【SONY】春風を追いかけて » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【SONY】春風を追いかけて

[ Category:SONY|掲載日時:2017年04月20日 10時30分]




皆様こんにちは。写真撮影楽しまれていますか?
春の心地よい陽気が感じられる気候になり
「外へ出掛けよう!」という気がむくむくと湧いてくる昨今です。

そんな筆者が今年も身近な桜を追いかけ、街から街へ東奔西走いたしましたので
そのうちの何枚かをご紹介したいと思います。

それではどうぞ。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Z
α7II + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
ss1/20 F1.4 ISO500

まだまだ寒さも厳しい2月半ば、まずは「東京スカイツリー」の麓から始まります。
早咲きの桜として有名な「河津桜」を引き立て役にしてスカイツリーにフォーカス。
今回は50mmでしたが、もう少しワイド気味且つ明るいレンズがあると楽しめるスポットですね。
機会があればOtus 28mm F1.4辺りでチャレンジしてみたいですね。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
α7II + FE 70-200mm F4 G OSS
ss1/5 F4.0 ISO1600 焦点距離154mm

お次は地元に咲く、線路際のこぢんまりとした桜です。
この日は仕事帰りにスナップをしていたのですが
なかなか良いシーンに巡り合えましたのでそっと1枚。

ボディ内/レンズ内の手ブレ補正が相互に働く事で
手持ちでありながらそこそこな焦点距離でもキチンとブレなく撮影することが出来ました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
α7II + FE 70-200mm F4 G OSS
ss1/800 F4.0 ISO100 焦点距離125mm

お次も地元ですが、寺院と一緒に1枚。
この日は朝から撮影へと赴いたのですが
天候にも恵まれ、終日良い撮影ができました。

ところで余談にはなりますがFE 70-200mm F4 G OSSは
135mm近辺の焦点距離が描写面で一番おいしく感じると思うのですがいかがでしょうか?


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Z
α7II + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
ss1/2000 F1.4 ISO100

今度は、東京都文京区に位置する「小石川後楽園」から1枚。

この写真にも使われているPlanar T* FE 50mm F1.4 ZAですが
筆者が写りに一目惚れして購入したレンズ。
重さも気にならないほどの写りの良さに、すっかり常用レンズと化しています。

「Planar」の名にふさわしい像面の平坦性はもちろん
パープルフリンジなどの原因になる「軸上色収差」をかなり高水準で抑制しており、
ピント面はもちろん、ボケに関しても綺麗にトーンが繋がる
使っていて大変気持ちの良いレンズです。

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAを使い倒した方にオススメしたいところ
きっと違う世界が見えますよ。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
α7II + FE 70-200mm F4 G OSS
ss1/500 F5.0 ISO100 焦点距離101mm

5枚目も「小石川後楽園」から。
推定樹齢が60年を越すと言われている、しだれ桜を中望遠で切り取ります。
全体を収める事で自然の大きさを感じとっていただければ、筆者の意図通りです。

都会の喧騒の中でも力強く咲く桜には、多くの人が感嘆の声をあげていました。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 85mm F1.4 GM SEL85F14GM
α7II + FE 85mm F1.4 GM
ss1/30 F1.4 ISO1250

6枚目は、千鳥ヶ淵から。
お花見に来た人で身動きを取るのも一苦労な程の込み具合でした。

お馴染みの東京タワーが見える展望スポットからも撮影したのですが、
桜と人の関係性が垣間見えるこの写真が、千鳥ヶ淵で撮った中ではお気に入りでした。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
α7II + FE 70-200mm F4 G OSS
ss1/5 F5.0 ISO1600 焦点距離200mm

最後は一輪のしだれ桜にフォーカスしてパシャリ。

背景をボカすべく、めいっぱい焦点距離を延ばしていますが
FE 70-200mm F4 G OSSは絞り開放だと口径食が発生して
周辺の玉ボケがレモン型になってしまいます。

今回の構図では、口径食で背景がうるさくなってしまうのを避けるべく
少しだけ絞ってボケ味を整えています。


・・・


今年もα7IIと共に桜を追いかけて参りましたが
いかがでしたでしょうか。
少しでも春風を感じていただければ、これ幸いでございます。

そして来年はα7RIIで追いかけられたらな
など画策しているのですが、取らぬ狸のなんとやら…
まずはその前に腕を磨きたいと思います。



↓今回使ったレンズはこちら!!↓









マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓





[ Category:SONY|掲載日時:2017年04月20日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 2018年04月23日
ピクチャープロファイルという機能をご存知でしょうか? 元々業務用カメラに搭載されていた色調等の設定機能なのですが、SONYのαシリーズではα7Sから搭載されました。 S-Logで撮影される方なら馴染みの機能だと思いますが、使用したことの無い方も多いと思います。 プリセット数も多くあるので、違いを比較撮影してみました。 ピクチャープロファイルとは 映像の特徴を決めるパラメーターを調整、変更するメニューです。 調整項目は多数ありますが、項目を分類すると、以下の4種類に分けられます。 ・...
続きを読む
【Voigtlander】広角日和。 COLOR SKOPAR 21mm F4 【Voigtlander】広角日和。 COLOR SKOPAR 21mm F4 2018年04月16日
用事の帰り。なんとなく立ち寄った関内駅。ふらふらと潮風に誘われて山下公園へ入る。 首から下げた「SONY α7III」とマウントアダプターでLマウントからEマウントへ変換した「Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4 」を海へと向けた。 じょなさんズ キリッした視線を向けるカモメたち、ぷかぷかと浮かぶもの、並んで鎖に止まるもの、気持ちよさそうに空を飛ぶものと自由気ままに過ごしている。 海を見つめて 観光地でよく見かける100円を入れるタイプの望遠鏡。お客さんがいない時は...
続きを読む
null 日々のうつろい 2018年04月01日
3月末にもなると随分と暖かくなりました。 春の陽気を感じますがもうチラホラと散り始めている桜もあり、あっという間だなあと少し寂しくもあります。 1ヶ月前はまだまだ寒い日々が続いていたような気がするのですが、本当に早いものです。 今回は今日までのうつろいを写真とともに簡単に振り返ってみました。 春とはいえ、まだまだ寒かった3月初旬。 まだまだコートは手放せませんでした。 輪。 未だ桜は咲かず。日常的なスナップに徹します。 花は咲かずとも、独特の柔らかな光を持...
続きを読む
null 【SONY】α6500でプロレスの写真を撮る。 2018年03月23日
本日は大好きなプロレスの写真を撮るべく「SONY α6500 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」を片手に格闘技の聖地「後楽園ホール」にやって参りました。 リングに最も近い席、最前列での観戦になります。 試合中は観客席の照明が落ちて会場がだいぶ暗くなるのですが、 「α6500」は高感度におけるシャドー部のノイズが少なく、暗い屋内でも安心して撮影ができました。 この写真、なんとISO感度51200です。 「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」はズームレンズながら、ハレーションにも強く...
続きを読む
null 光を求めて 2018年03月12日
「光を掬う。」 筆者が普段写真を撮る際に心がけていることです。 手でお椀を作って水を掬い上げるように、慌てず、そっと、光と向き合います。 よろしければご覧ください。 冬の光は柔らかく、強い影を生まないところがポイントです。 何気ない引き戸にスポットライトの様に落ちる木漏れ日が画を印象的にしてくれました。 緩やかな光も、大きな影と一緒になると引き締まった印象を与えます。 斜光。屋内に入ると冬でも光と影がハッキリし、ドラマティックに。 一...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]