Select Language



Sony α99II インタビュー【Part 5】

[ Category:SONY|掲載日時:2017年02月22日 12時55分]


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

外観のデザインについてですが、“α99”のデザインは塊感のある“なで肩系デザイン”で、カブトガニのような堅牢さのあるデザインでした。頭頂部のステレオマイクが目立っていたのもポイントでしたね。今回はまたデザインの意匠が変わったように思いますがどういった経緯があるのでしょうか。


α99初代ステレオマイク

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

一眼レフカメラのデザインは、やはり光軸上に位置する光学ファインダーが大きな特長 になっています。ファインダー部の形状はとても象徴的で、一般的にカメラらしい形として認知 されてはいますが、こと収納性としての弱点もまさにこの出っ張りです。
“α99”は、フルサイズセンサーを搭載カメラに電子ビューファインダーを搭載するにあたり、光学一眼レフのテイストは残しつつも、ファインダー部分の高さを下げ、あらたなプロポーションを模索しました。そして“α99II”は、その考え方を更に進めたデザインとなっています。EVF を採用したことによるファインダー高のスリム化を意識してデザインを進めています。
おっしゃる通り“α99”では一種 の塊感を意識しておりましたが、“α99II”ではさらに内部構 のスリム化によりさらなる小型化をしつつ、このカメラが体現するスピード性能を表現するため、シャープな形を取り入れた今回の形状に落ち着きました。


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5
 
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

メーカーサイトの商品ページを見て「おおっ」と唸ったのが、レリーズボタンの“ストローク”深さの調整サービス(有償)ですね。私、結構ここにはこだわるタイプでして、他社製品の話になり恐縮ですがカメラによっては高速撮影用に“フェザータッチ”的な浅いストロークに変更をして頂いたり、縦位置撮影用のレリーズボタンと通常の横位置レリーズボタンとのストローク、感覚のギャップを埋めるために数万円の調整に出すことも多いです。今では多少妥協していますが、当時は若さでしょうか。(笑)



MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

はい、そうした熱心なお客様がレリーズのストロークに拘られることは、弊社の開発としても認識していたようで、“α99II”と、対応する縦位置グリップVG-C77AMのレリーズのストロークを有償で調整するサービスを、3月から開始させていただくこととなっております。

CP+2017のソニーブースでも、“α99II”のレリーズストロークを調整したサンプルを一部展示して、お客様にお試し頂けるように準備しております。流石に会場で調整はできないのですが、サンプルを確かめていただき、3月からのサービス提供開始時にソニーストアαPLAZAにカメラをお持ち込みいただければ、と思います。


α99IIレリーズストローク調整


 


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

“α99II”は、“α99”発売からの4年の間に開発されたデバイスを惜しみなく投入し、今できることを全て最高レベルで出来るように開発された、Aマウントのフラッグシップ機です。

徹底的に無駄を削ぎ落とすことで、従来の一眼レフカメラにおけるフラッグシップたる重厚感や実際に重さなどを感じる方向性とは違った、ソリッドな塊感を感じて頂けると思います。

コニカ・ミノルタから引き継いだ美しいぼけと解像感溢れるレンズと、4240万画素のイメージセンサーが生み出す精細感の共演。そして先進の「ハイブリッド位相差検出AFシステム」による高い動体追従性と精度。そうした要素を、CP+2017ではお客様にお試しいただける環境をご用意いたしました。

これまでαを使用してきてくださったお客様も、α99IIを知ってAマウントに関心を寄せてくださっている方も、是非とも一度手に取り試していただければ、と思います。



 
    
MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5 MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5


MAPCAMERA×Sony α99II メーカー担当者インタビュー Part5

[ Category:SONY|掲載日時:2017年02月22日 12時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む
null 【SONY】箱根で感じる物語の世界 2018年05月13日
少し前のお話しです。 春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。 王子さまはとてもすてきなところにいました。 日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。 色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。 良く見ると、作者の名前が看板になっていました。 こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。 直訳すれば「サン=テグジュペリの家」...
続きを読む
null 【SONY】二律背反 2018年05月07日
ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。 大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。 発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。 徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。 ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm 2度目に...
続きを読む
ねことほそ道 ねことほそ道 2018年04月30日
その日は天気の良い休日。世間一般でも休日と呼べる曜日だったわけですが、「よし、撮影に出よう」と思い立って朝から家を飛び出します。しかしここで天の邪鬼な筆者は「休日の人ごみに飲まれたくない」と思ってしまい、行き当たりばったりな撮影に切り替えます。こういう時は大抵しょうもない写真ばかりが増えてしまうものなので、今回は"東京の路地を撮ろう"とざっくりとした目的を付け加えました。 そうして訪れたのが都電荒川線沿いにある三ノ輪駅。以前にも何度か撮影で訪れた事があり、来る度...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]