SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM ポートレート撮影 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM

今、噂のSIGMAの高解像度Artレンズを使ってポートレート撮影をしてきました。
使用カメラはCANON 5DMarkⅢです。

以前のシグマレンズに比べ、AFが早くなったのは勿論、なによりピント性能がよくなっています。
暗闇の中でも素晴らしい性能を発揮。
以前のシグマは正直…ポートレート撮影時、ピントズレに悩まされた記憶がありますが、
それも大分解消されたと実感した一本。

Artシリーズの世界観をそのままお届けする為、
今回の写真は全て、JPEG撮って出しにて失礼いたします。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/100秒 ISO-500

イルミネーションの中での一枚。
背景が綺麗で不思議なボケを演出しています。
コントラスト、ビビット感、解像度のよさ。
ピント性能がよくなって、被写体が美しく浮き出ています。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/100 ISO-500

これまた、不思議な背景のボケ感。
四隅のボケ方、背景奥の暗闇の落ち方が滑らかで美しいです。
そして、ピントがあっている部分だけ綺麗に浮き出て立体感のある写真。
アーティスト撮影の時に大活躍してくれそうです。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/80 ISO-400

アップ。
原寸大で見ると睫毛にピントが合っており、目玉はほんの少しだけボケています。
ですが、実際プリントやHPに使用する分には気にならないレベル。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/100 ISO-500

寄った画と、引きの画を並べてみました。
どちらも同じ設定です。
背景の距離が違うことでボケ方が変わり、非常に面白いです。
寄ると、単純に丸くボケる。
引いて遠くを写すと、少し円形状にボケました。
キャノンのEF85mm F1.2だと、一律に柔らかくふわふわっとボケるイメージなのですが、
シグマのArtは流れるような、迫ってくるようなボケ方ですかね。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/400 ISO-400

引きの縦画。
先ほどの引きの絵と違って、円形状にはボケませんでした。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.8 1/60 ISO-800

F1.8の開放寄りで撮影しているにも関わらず、
夜間に手持ち撮影でこのシャープさは嬉しいですね。
遠くの方にピントを合わせ、
手前の物からも距離があるので、全体的にシャープな絵となりました。



SIGMA (シグマ) A 85mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
F1.4 1/60 ISO-2000

周りが真っ暗で、風が吹いていて、更に手が震えていて…という状況での撮影。
ピンズレしてしまいました…
でも、幻想的に撮影出来たので掲載させて頂きました。
まるで特殊加工したかのような写真。
この写真も撮って出しです。

全体的な感想は
キレッキレのピントで被写体が浮き出る、
距離間によって背景のボケ方が全く異なる、
ビビット色強め、
AF性能向上(ほぼF1.4で撮影しましたがピンズレ少な目)
というイメージでした。
もちろん、使用カメラや設定、撮影環境によっても異なると思いますが…
別のカメラではどんな写真になるかも気になりますね。

他のレンズとは明らかに違う世界観の、シグマのArtシリーズ。
一日撮影しただけでとても気に入りました。
他の人とは違う、不思議で幻想的な写真、クリエイティブな写真、アートな一枚を撮るには最適の一本です。


現在、SIGMAの一部レンズがキャッシュバックキャンペーン中です!

(2017年2月24日~5月25日までにご購入の方が対象)
詳しくは下記のSIGMA公式ホームページをご覧ください。

この機会にぜひ、素晴らしいArtレンズをお手元に如何でしょうか。













[ Category:SIGMA|掲載日時:03月13日 20時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part4> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   シグマとFoveonとの出会い シグマといえばレン...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part3> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに刻まれた ヴィンテージナンバー   ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part2> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに込めた 哲学と想い 近年、カメラ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part1> 2017年11月09日
シグマ会津工場レポートの特別編として、株式会社シグマの代表取締役社長・山木和人氏にお時間をいただき、インタビューを行いました。インタビュアーはシュッピン株式会社・代表取締役社長の小野尚彦。なぜ会津に工場を構えたのか?新たなレンズシリーズを展開した意図とは?ヴィンテージナンバーの意味とは?など、シグマという会社や製品に込められた想いなどを伺ってきました。ぜひご覧ください。 会津に生産拠点を構えた理由 レンズに...
続きを読む
null 【SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年11月09日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]