【三脚撮影で助かる“PLUS+1”アクセサリー】Markinsのアルカスイス互換カメラプレートのご紹介 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





【三脚撮影で助かる“PLUS+1”アクセサリー】Markins(マーキンス)のアルカスイス互換カメラプレートのご紹介


Markins(マーキンス) LN-810 ニコン D810 用 L-プレート


写真愛好家の皆様こんにちは。
カメラやレンズの手振れ補正機能・高感度性能が向上した今であっても、高精細な写真を撮影するためには三脚を使用してブレを排除することが不可欠です。

今回ご紹介するのは、そういった三脚撮影時に役立つアルカスイス互換のカメラクイックリリースプレート。新たに取扱いをはじめて数カ月が経とうとしております、Markins(マーキンス)の製品です。

※アルカスイス互換製品については>>こちらの記事をご覧ください。

■LN-810 ニコン D810 用 L-プレートのカメラ装着イメージNikon D810 + Markins(マーキンス) LN-810 ニコン D810 用 L-プレート


このようにカメラの三脚ネジに通常のクイックリリースプレート同様に固定をしますが、その特徴は“カメラに対して専用設計”のラインナップがあることです。
カメラの底面の形状に合わせて設計されているため、ネジの緩みが発生することもなくプレートの回転も防止できます。

Nikon D810 + Markins(マーキンス) LN-810 ニコン D810 用 L-プレート

そしてカメラのデザインとホールド性を損なわないようにできておりますので、常に装着したままでokです。



■雲台搭載イメージ
Nikon D500 +Markins(マーキンス) PN-500 ニコン D500 用 カメラプレート 雲台装着

三脚使用時の利点ですが、まず金属性のダブテイルを締め上げて固定するためブレを軽減できることが挙げられます。


■雲台搭載イメージ(縦位置)
Nikon D500 +Markins(マーキンス) PN-500 ニコン D500 用 カメラプレート 縦位置雲台装着


Nikon D500 +Markins(マーキンス) PN-500 ニコン D500 用 カメラプレート 縦位置雲台装着


そして縦位置撮影時にそのままカメラを縦位置で雲台に搭載することができ、雲台のヘッドを傾けることがなくなるため重心バランスが崩れることを回避することができます。そのため縦位置でのフレーミングのし易さという点でもメリットが大きいです。


■最新ラインナップは分離式/PN-500 ニコン D500 用 カメラプレート
Markins(マーキンス) PN-500 ニコン D500 用 カメラプレート


■LN-500 ニコン D500 用 サブプレート
Markins(マーキンス) LN-500 ニコン D500 用 サブプレート


ニコンD500、キヤノン EOS 5D Mark IV、PENTAX K-1などの最新カメラ向けのラインナップは縦位置用のサブプレートが着脱式となっており、必要な方だけ別途お買い求め頂ける仕様となりました。全体的にさらに薄型化が進み軽量になったことも改良点です。

Nikon D500 +Markins(マーキンス) PN-500 ニコン D500 用 カメラプレート


接合部の精度も良く、六角レンチでサイドからネジ締めすることで歪みなくしっかりとL-プレートとして機能します。

私ももう8年ほどアルカスイス互換のプレートとそれに対応した雲台を用いて三脚を使用しておりますが、非常に高い安定感と互換性を備えたおすすめの製品群です。







[ Category:etc.|掲載日時:03月31日 13時27分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 2017年12月09日
ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 11月28日、マンフロットブランドのフィルターが、ついに日本上陸を果たした。 パッケージもシンプルかつ洗練された印象。 早いもので、年の瀬迫った12月。 街中はクリスマスソングやイルミネーションに溢れて 高揚感が高まっております。 毎年恒例の情景...に対抗して(?)、今回は今までに無かった 便利アイテムを取り上げたいと思います。 XUMEとは? 今回取り上げるアイテムは、 11...
続きを読む
棚からローライ  その2 棚からローライ  その2 2017年12月05日
前回のブログ、最後に載せた夕飯の写真を撮っている時、妻曰く、 「もう、写真撮るならあらかじめ言ってくれたら、もっとちゃんと作ったのに!!」 ・・・・・・ん? ・・・ま、いっか・・・・・・ では、あらかじめ言う。 今度は表紙だ! さて、今回棚から出てきたローライは、ローライフレックス 2.8E(プラナー) 1956年から1959年にかけて製造されました。 それまでのモデルとの最大の違いは、セレン式の露出計を搭載したこと。 ボディ正面「ROLLEIFLEX」のネームプレート下部にあるイボ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2017年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2017年11月09日
各地から紅葉の便りも聞かれ始め、絶好の撮影シーズンとなるはずが・・・ 本当、今年はどうしてしまったんでしょうか? 特に週末、どんよりした空を見上げ、ため息をつく日々が続いてしまいました。 でも、ランキングは活発です。 10月も様々な動きがありました。 新品デジカメ10月ランキング 1位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ 2位 Nikon D750 レンズ交換式デジタルカメラ 3位 Canon EOS 6D Mark II レンズ交換式デジタル...
続きを読む
null 【小西六写真工業】スナップ撮影に最適!HEXAR (L) 50mm F3.5 2017年11月01日
ライカスクリューマウント(L39)の標準レンズHEXAR 50mmF3.5を紹介します。 このレンズは、小西六写真工業(後のコニカ)が1955年に製造したレンズです。 レオタックスやニッカなど数社の国産L39カメラとともに販売されていました。 小西六には、L39マウントのカメラはありませんでした。 エルマー50mmF3.5とほぼ同じ大きさです(2mmほど長い)。 ご覧のように絞り環があるので、絞りを変えるときに エルマーのように前から覗き込む必要が無く、使いやくなっています。 先端は36mm...
続きを読む
null 【KONICA】1997年限定生産沈胴レンズ!HEXANON (L) 50mm F2.4  2017年10月25日
ライカスクリューマウント(L39)の標準レンズHEXANON 50mmF2.4を紹介します。 このレンズは、KONICAが1997年に製造したレンズです。 「本製品は限定生産のため製造番号は0000から1500までが生産されております。」 と取扱説明書に明記されています(1501本作られたということでしょうね)。 沈胴のSUMMICRON 50mmF2を少し長くしたような大きさです。 ご覧のように沈胴式で携行時はコンパクトになります。 貼り合わせ面を除く8面すべてにマルチコーティングを施すことにより、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]