【Nikon】気軽なD5600~この春、差をつける~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language








Nikon D5600 ダブルズームキット


いよいよ春到来、桜のシーズンです。

開花宣言から一週間ほど経ちますが、今年の桜はとてもゆっくりです。

東京は、そろそろ満開の見ごろを迎えます。今年の桜の写真こそは、綺麗に記録したい!

いつもとは違った写真を撮りたい・・・! 差をつけたい方に、おすすめのカメラは・・・!


Nikon D5600 ダブルズームキット


【桜シーズン到来!!差がつく8台】

新しいカメラでマンネリ脱却!「差」がつく8台の中から

あなたの「春」を気軽に撮影できるNikon D5600をご紹介いたします。

ボディサイズに合わせたグリップを持つため、そのホールド感とバリアングルモニターを採用したことで、

どこへでも気軽に連れ出せる小型・軽量ボディーが、このD5600最大の特徴と言えます。


Nikon  D5600 ダブルズームキット



【気軽なD5600】

タッチパネル&バリアングル画像モニター搭載で、ローアングルやハイアングルなど新たな構図も思いのまま!

低い位置から高い位置まで、いろんな角度の写真に挑戦できるので撮る自由が増します。

自由なアングルで、いつもと違う新しい視点の写真が楽しめるのです。



Nikon D5600 ダブルズームキット



気軽に持ち歩ける小型・軽量・薄型ボディーだから、どんなときでも、

なに気ない日常のシーンでも、思いのままに撮影できると思います。

その驚くほどスリムなボディ構造と深いグリップでホールド感も抜群なので、しっかりと握りこむことができます。



Nikon D5600 ダブルズームキット



ステッピングモーター採用の小型・軽量な標準ズームレンズは、

最短撮影距離0.25mまで近寄って撮影でき、さまざまな撮影シーンにもおすすめのレンズです。

ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラに最適な絶妙ズームレンズが、

ダブルズームキットとなっているわけであります。



Nikon D5600 ダブルズームキット



D5600は、有効画素数2416万画素のCMOSセンサーで、ディテールまでくっきりと再現してくれます。

ニコンならではの圧倒的な高画質で撮るものすべてが美しく感動的に、

その一瞬の想いまで鮮やかに写し止めてくれます。



Nikon D5600 ダブルズームキット



カメラまかせで簡単ベストショットが可能です。どのカメラ設定を使用すればよいかわからないときに役立つ、

どんな状況でも16種類のシーンモードが最適な設定をお手伝いしてくれます。

カメラにおまかせすれば、素晴らしい一枚が撮影できるわけであります。



Nikon D5600 ダブルズームキット


どんなときでも、いつでも、一緒。ひらめきをその手に、つかまえる。

素敵な想い出と感動を分かち合える。想いつながる気軽なD5600で、

あなたの春をシェアしてみてください。

マップカメラがこの春オススメのカメラをPick up!!
桜シーズン到来!!差がつく8台特集ページはこちらから!
↓     ↓



マップカメラスタッフがおくる。
写真を通じて、カメラやレンズの魅力を感じて頂き、
より機材選びを楽しんで頂くためのマップタイムズ!
↓     ↓     ↓     ↓








Message from Hikari no Senshi






〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:04月03日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]