる時間軸の情報密度の高さ

3.面方向、時間軸方向の高い情報密度に基づいた動体予測演算を行うため、不規則な動きをす る被写体に対しても精度の高い追従が可能


※2つの異なる位相差AFセンサーを併用することで、動体位置予測演算に必要な位置情報が豊富に得られるため、連写時の被写体の動体 予測精度を高めることができる。また、被写体の動きなどのシーンによって最適なAFアルゴリズム制御が可能。シーン解析された結果、専用AFセンサーの位相差情報か、あるいはセンサー上の像面位相差情報どちらの情報を優先すべきか、解析しながら判断するのAFアルゴリズムとなっている。

 


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

  
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

E マウントの“α7 II シリーズ”、“α6500”では5軸対応の手振れ補正を採用し、静止画・動画撮影ともに非常に優れた補正効果を発揮してくれています。ボディ側の手振れ補正がここまで強力であると、レンズ側が真に“高画質化”のための設計に注力できることも予想できます。

センサーは受光部自体は“α7RII”と同型とおっしゃっていましたが、ちなみに手振れ補正ユニットについても同様でしょうか。



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

ミラーボックスのあるなしや、躯体サイズの違いから手振れ補正ユニットは全くの別物です。


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3

むしろ“α7RII”のものよりも薄型であるところに驚いて頂けると思います。レンズマウントも異なりますので制御アルゴリズムは最適化されておりますが、“α7IIシリーズ”同様に最高4.5段分の補正効果は同様ですのでご安心ください。



    
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part3


[ Category:SONY]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SONY】DSC-RX10M4 予約開始! 2017年09月20日
DSC-RX10M4 2017年10月6日発売予定 ~超望遠と世界最速の高速AFが、躍動の瞬間を切り取る~ ・DSC-RX10M3と同じく24-600mm F2.4-4.0(光学25倍)のレンズをを搭載 ワイドから超望遠まで、複数の大口径交換レンズに相当する焦点距離を1台でカバーします。 ・世界最速0.03秒の高速AFと315点像面位相差AFセンサーによる広いAFカバー範囲 撮像エリアの約65%をカバーする範囲に315点の像面位相差AFセンサーを配置することで、 超望遠撮影においても高速で動く被写体の決定的瞬間を逃さず撮影...
続きを読む
null 【Voigtlander】NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount予約開始!! 2017年09月19日
NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 本日よりご予約開始です! フォクトレンダーブランドの中でもF1.5以下の開放F値を持つレンズに与えられる 「NOKTON」の名を持つレンズがEマウント専用に登場いたしました。 「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount」は CP+2017で突如開発発表がされ、更には参考展示も行われましたが 準広角ながらF1.2という極めて明るいレンズの登場に 触りに行かれたお客様も多かったのではないでしょうか。 40mmというと同社以外のレンズではなかなか見かけること...
続きを読む
null 【Voigtlander】MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount実写編 2017年08月28日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズですね。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 そして今回はそのコシナが手掛けた "MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical"の実写編をお届けいたします。 それではどうぞ。 α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E...
続きを読む
null 【SONY】αプレミアムキャンペーンがはじまります!! 2017年08月25日
αプレミアムキャンペーン (↑上記バナーをクリックするとキャンペーン特設サイトにジャンプします) 大変お得なSONYのキッシュバックキャンペーンが、本日8月25日よりスタートいたします! ご購入検討中の皆様は是非この機会に、αのフルサイズボディとプレミアムレンズで新しいフォトライフをお楽しみください!! 今回の対象商品は α7IIシリーズと 一部のFEレンズが対象です。 そしてなんと応募者全員に ボディなら最大¥30,000 レンズなら¥10,000 のキャッシュバック!! キャンペー...
続きを読む
null 【Voigtlander】MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount発売!! 2017年08月10日
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 本日発売です!! 「APO-LANTHAR」と聞くと懐かしく感じられるお客様も多いのではないでしょうか。 元々、Voigtlanderのレンズの中でも"最高の光学性能"を 持つレンズに付けられる「APO-LANTHAR」の銘。 近年ではCosinaがその製造を行っていた 「APO-LANTHAR 90mmF3.5」や 「MACRO APO-LANTHAR 125mmF2.5」など "最高の光学性能"は決して誇張ではなく、その端正な写りから 銘玉として名を馳せていました。 そして「MACRO APO-LANTHAR 6...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]