【新製品】最高画質のNDフィルター「ZX (ゼクロス) ND」を使ってみました! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




「フローティングフレームシステム」採用で究極の解像力と忠実な色再現を実現した
最高画質NDフィルター「ZX (ゼクロス) ND」登場

ゼクロスNDフィルター

超高解像レンズフィルターZX (ゼクロス)シリーズのNDフィルターが登場しました。
ガラスに負荷を与えない画期的なフレーム構造により、究極の平面性を確保し、
超高解像を実現したフィルターは重ねづけしても最高画質を保てる唯一のNDフィルターとのこと。
さっそくその効果を試してみました。


Kenko ZXND
フィルター無し(シャッタースピード:1/500秒)
Kenko ZXND
ZX (ゼクロス) ND8(シャッタースピード:1/60秒)
 
Kenko ZXND
ZX (ゼクロス) ND16(シャッタースピード:1/15秒)
Kenko ZXND
ZX (ゼクロス) ND8 + ND16(シャッタースピード:0.5秒)


NDフィルターは重ね付けすることで、さらに光量を減少させることができます。
ND8とND16を重ねると7段分の減光が可能に。
カメラのAEの性能上、多少の誤差はでましたが、シャッタースピードを遅くすることに成功。
噴水の水の雰囲気を変えることができました。

そして、気になる画質の劣化は?

私には色かぶりも、質感描写の劣化も見つけることができませんでした。
色彩に影響を与えることなく、光の量だけを低下させるているのがよく分かる結果となりました。
NDフィルターを使用すれば、

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +中一光学 SPEED MASTER 85mm F1.2 +ZX ND8

日中でも大口径レンズを開放で使用することや


絞り:F11 / シャッタースピード:5.7秒 / ISO:100 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +XF16-55mm F2.8 R LM WR +ZX ND8 +ZX ND16

低速シャッターで被写体を流したりして、作品づくりの幅を広げることができます。
皆様もぜひ体感してみてください!


ZXフィルターとは

最後に現行モデルの「PRO1 Digital」と撮り比べてみました。

Kenko ZXND Kenko PRO1Digital
Kenko ZXND
絞り:F11 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200
使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +XF16-55mm F2.8 R LM WR
Kenko PRO1D
絞り:F11 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200
使用機材:FUJIFILM X-Pro2 +XF16-55mm F2.8 R LM WR


若干「PRO1 Digital」シリーズの方が、暗部に黒が乗りやすい印象を受けましたが、見比べてやっと気づくレベル。
これまでのフィルターでは良しとしない、ケンコーフィルターの拘りを見せつけられた印象です。

数ある機能進化の中で、これは便利と感じたのが撥水・撥油コーティング。

撥水撥油コーティング

噴水脇で撮影した際、濡れてしまったフィルターをそのままにしていたら
撥水・撥油コーティングの無い「PRO1 Digital」にだけ乾燥後が残ってしまいました。
動画撮影など、長時間付けっぱなしにすることが想定されるだけに、この恩恵は大きく感じます。

カメラの画素数はとどまることを知らず、動画は4K、8Kへと超高解像化が進みます。
カメラやレンズの性能をフルに活かすなら、新世代フィルターへのステップアップも忘れずに。











<プロテクターもフラッグシップで! ZX プロテクターもどうぞ>








〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 葛原よしひろ 写真展『水鳥の楽園 -水の故郷 びわ湖高島-』 2017年08月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 葛原よしひろ 写真展 『水鳥の楽園 -水の故郷 びわ湖高島-』 です。 是非足をお運び下さい。 期 間:9/4(月)〜 9/22(金) 場 所:ソニーストア大阪
続きを読む
null 【Nikon】S4・希少な普及版ニコン 2017年08月19日
Nikon S4をご存知ですか? 「Nikon S4」は、1959年発売のニコンSマウントカメラ(S型ニコン)。 「Nikon S3(1958年)」から、ファインダーの35mmフレーム、セルフタイマー、モータードライブ取付け機構、 フィルムカウンターの自動復元機構を省いた、普及版として登場しました。 ↑ Nikon S3(奥)とNikon S4(手前) 他のS型ニコンとの見分け方は、「レバー式巻上」、「大きなファインダー窓」(S3と同じ)で、 「セルフタイマー無し」、「ロゴのNが直線的」なら「S4」です。 生産台...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 金子裕昭 写真展『サバンナ ストーリー』 2017年08月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 金子裕昭 写真展 - 『サバンナ ストーリー』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験され...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]