【本館5F】こんなレンズも置いてます! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






本日もマップカメラ本館5Fから
スタッフがピックアップした商品情報をお届けいたします!


今回は「触れる」をポイントにいくつかレンズをご紹介。



まずは上の写真の5本です♪

Voigtlanderブランドより
HELIAR HYPER-WIDE 10mm F5.6 Aspherical
ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III
SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III

上記3本は全てEマウント用となっています。

そして木下光学研究所からは

KISTAR 55mm F1.2
KISTAR 35mm F1.4

を展開中です。


Voigtlanderの3本は電子接点を搭載し
フルサイズのデジタルセンサーに最適化された
小型軽量で超広角を実現したレンズ群です。

どれも控えめなF値となっていますが、
非常に解像力も高く風景から街のスナップまで幅広くこなせます。

「"α" Times Vol.11」では
ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIIを紹介しましたね。


KISTARシリーズはC/Yマウントを採用したレンズとなっていますが、
その中でも「KISTAR 55mm F1.2」はその原形を富岡光学が生んだ銘玉「TOMINON 55mm F1.2」としており
現代のガラスを使って完全再現するという一風変わったレンズです。
機構設計はご子息である木下勉氏が携わっています。

KISTAR 35mm F1.4は木下光学研究所が新開発したレンズで
現代のレンズとは異なり、開放は緩く絞り込むとシャープな像が得られる様な設計になっており
描写の二面性が楽しめるレンズとなっています。
C/YマウントからEマウントへ変換するマウントアダプターも用意しておりますので
Eマウント機でお試しいただけます!




続きましては上記の3本。

Tokinaからは
FiRIN 20mm F2 MF FE

SAMYANGからは
AF 50mm F1.4
AF 14mm F2.8

を展開中!
もちろん3本ともお試しいただけますよ♪

FiRINシリーズはソニーEマウント向けに
新しくTokinaが立ち上げたブランドで、レンズのクオリティを見ても
気合いの入りようが伺えるレンズとなっています。
こちらは先日マップカメラのフォトプレビューサイト「Kasyapa」
取り上げられたのも記憶に新しいですね。

SAMYANGは、MF専用のコストパフォーマンスに優れたレンズで有名ですが、
今回新しく発売された14mmと50mmはSAMYANG初のAF対応レンズで、MFレンズが苦手な方でも使いやすいです。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

↓↓今回紹介した商品はこちら!!↓↓


マップカメラ本館5FはSONYを中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます!
お客様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。
ご案内





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:
SONY|掲載日時:03月11日 15時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて 【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて 2018年01月19日
明治37年から昭和47年まで、約70年間に渡って横浜で活躍した路面電車、「横浜市電」。 そのノスタルジックな雰囲気たっぷりの車両と横浜の歴史を存分に味わえる横浜市電保存館に行ってきました。 無料の駐車場と、大人(高校生以上)300円 3歳から中学生100円というリーズナブルな料金で、とってもおススメ! と言いますか本当は内緒にしておきたいくらいの良い所です。 相棒はフルサイズセンサーと大口径カールツァイスレンズを搭載した夢のコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1です。 エントラン...
続きを読む
null α7RIIIのピクセルシフトマルチ撮影を"試す" 2018年01月15日
皆さまこんにちは。 先日発売されたばかりの最新機種 α7RIII 既に撮影を楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 本日のテーマは「ピクセルシフトマルチ撮影」です。 Eマウントボディの中ではα7RIIIで初登場した機能となりますが ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御することで イメージセンサーを正確に1ピクセル分ずつずらして計4枚の画像を撮影、合成。 有効約4240万のすべての画素でR・G・B の全色情報を取得し、補間処理をせずに直接合成します。 そこから画像を生成することで偽...
続きを読む
null 【ATOMOS】 4K収録の強い味方、SHOGUN × α7SIIで4K収録を試す 2018年01月01日
α7SII×SHOGUNで撮影・グレーディングしたサンプル映像 使用機材:SONY α7SII + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + ATOMOS SHOGUN 4K/4:2:2 8bit&S-Log2 Apple ProRes(422 HQ)記録 α7SIIの場合、4K内部収録では4:2:0/8bitのXAVC S 100Mbpsで記録される。 HDMIからは4:2:2/8bitの映像が出力され、出力されたデータを今回は「ATOMOS SHOGUN」で記録した。 今回の記録設定はProRes422 HQ、ビットレートは880Mbps程度。 外部レコーダーで高画質記録 一眼レフやミラーレス機ではSDカードなどのメ...
続きを読む
null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null α7RIIIのAF性能、高感度耐性を"見る" 2017年12月11日
皆さまこんにちは。 先日発売されたばかりの最新機種 α7RIII 大変ご好評いただいている本製品は マップカメラがおくるフォトプレビューサイト『Kasyapa』でも先んじてお届けしておりますが、 前回に引き続き、いても立ってもいられなくなった本館5Fスタッフも 早速撮影に行って参りましたので、その一部をお送りしたいと思います。 本日のテーマは『高感度耐性』と『AF性能』となりますが どちらかというと高感度の部分を見ていく形になると思いますのでご承知置きを。 α7RIII + FE 70-2...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]