【SIGMA】A 135mm F1.8 DG HSM ~本日発売!~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language








SIGMA  A 135mm F1.8 DG HSM



『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』本日発売!!
開放値F1.8、フルサイズ対応の「Artライン」がさらに充実。
「最高性能」を追求した究極の135mm、ついに 登場!



SIGMA  A 135mm F1.8 DG HSM



『あらゆる妥協を排除した、光学性能優先の設計』
高い解像力に加え、色収差を抑えたポートレート用レンズの決定版。

このSIGMA A 135mm F1.8 DG HSM
Artライン35㎜ フルサイズ対応の単焦点レンズとして6本目。

被写体と適度な距離を保ちつつ、望遠効果で遠近感を圧縮し画面を整理できる135mmは、
顔のアップから全身までポートレート撮影に威力を発揮します。
大きなボケが必要なポートレート撮影に最適です。



SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM



5,000万画素以上の超高画素デジタル一眼レフカメラの使用に耐えうる解像力を実現するため、
フォーカス方式にフローティング機構を採用。
どの撮影距離でも画面周辺まで最高のパフォーマンスを発揮します。



SIGMA  A 135mm F1.8 DG HSM



『最新技術を投入』
大型HSM搭載、簡易防塵防滴機構、電磁絞り採用
など高品質なレンズとして仕上がっています。

『ニコン用にも電磁絞り採用』
ボディ側からの電気信号で絞りを制御する電磁絞り機構の搭載により、高速連写時のAE安定性向上を図りました。

精細な描写と美しいボケを表現する『究極のポートレート用レンズ』
SIGMAが誇るArtラインシリーズの最新レンズ
『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』
期待を裏切らないその写りを是非体感してください!!








〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:04月07日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 2017年11月30日
SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM 茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。 使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。 シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。 今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。 写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。 撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。 F1.4 1/1600 ISO-100 撮影した時期は10月。 ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part4> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   シグマとFoveonとの出会い シグマといえばレン...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part3> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに刻まれた ヴィンテージナンバー   ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part2> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに込めた 哲学と想い 近年、カメラ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part1> 2017年11月09日
シグマ会津工場レポートの特別編として、株式会社シグマの代表取締役社長・山木和人氏にお時間をいただき、インタビューを行いました。インタビュアーはシュッピン株式会社・代表取締役社長の小野尚彦。なぜ会津に工場を構えたのか?新たなレンズシリーズを展開した意図とは?ヴィンテージナンバーの意味とは?など、シグマという会社や製品に込められた想いなどを伺ってきました。ぜひご覧ください。 会津に生産拠点を構えた理由 レンズに...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]