今再びのCONTA「REX」 Distagon 25mm F2.8 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F2.8 1/80秒 ISO100

皆様こんにちは!
「今再びのCONTA【REX】」です。

CONTAXの一眼レフを語る上で欠かせないContarex
番外編をお送りします!

今回ご紹介するのは、「CarlZeiss Distagon 25mm F2.8(Contarex用)」です。

その後京セラ時代のCONTAX Distagon T* 25mm F2.8へとレンズ構成が受け継がれたとも言われるレンズです。

今回使用したのは白(銀)鏡胴タイプで
なんと最短撮影距離は0.17mm
ピントリングを回しながらまだ寄れるのか~!と叫びたくなるくらい近くまで寄れます。

では早速いってみましょう!
※F値は筆者の記憶によるものです。
ボディはオールドレンズファンの強い味方!SONY α7です!

SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F2.8 1/100秒 ISO125
今年の三が日の一幕
もう4月になるなんて、月日の経つのは早いものです。
ダルマやテントの照りがとても美しく、レンズの持つポテンシャルの高さに新年早々驚かされました。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F5.6 1/160秒 ISO400
絞ってしまえば、深い被写界深度で、ピント合わせがほとんど必要ありません。
α7のコンパクトなボディと相性が良く、散歩しながらのスナップ撮影にピッタリです。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F5.6 1/160秒 ISO100
レンズがかなり曇っているせいか、強い光源があるとフレアやゴーストが・・・。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F2.8 1/80秒 ISO100
最短撮影距離0.17m(17cm)
さすがになだらかな美しいボケとは言えませんが、
この撮影距離は表現の幅を広げてくれそうです。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F2.8 1/80秒 ISO100
開放ではこのように周辺減光が気になりますが、
デジタルカメラでの使用、夕暮れ時
社外フード装着ということを踏まえれば仕方ない気もします。
個人的には減光がある方が楽しいので良しとします。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F2.8 1/3200秒 ISO100
こちらも何故か開放で撮ってしまった一枚。
このクラスの広角レンズに慣れていないせいか、露出の決定が難しいです。
失敗したな~と思いながらも、この空の色が気に入りました。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F4 1/400秒 ISO100
(私の持っている個体は曇っているので)
逆光さえなければかなり美しいコントラストで、
色味も現代のレンズにも負けない素晴らしいレンズです。

広角レンズを使うと自分まで視野が広がったようで、
とても清々しい気持ちになりますね。
皆様も春の陽気に誘われるがまま、
広角レンズを携えてお散歩に出掛けてみてはいかがでしょう。


↓本物の今再びのCONTAX!シリーズは↓








本日紹介したContarex用25mm F2.8のレンズ構成を受け継ぐと言われる
CONTAX Distagon 25mm F2.8はこちら









マップカメラでは36回払いまで無金利の「超低金利ショッピングクレジット」を実施中です!
↓詳しくは下のバナーをクリック↓



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編 その2~ 【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編 その2~ 2017年06月27日
伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。 その名は「SONY α9」 好評発売中です! 今までご紹介した部分を踏まえつつ 更に突っ込んだところを見ていきましょう。 今回は「マウントアダプター」編第2弾! なぜ、今更マウントアダプター編をもう一度お送りするのかというと キヤノンEFレンズを使う際の制限に進展があったからなのです! 今回は前回の「α9」に「LA-EA3」を付けた際の挙動を踏まえた上で、お話を進めさせていただきますので まだお読みになられていない方は先にそちらをご...
続きを読む
【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 2017年06月25日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで雪山にいる猿の顔ようにも見えるこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム「ABLON/14126」は、 フィルム定規と呼ばれるものです。 ↑クリックすると大きく表示されます。 蝶番で開いたり閉じたりする構造になっています。 バルナック型やM型ライカの底蓋を外すと↑のような図があることがあります。 フィルム装填の際、図のようにフィルム先端を10cmほど細く切るようにという指示です。 ↑クリックすると大きく表示され...
続きを読む
【Leica】ゾフォート~モノクロ撮影編~ 【Leica】ゾフォート~モノクロ撮影編~ 2017年06月24日
皆さんこんにちは! Leica ゾフォート 最近巷で人気のインスタントカメラ その中でも他機種と一線を画すのがこちらのゾフォートです! 最近テレビでも紹介されてましたね~ 本日はモノクロフィルムでの作例をご覧下さい。 カラーフィルムの作例は 本日掲載している写真は全て Leica T + Leica アポ・マクロ・エルマリートTL60mm F2.8 ASPH.で撮影しています。 思っていた以上に解像度があります。 都会はモノクロがマッチしますね。 ピントの設定を間違えてしまいま...
続きを読む
【Leica】コンパクトな望遠レンズ・ズマリット M90mm F2.4 【Leica】コンパクトな望遠レンズ・ズマリット M90mm F2.4 2017年06月23日
水辺に降り立った野鳥、アオサギでしょうか。ライカの望遠レンズ、ズマリット M90mm F2.4で撮影しました。 Leica M(Typ240)に装着するとこんな感じです。 幅広のピントリングは、抜群の操作性です。 M50mm F2.4(右)と並べてみても、このとおりたいへんコンパクトなレンズです。 レンズ先端の化粧リングを外し、付属のレンズフードを取付けることができます。 化粧リング、レンズフードを使用時、それぞれのキャップ(2種類のサイズ)も同梱されています。 ↑クリックすると大きく...
続きを読む
null 【SONY】FE 12-24mm F4G ご予約開始しました! 2017年06月23日
フルサイズ用Eマウント超広角ズームレンズ FE 12-24mm F4G 本日よりご予約開始と共に、発売日も決定いたしました!! 発売日は、今年のたなばた7/7(金)です! 今回の最大の特徴はなんといってもその「軽さ」でしょうか。 近い画角を持つ他社製のレンズは軒並み1kgオーバーの重量となっていますが、 今回のFE 12-24mm F4Gは565gと驚異的な軽さのレンズに仕上がっています。 ショートフランジバックなミラーレス機だからこそ実現出来た重量なのでしょう。 サイズもかなりコンパクトで大...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]