今再びのCONTA「REX」 Distagon 25mm F2.8 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F2.8 1/80秒 ISO100

皆様こんにちは!
「今再びのCONTA【REX】」です。

CONTAXの一眼レフを語る上で欠かせないContarex
番外編をお送りします!

今回ご紹介するのは、「CarlZeiss Distagon 25mm F2.8(Contarex用)」です。

その後京セラ時代のCONTAX Distagon T* 25mm F2.8へとレンズ構成が受け継がれたとも言われるレンズです。

今回使用したのは白(銀)鏡胴タイプで
なんと最短撮影距離は0.17mm
ピントリングを回しながらまだ寄れるのか~!と叫びたくなるくらい近くまで寄れます。

では早速いってみましょう!
※F値は筆者の記憶によるものです。
ボディはオールドレンズファンの強い味方!SONY α7です!

SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F2.8 1/100秒 ISO125
今年の三が日の一幕
もう4月になるなんて、月日の経つのは早いものです。
ダルマやテントの照りがとても美しく、レンズの持つポテンシャルの高さに新年早々驚かされました。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F5.6 1/160秒 ISO400
絞ってしまえば、深い被写界深度で、ピント合わせがほとんど必要ありません。
α7のコンパクトなボディと相性が良く、散歩しながらのスナップ撮影にピッタリです。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F5.6 1/160秒 ISO100
レンズがかなり曇っているせいか、強い光源があるとフレアやゴーストが・・・。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F2.8 1/80秒 ISO100
最短撮影距離0.17m(17cm)
さすがになだらかな美しいボケとは言えませんが、
この撮影距離は表現の幅を広げてくれそうです。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F2.8 1/80秒 ISO100
開放ではこのように周辺減光が気になりますが、
デジタルカメラでの使用、夕暮れ時
社外フード装着ということを踏まえれば仕方ない気もします。
個人的には減光がある方が楽しいので良しとします。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F2.8 1/3200秒 ISO100
こちらも何故か開放で撮ってしまった一枚。
このクラスの広角レンズに慣れていないせいか、露出の決定が難しいです。
失敗したな~と思いながらも、この空の色が気に入りました。


SONY a7 + ZeissIkon Distagon 25mm F2.8
F4 1/400秒 ISO100
(私の持っている個体は曇っているので)
逆光さえなければかなり美しいコントラストで、
色味も現代のレンズにも負けない素晴らしいレンズです。

広角レンズを使うと自分まで視野が広がったようで、
とても清々しい気持ちになりますね。
皆様も春の陽気に誘われるがまま、
広角レンズを携えてお散歩に出掛けてみてはいかがでしょう。


↓本物の今再びのCONTAX!シリーズは↓








本日紹介したContarex用25mm F2.8のレンズ構成を受け継ぐと言われる
CONTAX Distagon 25mm F2.8はこちら









マップカメラでは36回払いまで無金利の「超低金利ショッピングクレジット」を実施中です!
↓詳しくは下のバナーをクリック↓



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:03月30日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 2017年12月09日
ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 11月28日、マンフロットブランドのフィルターが、ついに日本上陸を果たした。 パッケージもシンプルかつ洗練された印象。 早いもので、年の瀬迫った12月。 街中はクリスマスソングやイルミネーションに溢れて 高揚感が高まっております。 毎年恒例の情景...に対抗して(?)、今回は今までに無かった 便利アイテムを取り上げたいと思います。 XUMEとは? 今回取り上げるアイテムは、 11...
続きを読む
棚からローライ  その2 棚からローライ  その2 2017年12月05日
前回のブログ、最後に載せた夕飯の写真を撮っている時、妻曰く、 「もう、写真撮るならあらかじめ言ってくれたら、もっとちゃんと作ったのに!!」 ・・・・・・ん? ・・・ま、いっか・・・・・・ では、あらかじめ言う。 今度は表紙だ! さて、今回棚から出てきたローライは、ローライフレックス 2.8E(プラナー) 1956年から1959年にかけて製造されました。 それまでのモデルとの最大の違いは、セレン式の露出計を搭載したこと。 ボディ正面「ROLLEIFLEX」のネームプレート下部にあるイボ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2017年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2017年11月09日
各地から紅葉の便りも聞かれ始め、絶好の撮影シーズンとなるはずが・・・ 本当、今年はどうしてしまったんでしょうか? 特に週末、どんよりした空を見上げ、ため息をつく日々が続いてしまいました。 でも、ランキングは活発です。 10月も様々な動きがありました。 新品デジカメ10月ランキング 1位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ 2位 Nikon D750 レンズ交換式デジタルカメラ 3位 Canon EOS 6D Mark II レンズ交換式デジタル...
続きを読む
null 【小西六写真工業】スナップ撮影に最適!HEXAR (L) 50mm F3.5 2017年11月01日
ライカスクリューマウント(L39)の標準レンズHEXAR 50mmF3.5を紹介します。 このレンズは、小西六写真工業(後のコニカ)が1955年に製造したレンズです。 レオタックスやニッカなど数社の国産L39カメラとともに販売されていました。 小西六には、L39マウントのカメラはありませんでした。 エルマー50mmF3.5とほぼ同じ大きさです(2mmほど長い)。 ご覧のように絞り環があるので、絞りを変えるときに エルマーのように前から覗き込む必要が無く、使いやくなっています。 先端は36mm...
続きを読む
null 【KONICA】1997年限定生産沈胴レンズ!HEXANON (L) 50mm F2.4  2017年10月25日
ライカスクリューマウント(L39)の標準レンズHEXANON 50mmF2.4を紹介します。 このレンズは、KONICAが1997年に製造したレンズです。 「本製品は限定生産のため製造番号は0000から1500までが生産されております。」 と取扱説明書に明記されています(1501本作られたということでしょうね)。 沈胴のSUMMICRON 50mmF2を少し長くしたような大きさです。 ご覧のように沈胴式で携行時はコンパクトになります。 貼り合わせ面を除く8面すべてにマルチコーティングを施すことにより、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]