Select Language



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE 自然で美しいポートレート

[ Category:etc.|掲載日時:2017年04月17日 11時55分]






Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE



先日、今回と同じモデルでSIGMA A 85mm F1.4 DG HSMでポートレート撮影をしてきました。
シグマのAレンズはキレッキレでビビットな写りでしたが、
今度は真逆の柔らかく自然なツァイスのレンズでポートレートに挑戦。

↓シグマレンズでのポートレート撮影レポートはこちらをクリック↓
SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM ポートレート撮影

私は普段AFしか使わないので、不慣れなMFに四苦八苦しつつ、
MFだからこそのよさを味わってきました。



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/200 ISO-200

お恥ずかしいことに目にピントを合わせるのに精一杯でしたが、
ピントがしっかり合った時は感動します。
とにかく、ボケ方が非常に柔らかいですね!



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/200 ISO-100

ここでボケ方の特性を見て頂きたいのですが、
距離が近い桜は周りに溶かされていくようなボケ、
距離が遠い桜は円形上にボケているように見えます。
基本的には、とろけるようなボケ方をしていますね。



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/200 ISO-100

これは桜の木の隙間に入って撮影しているので、
背景の桜の距離は50センチ程度と近め。
近い背景にも関わらず、この溶けるような柔らかいボケは素晴らしい。



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/400 ISO-100

Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/640 ISO-100

背景との距離は2メートル程度だったと思います。
見事に円形上にボケてますね。
特殊な撮影などしていないのですが、なんだか宇宙にいるみたいですね。
面白い!



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/160 ISO-200

お気に入りの一枚。
自然できめ細かく、本当に美しいです。
今のデジタルには無い様な柔らかさで非常に感動しました。



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/200 ISO-200

最後に、お花の写真を。
ポートレートにはもちろん、自然を撮っても面白いです。


後日、Milvus 50mm F2 M ZEも使用したのですが、
すみません、個人的にはプラナー設計のF2Mの方がピントを合わせ易かったような気がします。
(50mm F1.4はディスタゴン設計)

人物を撮影するには、やはりF1.4の方がボケ味が出るので、
ぜひMilvus50mm F1.4を使い熟して、素晴らしいポートレート作品を作りあげたいと思いました。


↓今回使用した機材はコチラ!↓













〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年04月17日 11時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]