【 Touch&Try The Mapcamera 】本館3Fで未知の体験! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language








【 Touch&Try The Mapcamera本館3F 】

皆様こんにちはマップカメラ本館3Fです!
こちらのフロアでは最新のNikonデジタル一眼レフカメラからPENTAXフィールドカメラKシリーズをはじめ、
その圧倒的な存在で愛されるロングセラーコンパクトカメラRICOH GRシリーズが試せます。
またFUJIFILM Xシリーズのアナログ的な操作感とデジタルの融合から撮ることの
新たな歓びと発見が生まれる新感覚のカメラスタイルにTouch&Tryできます!





【 Nikon 】

最新機種のNikon D5、D500からニコン史上最高画質D810や大人気D750、
また最強のDX機であるD7200、手軽に気軽に持ち出せるD5600やD3400まで・・・
すべてのNikonボディと交換レンズに関しては、お客様にすぐにお目当ての商品が探せるようFX用とDX用で分かりやすく陳列!
また他ではなかなか見る事が出来ない超望遠レンズも多数ご用意しております。
もちろん店内中古商品は、すべてお試しいただけます。


【 Nikonの情熱と快進撃『その想いとその思想』 】

FXフォーマット機、DXフォーマット機それぞれに最新技術と最高性能を追求して生み出してきたすべてのNikonカメラ。
NikonのCOOLPIXから歴代のデジタル一眼レフカメラまで、その魅力に迫る、すべてのNikonシリーズ!

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!
↓   ↓   ↓   ↓







特別な一瞬を、かけがえのない瞬間をとらえてくれるNIKKORレンズの魅力を大きく3つの観点から
レンズ交換という一眼レフカメラの醍醐味を存分に楽しむためのNikonの情熱が見えてきます。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!
↓   ↓   ↓   ↓








【 FUJIFILM 】

2012年のX-Pro1と共に誕生したFUJIFILM Xシリーズ!
こちらでは、最新機種のプレミアムコンパクトデジタルカメラX100Fから、
高い機動性と優れた操作性を発揮する小型軽量ボディX-T20に、
新時代のミラーレス一眼カメラ X-Pro2やX-T2 まで、
その特別な存在をもつボディに同じ美しさをまとった贅沢なXFレンズをお試しいただけます。
写真撮影の原点を、いつも問いかけてくれるFUJIFILM Xシリーズの新感覚な体験に出逢えます。


【 新感覚と視覚と秘密のXstyle 】

両手で構えてファインダーを覗き、どう撮りたいのかを考え、被写体を狙う。
そして確かな手応えを感じながら自分の手で設定をして、
自分だけの心に残る作品に出会うXstyleの世界があります。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!
↓   ↓   ↓   ↓








【 PENTAX 】

PENTAXの原点とも言える「時代を超えて生きる、時代が求めるカメラ」、
PENTAXの原点と理想は決して変わることなく、撮影者の想いを記録し続ける。
その使命と新たな驚きで登場した待望のフルサイズ機『K-1』から最新機種となる『KP』や『K-70』まで、
ペンタックスデジタル一眼レフとの組み合わせで、優れた解像力とコントラスト、
色再現性、操作性を発揮するD FA ★レンズからDA★、DA、D FA、FAレンズと、
心が動いた瞬間のすべてをその描写力で、写真意欲を刺激する自分だけの世界を体感できます。


【 AMAZING PENTAX『驚きでいっぱいのペンタックス』 】

そのサイズからは想像できない機能性や操作性は、ペンタックスだからこそ出来る。
新たな驚きで目を覚ますペンタックス一眼レフカメラの進化とその独創的な機能を感じることができます。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!
↓   ↓   ↓   ↓







【 RICOH 】

伝説となって語り継がれていくThe GR!小さなカメラに込めた、大きな思いとは・・・!
GRの世界観をあなたの特別なGRで演出してみてください。
GRを超えるものはGRしかないことが体感できるはずです。


【 Legend of The GR『伝説のGRシリーズ』 】

常に本質を見極めて普遍的な価値を創っていくことを目指し、作り手の情熱の軌跡でもあるもの、
かつてない伝説のはじまりがここに誕生し、語り継がれていくことになるのです。

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!
↓   ↓   ↓   ↓






【 Carl Zeiss 】

カールツァイスの交換レンズには、伝統的なレンズ名の他に鳥の名前を用いたシリーズがあります。
これらの名前は優れた視力と人間には真似できない視点で、
動きが活発で多様性に富んだ生物という観点から選ばれたと言われています。
優れた技術と鋭い描写に多彩なラインナップは撮影の可能性を広げてくれます。


【 TAMRON 】

新しい象徴の『SPエンブレム』と『ブランドリング』はユーザーとタムロンとのつながりを
約束する大切な「関係の証」です。すべては新しいレンズのために・・・
新しいデザインに込められたその想いとは・・・人間味を放つ新たなカタチ!
ヒューマンタッチから始まるかつてない豊かな体験が待ってます。


【 幸せを呼ぶ Ring color シリーズ 】

マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!
↓   ↓   ↓   ↓





マップカメラ本館3Fで、貴重なTouch&Try体験が未知なる世界を作り出す。
そして、かけがえのない一台に出逢える。
ご来店いただいた際にはどうぞお気軽にお声かけください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。



〓〓セール情報〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Information|掲載日時:03月29日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]