【新製品】最高画質のNDフィルター「ZX (ゼクロス) ND」を使ってみました! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




「フローティングフレームシステム」採用で究極の解像力と忠実な色再現を実現した
最高画質NDフィルター「ZX (ゼクロス) ND」登場

ゼクロスNDフィルター

超高解像レンズフィルターZX (ゼクロス)シリーズのNDフィルターが登場しました。
ガラスに負荷を与えない画期的なフレーム構造により、究極の平面性を確保し、
超高解像を実現したフィルターは重ねづけしても最高画質を保てる唯一のNDフィルターとのこと。
さっそくその効果を試してみました。


Kenko ZXND
フィルター無し(シャッタースピード:1/500秒)
Kenko ZXND
ZX (ゼクロス) ND8(シャッタースピード:1/60秒)
 
Kenko ZXND
ZX (ゼクロス) ND16(シャッタースピード:1/15秒)
Kenko ZXND
ZX (ゼクロス) ND8 + ND16(シャッタースピード:0.5秒)


NDフィルターは重ね付けすることで、さらに光量を減少させることができます。
ND8とND16を重ねると7段分の減光が可能に。
カメラのAEの性能上、多少の誤差はでましたが、シャッタースピードを遅くすることに成功。
噴水の水の雰囲気を変えることができました。

そして、気になる画質の劣化は?

私には色かぶりも、質感描写の劣化も見つけることができませんでした。
色彩に影響を与えることなく、光の量だけを低下させるているのがよく分かる結果となりました。
NDフィルターを使用すれば、

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +中一光学 SPEED MASTER 85mm F1.2 +ZX ND8

日中でも大口径レンズを開放で使用することや


絞り:F11 / シャッタースピード:5.7秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +XF16-55mm F2.8 R LM WR +ZX ND8 +ZX ND16

低速シャッターで被写体を流したりして、作品づくりの幅を広げることができます。
皆様もぜひ体感してみてください!


ZXフィルターとは

最後に現行モデルの「PRO1 Digital」と撮り比べてみました。

Kenko ZXND Kenko PRO1Digital
Kenko ZXND
絞り:F11 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200
使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +XF16-55mm F2.8 R LM WR
Kenko PRO1D
絞り:F11 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200
使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +XF16-55mm F2.8 R LM WR


若干「PRO1 Digital」シリーズの方が、暗部に黒が乗りやすい印象を受けましたが、見比べてやっと気づくレベル。
これまでのフィルターでは良しとしない、ケンコーフィルターの拘りを見せつけられた印象です。

数ある機能進化の中で、これは便利と感じたのが撥水・撥油コーティング。

撥水撥油コーティング

噴水脇で撮影した際、濡れてしまったフィルターをそのままにしていたら
撥水・撥油コーティングの無い「PRO1 Digital」にだけ乾燥後が残ってしまいました。
動画撮影など、長時間付けっぱなしにすることが想定されるだけに、この恩恵は大きく感じます。

カメラの画素数はとどまることを知らず、動画は4K、8Kへと超高解像化が進みます。
カメラやレンズの性能をフルに活かすなら、新世代フィルターへのステップアップも忘れずに。











<プロテクターもフラッグシップで! ZX プロテクターもどうぞ>








〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:04月17日 13時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 2017年12月10日
今年も早いもので、残すところあと少し。 今年の1年を振り返ってみると、近場が多いとはいえたくさん旅行に行った年でした。 軽井沢、日光、名古屋、佐久島、島根、長野…。 今日はそんな中から、先月訪れた長野旅行の写真をご紹介したいと思います。 使用した機材は、『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。 間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。 冒頭の写真は、2泊3日あった長野旅行の1日目に泊ま...
続きを読む
null ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 2017年12月09日
ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 11月28日、マンフロットブランドのフィルターが、ついに日本上陸を果たした。 パッケージもシンプルかつ洗練された印象。 早いもので、年の瀬迫った12月。 街中はクリスマスソングやイルミネーションに溢れて 高揚感が高まっております。 毎年恒例の情景...に対抗して(?)、今回は今までに無かった 便利アイテムを取り上げたいと思います。 XUMEとは? 今回取り上げるアイテムは、 11...
続きを読む
オリオンビール Nikon D5を『贅沢に』ビール撮りに使う 2017年12月08日
ニコンからD5が発表されたのが2016年1月。 連写、画素数、高感度、耐久性など種々の素晴らしいスペックに圧倒された方も多いのではないでしょうか。 まさに極限の状況で撮影に挑むプロフェッショナル・フォトグラファーのためのフラッグシップ機。 そんなフラッグシップ機を使えば、非常に暗い居酒屋で酔いながらビールを撮る、といった極限の状況でも綺麗な写真が撮れるはず。 そこまでの極限状況ではなくとも、料理や飲み物などを美味しそうに撮れるはず。 そう考えた私は即座に予約して手に入れまし...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】Canon史上最強のお供カメラ PowerShot G1X MarkIII  2017年12月07日
Canon PowerShot G1X MarkIII 11月30日に新発売のCanon PowerShot G1X MarkIII 先日本機を使う機会がありましたので、写真を交えてレビューしていきたいと思います。 APS-Cセンサーに新開発のレンズの実力を思う存分堪能してきました。 小型なのにこの写り…被写体の質感…Canonの最新機種には脱帽です。 ※写真はDigital Photo Professional 4にて簡易的な修正(明るさ、カラーバランス等)を行っております。 ※焦点距離は35mm換算した数値を記入しています。 焦点距離:72mm 絞...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 三村漢ゼミ「写真集を作ろう」修了展『めくる めくる 写真展』 2017年12月07日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 三村漢ゼミ「写真集を作ろう」修了展 - 『めくる めくる 写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]