【Leica】春、到来! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。

今年も桜の季節がやってきましたね!
東京は4月2日に開花宣言が出されましたが、
東北(宮城福島除く)は4月中旬、
北海道は4月末~5月初旬ということで、
これから桜を楽しまれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この日は開花宣言の翌日でお花見にはもってこいの快晴ということもあり、
平日ではあるものの昼間からお花見をする人たちで大いに賑わっていました。
今日のカメラはLeica M(Typ240)Leica ズミルックス 75mm F1.4です。

これから紹介する写真のF値はおおよそです。

Leica M(Typ240)×Leica ズミルックス 75mm F1.4
Leica M(Typ240)×Leica ズミルックス 75mm F1.4,F16,1/250,ISO500
桜の木の下でお花見をする人たち。
今年は予定が合わなかったので、来年はお酒片手にワイワイお花見をしたいな~なんて思いました(笑)

Leica M(Typ240)×Leica ズミルックス 75mm F1.4
Leica M(Typ240)×Leica ズミルックス 75mm F1.4,F8,1/250,ISO250
長縄跳びをする人たちも。

遠くから眺めていたのですがすごく楽しそうで、
大人になってからする長縄跳びは
子供の頃とは違った楽しさがありそうだと思いました。

SONY α7II×Leica ズミルックス 21mm F1.4
SONY α7II×Leica ズミルックス 21mm F1.4,F8,1/1250,ISO100

日を改め、場所を移し、ボディとレンズはSONY α7II×Leica ズミルックス 21mm F1.4に換えもう一度撮影へ。
21mmをEVFで覗きながら撮影するためにα7IIを使用しました。
ライカMマウントからソニーEマウントへはVoigtlander VM-E クローズフォーカスアダプターを使用しています。

開花宣言の翌日は満開とまではいきませんでしたが
この日は満開に咲き誇っていました。

SONY α7II×Leica ズミルックス 21mm F1.4
SONY α7II×Leica ズミルックス 21mm F1.4,F2,1/400,ISO100

足元を見ると"シャガ"が咲いていました。
皆様はシャガをご存じでしょうか。
アヤメに似ていると思いながら調べたところ名前を知りました。
今の時期に、湿ったところや日陰で咲く花のようで、
桜とはまた違う、淡い青色が可憐で、とても綺麗に咲いていました。

ちなみにこの写真は、アダプターのヘリコイド機構により元々のレンズ最短撮影距離(70cm)よりも寄って撮影しました。

SONY α7II×Leica ズミルックス 21mm F1.4
SONY α7II×Leica ズミルックス 21mm F1.4,F2.8,1/1000,ISO100

桜を撮影できる期間はとても短いので
思い立ったらカメラを持ってお出かけしてみてはいかがでしょうか!
これから桜のシーズン!!という方はカメラの準備をお早めに!

↓↓今回使用した機材はこちらです!↓↓










マウントアダプターを使用すれば、
ライカボディ以外でもライカレンズをお楽しみいただけます。



このアダプターはヘリコイド付きなので、
最短撮影距離が長いライカレンズでも寄って撮影することができる優れものです!




カメラを買いたい・・・でも、まとまったお金が今は無い・・・
そんなときは
↓↓ショッピングクレジット!↓↓


36回払いまでは無金利で、月々のお支払いを抑えることができます。

是非ご検討ください!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:04月10日 20時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SONY A7M2+Nokton 40mm f1.2 【Voigtlander】昼下がりのお散歩レンズ。Voigtlander Nokton 40mm F1.2 E-mount 2017年12月18日
とある平日の午後。 ふと思い立って浅草に向かいました。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander Nokton 40mm F1.2 E-mount」 定番の浅草寺みて、ふらふらと歩き出すと小さな神社を見つけました。 開放で鳥居にピントを併せて一枚。 嬉乃森稲荷神社の名前が浮かび上がります。 この辺りは昔は森があったのだろうかと都会の谷間に思いをはせます。 小さな路地を歩くと鮮やかな緑の扉の建物がありました。 柔らかな午後の光に浮かび上がる扉、柔らかにボケる懐かしい消火器入...
続きを読む
【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る 2017年12月17日
先日、友人に誘われ、川崎競馬場で競馬を撮影する機会に恵まれました。 今まで経験がなかったのですが、友人の助言と自分なりの工夫によって、少しは良いなと思える写真が撮れました。 今回は試行錯誤の思い出とともに、競馬の写真を振り返ります。 この写真はパドックでゆっくりと歩いている馬の表情を捉えたものです。 機材は私が所有しているNikon D5と、友人から借りたAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR。 三脚を用意していなかったため手持ちでの撮影です。 とはいえAF-S NIKKOR 600mm F4E F...
続きを読む
null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]