Select Language



今が買い時!キャッシュバックでお得なニッコールレンズ

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年03月23日 10時30分]


Nikonキャッシュバックキャンペーン

お急ぎください!
魅力溢れるNIKKORレンズの
キャッシュバックがまもなく終了!

NIKKORレンズ累計生産本数1億本達成記念として実施されている
「応募者全員に最大20,000円キャッシュバック」キャンペーンの期間も残り僅かとなりました。
もう悩んでいる時間はありませんよ!ニコンユーザーの方は、この機会をお見逃しなく!

とは言っても、対象レンズが52本もあると目移りしてしまって選べない...。

そんなお悩みの方に、実際にNIKKORレンズのフォトプレビューを担当した
Kasyapa担当者が選ぶ厳選レンズを紹介いたします。




驚愕のAFスピード!
手ブレ補正を搭載し利便性が大幅に向上した
標準ズームのフラッグシップレンズ


AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR

ニコンが誇る最高の標準ズームは、
とにかくAFが速い!貼りついたように画像のブレを止める!そして高画質!と何処をとっても最上級の性能を披露してくれます。
NIKKOR初となるED非球面レンズの採用や、定評あるナノクリスタルコートなど、極限の画質を追求したという画質は、まさに最高。
画像周辺部までコントラストの高いシャープな描写と、自然でやわらかなボケ味の両方が楽しめます。
旧モデルと比べ若干大きくなりましたが、実際に手にすると大きさの変化はさほど気になりません。
むしろ、今まで最高だと思っていたレンズにさらに上があったことに驚くことでしょう。


Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR 焦点距離:24mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D4s +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR
フォトプレビューはこちら





コストパフォーマンス最高!
スポーツ観戦や飛行機撮影など、趣味の写真をより楽しくなる
手持ち撮影が可能な超望遠ズームレンズ


AF-S NIKKOR 200-500mm F5.6E ED VR

超望遠500mmをカバーした超望遠ズームレンズは、望遠端でもF値が暗くならないズーム全域での開放F値5.6が大きな魅力。
ボディを選ばず、カメラのAF性能を存分に引き出すほか、
F8対応のカメラとなら1.4倍のテレコンバーターを介してさらなる迫力ある画像が楽しめます。
高価イメージの超望遠レンズですが、抑えめな価格であるのも嬉しいポイント!
約2.3Kgと手持ち撮影ギリギリの重さですが、4.5段分の手ブレ補正機能に加え、連写時でも明るさが安定する電磁絞りの採用など、
動体撮影に便利な機能も有しており、大好きな被写体の写真なら苦にせず持ち出せることでしょう。


Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm F5.6E ED VR 焦点距離:500mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D4S +AF-S 200-500mm F5.6E ED VR
フォトプレビューはこちら





DXボディの必需品!
携帯性と高い描写性のを兼ね備えた
標準5倍ズームレンズ


AF-S DX NIKKOR 16-80mm F2.8-4E ED VR

普段使いに最適なズーム域をカバーしたコンパクトなDXレンズ。
4段分の手ブレ補正機構やフッ素コートに加え、ナノクリスタルコートの採用など、DXレンズの中でも飛び抜けたスペックを有しており、
DXのフラッグシップレンズと言っても過言ではありません。
描写も高いスペックに裏付けられた綺麗な画を披露してくれます。
広角端での開放F2.8の明るさも魅力。ズームレンズでも綺麗なボケ味が楽しめる、贅沢で欲張りな1本です。


Nikon AF-S DX NIKKOR 16-80mm F2.8-4E ED VR 焦点距離:22mm(35mm換算:33mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7200 + AF-S DX 16-80mm F2.8-4E ED VR
フォトプレビューはこちら





季節の彩りをより美しく!
ナノクリスタルコート採用のマイクロレンズは
高画質に加え携帯性もGOOD!


AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

最短18.5cmの接写撮影が楽しめるマイクロレンズ。
近接だけではなく遠景もシャープに色乗りよく捉える万能レンズは、AFの速さも段違い!
50mm、58mmと強力なライバルが肩を並べる標準域の中でも、使いやすさはNo.1です。
ナノクリスタルコートの採用で逆光にも強く、頭上の花などもクリアに捉えてくれます。
ナノクリスタルコートのラインアップの中で一番リーズナブルなのも嬉しい、ナノクリデビューに最適な1本です。


Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S Micro 60mm F2.8G ED
フォトプレビューはこちら





ボケ味が大きく美しい開放F値1.8。
画質とフットワークに優れた単焦点レンズは
レンズ交換の楽しさが味わえる1本!


AF-S NIKKOR 50mm F1.8G (Special Edition)

人間の視野に近く、見たままに近い自然な画角で撮影できる50mmレンズは単焦点デビューに最適な1本。
開放F値1.8の大口径ながら約190gと軽量なので、いつものレンズにもう1本と気軽に持ち出せるのが嬉しいレンズです。
自然で柔らかいボケが被写体を印象的に演出。スナップやポートレート、風景撮影と幅広く活躍します。
外観のデザイン違いで2種類発売されていますが、選ぶならデザインのカッコイイ「Special Edition」がオススメ!
カッコイイ機材は撮影時のモチベーションに大きく影響しますから...。


Nikon AF-S NIKKOR 50mm F1.8G 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 50mm F1.8G
フォトプレビューはこちら





▼ 今回紹介した5本以外にもオススメレンズは、まだまだ沢山あります!▼
お得なこの機会をお見逃しなく!


キャッシュバック対象商品はこちら



▼ 花粉舞う季節は、機材のお手入れも忘れずに!▼





▼ Nikon以外にもお得なキャンペーン盛りだくさん!▼

キャンペーン一覧







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年03月23日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]