【Leica age30】30代男性、街を練り歩く! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






Leica M Monochrom + Summicron M35mm F2 8枚玉

皆様こんにちは!
その人が積み重ねてきた「時間」はかけがえのないもの。
ふとした瞬間のさりげない写真にも各々の人生経験がにじみ出る、
なんてこともあるかもしれません。

写真にも「年齢の違い」が出るのでしょうか?
こんな話から始まった「Leica age○○」
今回は第二弾、担当するのは普段からLeicaを愛用する30代男性です。
「age20」から「age30」になって果たしてどうなるのか…

今回使用したカメラは「Leica Mモノクローム(CCDセンサー)」です。
モノクロで如何に表現するか。
この辺りは20代より豊富な人生経験が活きてくると信じています!

Leica M Monochrom + Summicron M35mm F2 8枚玉
街を歩けばそこかしこにスプレーアート。
上の方とかどうやって描いてるのか不思議です。

Leica M Monochrom + Summicron M35mm F2 8枚玉
ストリートスナップにおいて「気取られない」というのは重要。
Leicaはそういった場面で非常に頼もしいパートナーになります。

Leica M Monochrom + Summicron M35mm F2 8枚玉
何となくカメラを持ってお散歩、という時も気負わずに使えるのがLeicaの良さ。

Leica M Monochrom + Summicron M35mm F2 8枚玉
「モノクロしか撮れないカメラ」
だからこその良さがあるのです。

Leica M Monochrom + Summicron M35mm F2 8枚玉
色がない分、被写体そのものに目がいくので
質感がカラー写真よりもストレートに伝わります。

Leica M Monochrom + Summicron M35mm F2 8枚玉
何でもないよくある風景も

Leica M Monochrom + Summicron M35mm F2 8枚玉
街の片隅のひっそりした場所も

Leica M Monochrom + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mmF4.5 II Aspherical
歩きなれた地元の路地裏も

Leica M Monochrom + Summicron M35mm F2 8枚玉
Leicaと歩けばいつもと違う景色に見える…かもしれません。


さぁ、次は「age40」か「age50」か。
はたまた若い世代が更新するのか。

「Leica age○○」次回もお楽しみに!


↓今回使用した機材はコチラ!↓







カメラ好きなら一度は憧れるLeicaというブランド。
「憧れ」とは簡単に手に入らないからこそ、その価値が高まるのです。
しかし!マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」なら
36回払いまでは無金利!最長60回払い(金利10%)まで分割が可能です!
月々のお支払いで「憧れ」をその手に収めてみませんか?
↓詳しくはコチラ!↓



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:03月01日 17時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む
【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 2017年12月10日
今年も早いもので、残すところあと少し。 今年の1年を振り返ってみると、近場が多いとはいえたくさん旅行に行った年でした。 軽井沢、日光、名古屋、佐久島、島根、長野…。 今日はそんな中から、先月訪れた長野旅行の写真をご紹介したいと思います。 使用した機材は、『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。 間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。 冒頭の写真は、2泊3日あった長野旅行の1日目に泊ま...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート 【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート 2017年10月29日
50mm F0.95 1/50秒 ISO1600 突然ですが、人間の目というのは暗い場所でもよく見えるものです。 カメラのレンズに換算すると「F1.0」だそうです。 明るいレンズというのは昔から誰しもが憧れるものですが 1966年にカメラ界の一線を走り続けるLeicaから「M50mm F1.2」が登場して以来 Leica最高峰の明るさを誇る名レンズとして君臨し続けているのが 「ノクティルックス」というレンズ。 今回ご紹介するのはノクティルックスの現行Ver.である「M50mm F0.95 ASPH」 レンズの明るさは驚異の「F0.95...
続きを読む
【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]