Select Language



SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM ポートレート撮影

[ Category:SIGMA|掲載日時:2017年03月13日 20時45分]





SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM

今、噂のSIGMAの高解像度Artレンズを使ってポートレート撮影をしてきました。
使用カメラはCANON 5DMarkⅢです。

以前のシグマレンズに比べ、AFが早くなったのは勿論、なによりピント性能がよくなっています。
暗闇の中でも素晴らしい性能を発揮。
以前のシグマは正直…ポートレート撮影時、ピントズレに悩まされた記憶がありますが、
それも大分解消されたと実感した一本。

Artシリーズの世界観をそのままお届けする為、
今回の写真は全て、JPEG撮って出しにて失礼いたします。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/100秒 ISO-500

イルミネーションの中での一枚。
背景が綺麗で不思議なボケを演出しています。
コントラスト、ビビット感、解像度のよさ。
ピント性能がよくなって、被写体が美しく浮き出ています。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/100 ISO-500

これまた、不思議な背景のボケ感。
四隅のボケ方、背景奥の暗闇の落ち方が滑らかで美しいです。
そして、ピントがあっている部分だけ綺麗に浮き出て立体感のある写真。
アーティスト撮影の時に大活躍してくれそうです。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/80 ISO-400

アップ。
原寸大で見ると睫毛にピントが合っており、目玉はほんの少しだけボケています。
ですが、実際プリントやHPに使用する分には気にならないレベル。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/100 ISO-500

寄った画と、引きの画を並べてみました。
どちらも同じ設定です。
背景の距離が違うことでボケ方が変わり、非常に面白いです。
寄ると、単純に丸くボケる。
引いて遠くを写すと、少し円形状にボケました。
キャノンのEF85mm F1.2だと、一律に柔らかくふわふわっとボケるイメージなのですが、
シグマのArtは流れるような、迫ってくるようなボケ方ですかね。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/400 ISO-400

引きの縦画。
先ほどの引きの絵と違って、円形状にはボケませんでした。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.8 1/60 ISO-800

F1.8の開放寄りで撮影しているにも関わらず、
夜間に手持ち撮影でこのシャープさは嬉しいですね。
遠くの方にピントを合わせ、
手前の物からも距離があるので、全体的にシャープな絵となりました。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/60 ISO-2000

周りが真っ暗で、風が吹いていて、更に手が震えていて…という状況での撮影。
ピンズレしてしまいました…
でも、幻想的に撮影出来たので掲載させて頂きました。
まるで特殊加工したかのような写真。
この写真も撮って出しです。

全体的な感想は
キレッキレのピントで被写体が浮き出る、
距離間によって背景のボケ方が全く異なる、
ビビット色強め、
AF性能向上(ほぼF1.4で撮影しましたがピンズレ少な目)
というイメージでした。
もちろん、使用カメラや設定、撮影環境によっても異なると思いますが…
別のカメラではどんな写真になるかも気になりますね。

他のレンズとは明らかに違う世界観の、シグマのArtシリーズ。
一日撮影しただけでとても気に入りました。
他の人とは違う、不思議で幻想的な写真、クリエイティブな写真、アートな一枚を撮るには最適の一本です。


現在、SIGMAの一部レンズがキャッシュバックキャンペーン中です!

(2017年2月24日~5月25日までにご購入の方が対象)
詳しくは下記のSIGMA公式ホームページをご覧ください。

この機会にぜひ、素晴らしいArtレンズをお手元に如何でしょうか。













[ Category:SIGMA|掲載日時:2017年03月13日 20時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SIGMA】しぐまびより Part31 【SIGMA】しぐまびより Part31 2018年05月31日
とても久しぶりのPart31。 今回は sd Quattro H で撮影してきました。 Artレンズの中でも写りが良いとされる Art 135mm F1.8 DG HSMと合わせました。 バージョンアップを重ねるSIGMAの現像ソフト 「SIGMA Photo Pro」(以下SPP)のお話も併せてしたいと思います。 Foveon機で撮っていると白飛びが気になることが多々あります。 表紙の写真は窓側が白飛びするのを抑える為かなりアンダーで撮りました。 その為、シャドウ部の引き上げを現像処理で行いたかったのですが 今回追加された「...
続きを読む
null 【SIGMA】A 14-24mm F2.8 DG HSM 夜桜&建物撮影 2018年04月06日
今年3月に発売したばかりの大注目レンズ、 SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM このレンズを持って夜の散歩に行ってきました。 今までに無かった明るい広角ズームレンズ。 そこにEOS 5D MarkIVの高感度性能。 夜の手持ち撮影をどこまで楽しませてくれるのでしょうか。 F2.8 1/80 ISO-2500 14mm 六本木ヒルズでライトアップの夜桜撮影。 ビルを背景に、広角レンズで迫力ある夜桜撮影が出来ました。 四隅の流れや解像度落ちは予想よりも遥かに抑えられていてとても感触が良かったです。 原寸大で...
続きを読む
【SIGMA】dp0で桜を撮る! 【SIGMA】dp0で桜を撮る! 2018年03月20日
皆様こんにちは! 明日は「春分の日」です! 日も長くなり、花粉も飛び交い、すっかり春です。 14mm F8 1/60秒 ISO100 ところで、いつからか思い出すのも難しいくらい前から 携帯電話にカメラ機能が付いているのが当たり前になりました。 このご時世、誰でも写メは簡単に撮れますが 「わぁ、すごい!この写真どうやって撮ったの!?」と言わしめるには やはり携帯電話のカメラ機能ではなく「カメラ」が必要不可欠です。 かといってその為だけに大きいカメラとレンズを持ち出すのもちょっと…...
続きを読む
【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。 【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。 2018年03月16日
各地で気温が20度を超える日があったりと、季節はすっかり春。 今年の桜の開花予想は例年よりやや早いようで、街中の桜のつぼみもかなり膨らんできました。 今回ご紹介するのは、何年か前の4月に撮影をした雨の日の公園の写真です。使用した機材は『Canon EOS 6D』と『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』。いつも撮影をするときは単焦点レンズ1本でと決めています。 雨の日はどうしても外に出るのが億劫になってしまいがちですが、雨の日だからこそ撮れる1枚があるのも事実。雨粒...
続きを読む
null SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 2017年11月30日
SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM 茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。 使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。 シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。 今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。 写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。 撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。 F1.4 1/1600 ISO-100 撮影した時期は10月。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]