Select Language



Sony α99II インタビュー【Part 5】

[ Category:SONY|掲載日時:2017年02月22日 12時55分]


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

外観のデザインについてですが、“α99”のデザインは塊感のある“なで肩系デザイン”で、カブトガニのような堅牢さのあるデザインでした。頭頂部のステレオマイクが目立っていたのもポイントでしたね。今回はまたデザインの意匠が変わったように思いますがどういった経緯があるのでしょうか。


α99初代ステレオマイク

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

一眼レフカメラのデザインは、やはり光軸上に位置する光学ファインダーが大きな特長 になっています。ファインダー部の形状はとても象徴的で、一般的にカメラらしい形として認知 されてはいますが、こと収納性としての弱点もまさにこの出っ張りです。
“α99”は、フルサイズセンサーを搭載カメラに電子ビューファインダーを搭載するにあたり、光学一眼レフのテイストは残しつつも、ファインダー部分の高さを下げ、あらたなプロポーションを模索しました。そして“α99II”は、その考え方を更に進めたデザインとなっています。EVF を採用したことによるファインダー高のスリム化を意識してデザインを進めています。
おっしゃる通り“α99”では一種 の塊感を意識しておりましたが、“α99II”ではさらに内部構 のスリム化によりさらなる小型化をしつつ、このカメラが体現するスピード性能を表現するため、シャープな形を取り入れた今回の形状に落ち着きました。


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5
 
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

メーカーサイトの商品ページを見て「おおっ」と唸ったのが、レリーズボタンの“ストローク”深さの調整サービス(有償)ですね。私、結構ここにはこだわるタイプでして、他社製品の話になり恐縮ですがカメラによっては高速撮影用に“フェザータッチ”的な浅いストロークに変更をして頂いたり、縦位置撮影用のレリーズボタンと通常の横位置レリーズボタンとのストローク、感覚のギャップを埋めるために数万円の調整に出すことも多いです。今では多少妥協していますが、当時は若さでしょうか。(笑)



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

はい、そうした熱心なお客様がレリーズのストロークに拘られることは、弊社の開発としても認識していたようで、“α99II”と、対応する縦位置グリップVG-C77AMのレリーズのストロークを有償で調整するサービスを、3月から開始させていただくこととなっております。

CP+2017のソニーブースでも、“α99II”のレリーズストロークを調整したサンプルを一部展示して、お客様にお試し頂けるように準備しております。流石に会場で調整はできないのですが、サンプルを確かめていただき、3月からのサービス提供開始時にソニーストアαPLAZAにカメラをお持ち込みいただければ、と思います。


α99IIレリーズストローク調整


 


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

“α99II”は、“α99”発売からの4年の間に開発されたデバイスを惜しみなく投入し、今できることを全て最高レベルで出来るように開発された、Aマウントのフラッグシップ機です。

徹底的に無駄を削ぎ落とすことで、従来の一眼レフカメラにおけるフラッグシップたる重厚感や実際に重さなどを感じる方向性とは違った、ソリッドな塊感を感じて頂けると思います。

コニカ・ミノルタから引き継いだ美しいぼけと解像感溢れるレンズと、4240万画素のイメージセンサーが生み出す精細感の共演。そして先進の「ハイブリッド位相差検出AFシステム」による高い動体追従性と精度。そうした要素を、CP+2017ではお客様にお試しいただける環境をご用意いたしました。

これまでαを使用してきてくださったお客様も、α99IIを知ってAマウントに関心を寄せてくださっている方も、是非とも一度手に取り試していただければ、と思います。



 
    
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

[ Category:SONY|掲載日時:2017年02月22日 12時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】Nippon Kogaku Japan Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 【Nikon】58年目の58mm 2018年05月27日
Nippon Kogaku Japan Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 レンジファインダー式のカメラから一眼レフへ、カメラの有様が大きく変わった頃、レンジファインダー用のレンズで 達成できていた標準画角でのF1.4。 Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4は、カメラメーカーとして譲れない標準域でのF1.4を目指して開発された一眼レフ用のNikonのレンズです。 標準から8mm長い58mmという設計になったのは、当時の技術ではF1.4を達成する為に、焦点距離を8㎜伸ばすことで 必要なバックフォーカスを確保せざるを得なかったからです。...
続きを読む
null 【FUJIFILM】雨色景色 2018年05月26日
GWも終わりいよいよ本番。 そうです。梅雨です。 ジメジメ、ムシムシ、洗濯物は乾かなくて大変な季節。 そんな時だからこそ気分転換に写真を撮りに行きましょう! と言ってもカメラが濡れてしまうのは気がひける。と言う方に今回は室内でも撮れる雨色景色のご紹介となります。 今回、撮影を行った機材はFUJIFILM X100F。 X100Fは筆者が今1番欲しいカメラですが試用したことでより購入意欲が湧いてしまいました。 今回の雨色景色は仕事帰りです。 帰り際に雨だった為、ちょ...
続きを読む
お気に入りの撮影地 【Nikon】お気に入りの撮影地 2018年05月25日
5月も半ばが過ぎ、夏のような暑い日が続くようになりました。 気温が高いということは、南から暖かい風が吹いているということ。そんな時期になると毎年決まって行きたくなる場所があります。 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR JR京浜東北線の大森駅から路線バスに乗り、東京湾の人工島へ。訪れたのは大田区の城南島海浜公園です。 海に面した部分が砂浜になっており、この時期は潮干狩りを楽しむこともできま...
続きを読む
EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM 【Canon】超広角単焦点レンズの世界へ 2018年05月24日
筆者は時々レンズを衝動買いすることがります。 今回は「広角単焦点レンズ」を求め、 キヤノンのEF14mm F2.8L Ⅱ USMを購入しました。 今まで汎用性の高い画角を好んできた筆者にとっては初めての領域です。 しかし、こんなレンズこそ何か特別なものを撮ることができます。 このレンズは水平方向104°を写すことが可能な広角単焦点レンズで、 キヤノンLレンズのラインアップの中では最も広角といえる単焦点レンズです。 Ⅱ型とはいえ発売は2007年9月で現行レンズとしてはやや古いことから、 新品価格に...
続きを読む
ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 2018年05月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ企画展#007 - 塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展 -です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]