【SONY】 "α" movies vol.04「動画視点で見るRX100M4の魅力」 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language









高画質を追求した、高級コンパクトデジタルカメラとしてコンデジ業界を牽引しているRX100シリーズですが
RX100M4から新たに4K動画撮影機能が加わり、写真・動画共に本格的な撮影が可能になりました。
今回は、RX100M4の持つ本格的な動画機能に注目して撮影してみました。


手のひらサイズにプロのこだわりに応える動画撮影機能を凝縮
・4K撮影
・S-Log2対応
・ハイフレームレート(HFR)撮影
・外部出力、HDMIからクリーン出力


4K撮影
全画素読み出しによる4K撮影

撮影設定:24mm S-Gamut/S-Log2 ISO1600/グレーディング済み

フルHD(1920×1080ピクセル)の4倍の画素数(3840×2160ピクセル)で撮影する4Kは遠方のビルのディティールまで確りと捕らえており、このサイズのボディーで撮影したとは思えない繊細な4K描写が楽しめます。
ただ、排熱に考慮して4K撮影時は5分の撮影時間の制限が設けられているので注意が必要です。

S-Log2撮影

撮影設定:S-Gamut/S-Log2 ISO1600 ND併用/グレーディング済み

コンパクトデジタルカメラでありながら標準機能としてlog撮影モードを搭載しており、ダイナミックレンジの広い映像を撮ることが可能。
基準感度がISO1600~となるので、日差しの強いシーンではNDが必要となりますが、
RX100M3からボディに内蔵ND(3段分)を搭載しています。
動画撮影時にもNDを併用し、被写界深度を生かした撮影が可能です。

ハイフレームレート撮影
スロー撮影ではセンサーの読み出し有効画素数が変わります。
画質優先の場合、240fps(1824x1026) 480fps(1676x566) 960fps(1136x384)
足りない画素はカメラ内部でアップスケールされ、映像はフルHD(1920x1080)で記録さます。
そのため、480fpsや960fpsでは通常撮影時の映像に比べて映像が粗くはなりますが、スーパースローの世界を気軽に楽しめます。

240fpsで実際に撮影してみました。

撮影設定:240fps S-Gamut/S-Log2 /ISO1600グレーディング済み
(240fps映像からの切り出し)
通常撮影時に比べて甘めの映像にはなりますが、それでも解像感は十分あり、実用的に使用できます。

RX100M4で撮影した映像例

撮影設定:S-Gamut/S-Log2 /ISO1600グレーディング済み
今回の撮影では小さなボディを活かし、スナップ感覚で動画撮影を楽しめました。

サブカメラとしては勿論、メイン機としても期待に答えてくれるカメラです。
荷物を増やしたくない旅行や日常的に持ち歩くカメラとしてオススメです。



↓撮影に使用した機材&RX100シリーズはこちら↓




「36回払いまで金利ゼロ!!」でお馴染みの
「超低金利ショッピングクレジット!!」もご利用いただけます。

↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓



↓↓お電話でのご注文もお気軽にどうぞ!↓↓





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:03月21日 19時23分]
ツイート


≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて 【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて 2018年01月19日
明治37年から昭和47年まで、約70年間に渡って横浜で活躍した路面電車、「横浜市電」。 そのノスタルジックな雰囲気たっぷりの車両と横浜の歴史を存分に味わえる横浜市電保存館に行ってきました。 無料の駐車場と、大人(高校生以上)300円 3歳から中学生100円というリーズナブルな料金で、とってもおススメ! と言いますか本当は内緒にしておきたいくらいの良い所です。 相棒はフルサイズセンサーと大口径カールツァイスレンズを搭載した夢のコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1です。 エントラン...
続きを読む
null α7RIIIのピクセルシフトマルチ撮影を"試す" 2018年01月15日
皆さまこんにちは。 先日発売されたばかりの最新機種 α7RIII 既に撮影を楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 本日のテーマは「ピクセルシフトマルチ撮影」です。 Eマウントボディの中ではα7RIIIで初登場した機能となりますが ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御することで イメージセンサーを正確に1ピクセル分ずつずらして計4枚の画像を撮影、合成。 有効約4240万のすべての画素でR・G・B の全色情報を取得し、補間処理をせずに直接合成します。 そこから画像を生成することで偽...
続きを読む
null 【ATOMOS】 4K収録の強い味方、SHOGUN × α7SIIで4K収録を試す 2018年01月01日
α7SII×SHOGUNで撮影・グレーディングしたサンプル映像 使用機材:SONY α7SII + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + ATOMOS SHOGUN 4K/4:2:2 8bit&S-Log2 Apple ProRes(422 HQ)記録 α7SIIの場合、4K内部収録では4:2:0/8bitのXAVC S 100Mbpsで記録される。 HDMIからは4:2:2/8bitの映像が出力され、出力されたデータを今回は「ATOMOS SHOGUN」で記録した。 今回の記録設定はProRes422 HQ、ビットレートは880Mbps程度。 外部レコーダーで高画質記録 一眼レフやミラーレス機ではSDカードなどのメ...
続きを読む
null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null α7RIIIのAF性能、高感度耐性を"見る" 2017年12月11日
皆さまこんにちは。 先日発売されたばかりの最新機種 α7RIII 大変ご好評いただいている本製品は マップカメラがおくるフォトプレビューサイト『Kasyapa』でも先んじてお届けしておりますが、 前回に引き続き、いても立ってもいられなくなった本館5Fスタッフも 早速撮影に行って参りましたので、その一部をお送りしたいと思います。 本日のテーマは『高感度耐性』と『AF性能』となりますが どちらかというと高感度の部分を見ていく形になると思いますのでご承知置きを。 α7RIII + FE 70-2...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]