Sony α99II インタビュー【Part 5】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

外観のデザインについてですが、“α99”のデザインは塊感のある“なで肩系デザイン”で、カブトガニのような堅牢さのあるデザインでした。頭頂部のステレオマイクが目立っていたのもポイントでしたね。今回はまたデザインの意匠が変わったように思いますがどういった経緯があるのでしょうか。


α99初代ステレオマイク

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

一眼レフカメラのデザインは、やはり光軸上に位置する光学ファインダーが大きな特長 になっています。ファインダー部の形状はとても象徴的で、一般的にカメラらしい形として認知 されてはいますが、こと収納性としての弱点もまさにこの出っ張りです。
“α99”は、フルサイズセンサーを搭載カメラに電子ビューファインダーを搭載するにあたり、光学一眼レフのテイストは残しつつも、ファインダー部分の高さを下げ、あらたなプロポーションを模索しました。そして“α99II”は、その考え方を更に進めたデザインとなっています。EVF を採用したことによるファインダー高のスリム化を意識してデザインを進めています。
おっしゃる通り“α99”では一種 の塊感を意識しておりましたが、“α99II”ではさらに内部構 のスリム化によりさらなる小型化をしつつ、このカメラが体現するスピード性能を表現するため、シャープな形を取り入れた今回の形状に落ち着きました。


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5
 
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

メーカーサイトの商品ページを見て「おおっ」と唸ったのが、レリーズボタンの“ストローク”深さの調整サービス(有償)ですね。私、結構ここにはこだわるタイプでして、他社製品の話になり恐縮ですがカメラによっては高速撮影用に“フェザータッチ”的な浅いストロークに変更をして頂いたり、縦位置撮影用のレリーズボタンと通常の横位置レリーズボタンとのストローク、感覚のギャップを埋めるために数万円の調整に出すことも多いです。今では多少妥協していますが、当時は若さでしょうか。(笑)



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

はい、そうした熱心なお客様がレリーズのストロークに拘られることは、弊社の開発としても認識していたようで、“α99II”と、対応する縦位置グリップVG-C77AMのレリーズのストロークを有償で調整するサービスを、3月から開始させていただくこととなっております。

CP+2017のソニーブースでも、“α99II”のレリーズストロークを調整したサンプルを一部展示して、お客様にお試し頂けるように準備しております。流石に会場で調整はできないのですが、サンプルを確かめていただき、3月からのサービス提供開始時にソニーストアαPLAZAにカメラをお持ち込みいただければ、と思います。


α99IIレリーズストローク調整


 


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

“α99II”は、“α99”発売からの4年の間に開発されたデバイスを惜しみなく投入し、今できることを全て最高レベルで出来るように開発された、Aマウントのフラッグシップ機です。

徹底的に無駄を削ぎ落とすことで、従来の一眼レフカメラにおけるフラッグシップたる重厚感や実際に重さなどを感じる方向性とは違った、ソリッドな塊感を感じて頂けると思います。

コニカ・ミノルタから引き継いだ美しいぼけと解像感溢れるレンズと、4240万画素のイメージセンサーが生み出す精細感の共演。そして先進の「ハイブリッド位相差検出AFシステム」による高い動体追従性と精度。そうした要素を、CP+2017ではお客様にお試しいただける環境をご用意いたしました。

これまでαを使用してきてくださったお客様も、α99IIを知ってAマウントに関心を寄せてくださっている方も、是非とも一度手に取り試していただければ、と思います。



 
    
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

[ Category:SONY]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 【ZEISS&Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mmF2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験...
続きを読む
null オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm... 2017年08月16日
オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが カメラグラン...
続きを読む
【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 【夏カメラで夏フォト】防水デジカメ大集合 ~ from FUJIFILM ~ 2017年08月15日
【夏カメラで夏フォト!防水デジカメ大集合】~ from FUJIFILM ~ 夏にピッタリの「防水デジカメ」大集合!! 夏の旅行に最適なカメラといえば防水デジカメです。 海でも山でも、いつでもどこでも誰でも安心して使えるデジカメ! 防水性能に加え、優れた「タフ性能」&「基本性能」+アウトドアを意識したデジカメ! マリンスポーツはもとより、スキーや釣り、 キャンプや登山などといったハードに活躍してくれるデジカメ! サマーレジャーをもっと楽しくしてくれる、タフに使...
続きを読む
null 【Nikon】希少!! Nikon S3追加生産型あります! 2017年08月14日
この凛々しいブラックニコンは、通称「Nikon S3 オリンピック」とよばれているカメラです。 Nikon S3は、1958(昭和33年)にNikon S2の後継機として登場し、12,300台あまりが製造されました。 そして、一旦製造を終了した後、1965(昭和40)年に2,000台が再発売されました(S3追加生産型、ブラックのみ)。 このS3追加生産型には、新型の50mmF1.4が付いていました(ボディのみの販売もあった)。 S3追加生産型のシリアルナンバーは、6320000番台といわれています。 ちなみに本機のシリア...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]