Panasonic LUMIX GH5 インタビュー【Part 3】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




Panasonic GH5 インタビュー Part1
   
Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1
Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1 Panasonic GH5 インタビュー Part1

Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

「AF追従感度」「AFエリア切換感度」「被写体の動き」これらの三つの項目を、被写体やシーンに応じてカスタマイズが可能です。4つのプリセットを予め用意しておりますが、各種調整が可能です。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

この手の被写体・シーン別AFカスタマイズは、キヤノン製品が早くから搭載し、ニーズを高めてきましたね。

各メーカーさんがAF性能の高いカメラには、こういったカスタマイズ機能を実装してきました。これはユーザー要望が非常に高かったのではないかと思います。

ちなみに4つプリセットは、完全に各項目の値を揃えた時には同じ挙動、つまりゼロ設定時の内部パラメータは同じですか?



Panasonic GH5 インタビュー Part3

ゼロ設定時には同じ性能となりますので、あくまでカスタマイズ後のプリセットを予め4つ用意してあるということですね。

各メーカーさんの動向や最近のトレンドは把握しておりまして、こういった機能設定が求められるカメラに仕上がったことが実装の理由です。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

   
Panasonic GH5 インタビュー Part3

ジョイスティック搭載は大歓迎です。やはりデジタル「一眼レフカメラ」は専用の操作キーを備えているものが多く非常に快適です。

フジフイルムの最近の製品などにも採用されましたね。やはりなかなかミラーレス一眼に採用されなかったのは小サイズのボディにレイアウト上の制約と、御社の場合はタッチパッド機能との兼ね合いなどが理由でしょうか?



Panasonic GH5 インタビュー Part3

理由としてはまさにおっしゃる通りですね。撮影時のフォーカスエリア選択の快適さを追い求めた結果、結局はジョイスティック型の専用操作キーの新設に落ち着きました。これも操作性を重要視した、GHシリーズのボディサイズだから実現できたことでもあります。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

 
Panasonic GH5 インタビュー Part3

競合機といえるオリンパスOM-D E-M1 Mark IIですら、スロット2はUHS-Iのサブスロットといった位置づけでしたね。

やはりAVCHDを除くすべての動画モード、もちろん4K動画においてもカメラ内でバックアップ記録ができるのが素晴らしいですね。

また、「JEPG」「RAW」「4K/6KPHOTO」「VIDEO」とそれぞれのカテゴリ別に振り分け設定ができるところも、実際の使い勝手を考えるととても良く配慮されています。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

ありがとうございます。どちらのスロットでも速度差なく書き込めますので、いろいろな機能アイデアを実現することができましたね。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

6Kフォトの実現によって約1800万画素相当で30コマ/秒の高速記録が可能になりましたね。

単純な高速連写性能で考えてしまうと、先に発売されたオリンパスのOM-D E-M1 Mark IIの2000万画素・AF/AE追従で18コマ/秒連写(電子シャッター時)というのもインパクトがありましたが、1800万画素のAF/AE追従30コマ/秒連写というと甲乙つけがたく感じますね。

ポイントとしてはOM-D E-M1 Mark IIはRAW記録が可能(連続77コマ)、GH5はJPEG記録のみにはなるもののメモリーカードの続く限り「無制限」で撮影が続けられるといったところですね。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

その通りです。どちらも異なる思想によって進化したと考えており、お客様の用途に合わせて最適な機材が決まってくるといったイメージになるかと思います。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

6Kフォトの話に戻りますが、1800万画素ということはすでに従来機(GH4/GX7MK2)といった1600万画素機の通常撮影の解像度を超えてます。これで6Kフォトでの連続撮影画質が従来機の通常撮影の記録画質との差はどうなのでしょうか?



Panasonic GH5 インタビュー Part3

おおよその撮影で「同等以上」の静止画画質といえます。

おおよそと念のため申し上げているのは、ノイズ低減などのアルゴリズムが異なるという点があるためです。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

国内メーカーさんによる従来機・競合機に配慮をしたうえで出てくる「同等以上」という表現は、奥ゆかしい謙遜の心が含まれておりますので、6Kフォトの静止画画質については安心して良さそうですね。(笑)



Panasonic GH5 インタビュー Part3

我々からは申し上げづらい部分をありがとうございます。(笑)




Panasonic GH5 インタビュー Part3

 
Panasonic GH5 インタビュー Part3

6Kフォト/4Kフォトモードで撮影した秒間60コマ/30コマ連写から1枚選んで保存する際に、ポストリファイン機能(前後のフレームを使用した画像合成処理)を行えば、さらに高画質な静止画を作り出すことが可能に。

感動的な一瞬をさらに美しく自然な描写で仕上げることができるようになりました。

まず一つ目が「時空間ノイズリダクション」



Panasonic GH5 インタビュー Part3

名前が凄いですね、時空のはざまに放り込まれそうです。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

6Kフォト/4Kフォトモードで撮影した膨大なデータを用いて、残したい瞬間の前後の複数フレームから被写体の動きを読み取り、画素ごとに動きを考慮したフレーム合成処理を行うことで、ノイズを抑えた美しい1枚の写真として残すことができます。

高感度撮影時にはこの「時空間ノイズリダクション」が自動ではたらき、高ISO時に発生しやすいノイズを大幅に削減することが可能になりました。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

機能としては非常に素晴らしいですよね。合成処理時間などの実用性について教えて頂けますでしょうか。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

やはり高感度であればあるほど処理には時間を要する点は否めません。

具体的にはISO800~1600は(2枚)。ISO3200~6400は(3枚)、ISO6400以上は(4枚)と、実際にのノイズを間引くための合成枚数が変わってきます。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

ノイズの比率が高いほど、きちんとした信号を得るためにたくさんのデータを参照する必要があるということですね。

処理時間がかかるという点では、長秒露光時のノイズリダクションと同じく、撮った後しばらく待つという気持ちの余裕が必要そうですね。しかし、待った甲斐のある画質が得られるのであれば良い機能だと思います。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3

 
Panasonic GH5 インタビュー Part3

「時空間ノイズリダクション」と同じく、前後画像から参照することで「ローリングシャッター歪み」を補正する機能も新たに搭載しました。

当初は電子シャッターの泣き所をカバーする革新的な機能として期待をしていたのですが・・・。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

いたのですが・・・?



Panasonic GH5 インタビュー Part3

センサー・デバイス各種の読み出し性能の進化によって、そもそも「ローリングシャッター歪み」がうまく抑制されてしまったことです。ユーザーメリットとしては計り知れませんが、この機能を開発した方々の苦労は心に刻んでおります・・・。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

なるほど・・・、たしかに素の性能が想像以上に高い次元に収まったのは喜ばしいことですが、一緒に心に刻んでおきましょう。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

 
Panasonic GH5 インタビュー Part3

ユーザーの皆様から「4Kフォト」についてご要望頂いていたのが、撮影後の保存画像の選択についてです。

従来でも秒間30コマの画像から選んで決定的瞬間を保存して頂いていた訳ですが、とても時間がかかるんですね…。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

確かに、船上で4Kフォト撮影をしてお気に入りをセレクトしていたら、疲労と酔いでとんでもない気分になった思い出が。

今回はタッチパネルのスライド操作で一気に移動して、素早く選べるわけですね。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

ご不便をお掛けしました。また、一括保存にも対応しましたので、カメラ内で選ばずともメモリーカードに余裕があれば、すべて持ち帰ってパソコンで選定するのも快適かもしれません。




Panasonic GH5 インタビュー Part3

Panasonic GH5 インタビュー Part3



   
Panasonic GH5 インタビュー Part3

触っていて感じたのが、メニューの構成がかなり整理されわかりやすくなりました。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

やはり直感的にどこに設定項目が格納されているかがわかりづらいというお声を受け、タブごとの設定項目を整理しました。

また、モードダイヤルで特定のモードを選択している場合には、それ専用のメニュータブが現れるようにしましてモードごとの設定項目の変化をよりわかりやすくしました。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

たしかに、過去のメニューではモードによってグレーアウトしている項目があり、でも何を変えればそれが有効になるかわからないという時も….。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

まさにそういった点の改善となります。

また、わかりにくいメニューもありますので、メニュー操作中に「DISP.」ボタンを押すことで、その項目でどういったことが設定できるかのヘルプが表示されるように致しました。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

なんだかニコンユーザーの私から見て、とても親しみやすいメニュー構成になっていますね。この構成はすごく使いやすいと思います。



Panasonic GH5 インタビュー Part3

決して模倣したわけではございません。ただ、フォーカスエリアのセレクトもそうですが、やはりインターフェースを突き詰めると同じような体系が落としどころとなるようですね。



    
Panasonic GH5 インタビュー Part3 Panasonic GH5 インタビュー Part3


Panasonic GH5 インタビュー Part1




[ Category:Panasonic]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【週末店頭限定】Leica ズミクロン&ズマロンセール 【週末店頭限定】Leica ズミクロン&ズマロンセール 2017年10月20日
スッキリとしない天気が続きますが、 そんなモヤっとした空気をブッ飛ばすべく、 マップカメラ本館地下から、お得な中古セールのご案内です! Leicaの数あるレンズの中でも人気の高い 『ズミクロン』 通好みのレンズとしても知られる 『ズマロン』 店頭だけ!21~22日の週末限定で な、な、なななんと5%OFF!! Leicaの中古レンズで 名前にズミクロンorズマロンが入ればOK! ※プレミアムコレクションは対象外です。 あのアポズミクロンや、最近価格改定があった、ズマロンM28m...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む
null USED HALLOWEEN SALE開催中!! 2017年10月17日
a:hover img { opacity: 0.7; filter: alpha(opacity=70); -ms-filter: "alpha(opacity=70)"; } 気付けば10月も半ば・・・。 近頃では国民的イベントとなったハロウィン・・・。 マップカメラも盛り上げていきますよ~! 指定中古カメラ・レンズがお買い得な USED HALLOWEEN SALEが開催中です! ↓↓↓気になる対象商品はこちらをクリック↓↓↓ しかもハロウインセールの対象商品は期間中、随時追加されます! 欲しい商品が、セール対象商品でなかった時は、「欲しいリスト」を是...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]