【SONY】『α9』遂に登場です! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SONY(ソニー) α9

以前から“噂”されていたフルサイズEマウント・フラッグシップ機の存在。いつかは出て欲しいと心の中で思っていたカメラが突然海外発表され、世界中のカメラファンを震撼させました。その名も『Sony α9』。α7シリーズとは別のクラスを意味し、スペックは従来のカメラの概念を覆す新時代Eマウント機の登場です。

SONY(ソニー) α9

2017年4月21日に国内でも正式に発表された『Sony α9』ですが、知れば知るほどその性能の凄さがわかってきました。まず一番の驚きはAF/AE追従で秒間20コマという従来機では考えられない高速連写を実現していること。その秘密は従来のメカニカルシャッターに頼るのではなく、最新の電子シャッター技術と、情報を高速で処理できる新開発のフルサイズ積層型CMOSセンサーにあります。


SONY(ソニー) α9

回路部を画素領域と別の層に積層配置することにより、高速信号処理回路を大幅に拡張。さらに、高速に読み出された膨大な出力信号を内蔵メモリーに一時保管することで、信号を滞らせることなく高速に処理ができるため、画素領域からの読み出しスピードは、なんと従来機比20倍以上の高速化を実現しています。
その結果、画像処理エンジン『BIONZ X』との組み合わせで、最大60回/秒の演算を行うAF/AE追従をしながら、最高20コマ/秒の高速連写に加え、ブラックアウトフリー連続撮影や、最高1/32000 秒の動体歪みを極限まで抑えるアンチディスト-ションシャッター(電子シャッター時)など、データ量の多いフルサイズでありながら一眼レフのメカ構造の性能の限界を超える新次元の高速性能を実現しています。

 

SONY(ソニー) α9 SONY(ソニー) α9

読み出し速度が大幅に高速化された新開発のイメージセンサーにより、フルサイズ機であるにも関わらず、最高20コマ/秒の連続撮影が可能。バッファメモリーの大容量化やシステムの高速化、SDカードスロットUHS-IIの採用などにより20コマ/秒連写で圧縮RAW 約241枚/JPEG 約362枚の連続撮影枚数も実現しています。

 

SONY(ソニー) α9

新開発の有効約2420万画素のメモリー内蔵 35mmフルサイズ積層型CMOS イメージセンサーの裏面照射構造と、進化した画像処理エンジンBIONZ X との組み合わせで、広い感度域での高画質性能を実現しています。

また、光学式5軸手ブレ補正機構をボディ内に搭載。『α9』では、新開発の手ブレ補正ユニットと高精度ジャイロセンサーにより、5段の補正効果を実現しています。

 

SONY(ソニー) α9 SONY(ソニー) α9  

この記事を書く直前にメーカー担当者と少しお話をする機会があり、その中の会話で「α9は真のデジタル一眼カメラです」という言葉を聞きました。今までフィルム一眼レフからの機械的な技術を継承し、進化してきたデジタル一眼レフというカメラ。そこに一石を投じたのがレフレックスミラーや光学ファインダーを持たない『α7シリーズ』ではありましたが、どうしても越えられない「高速連写を得意とするフルサイズ一眼レフの双璧」がありました。しかしこの『α9』はその双璧を越えられる可能性を十分に秘めたカメラだと感じています。詳しくお伝えするのが難しいのですが、AF性能は別次元と言っていいほど優秀で、一瞬のシャッターチャンスを逃しません。また、無音シャッターでの秒間20コマ連写は、今まで撮れなかった瞬間を写真に納めることができるはずです。


SONY(ソニー) α9  


【サイズ比較】
SONY(ソニー) α9
SONY(ソニー) α9  


 
【外観】
SONY(ソニー) α9SONY(ソニー) α9 SONY(ソニー) α9 SONY(ソニー) α9  


【機能】


    【ライバル機とのスペック比較】

これまでミラーレス一眼カメラが苦手とされていた部分を全て克服した印象の「α9」。2020年に迫ったスポーツの祭典を視野に入れたと思われるハイスペックに、ライバル社のフルサイズ一眼レフフラッグシップとの性能差が気になります。さっそく主要スペックを見比べてみました。

  SONY α9 Canon EOS-1DX MarkII Nikon D5
有効画素数 2420万画素 2020万画素 2082万画素
最大記録画素数 6000×4000ピクセル 5472×3648ピクセル 5568×3712ピクセル
ISO感度
(静止画)
100~51200
※メカシャッター時
(50相当の減感
204800相当の増感可能)
100~51200
(50相当の減感
409600相当の増感可能)
100~102400
(50相当の減感
3280000相当の増感可能)
記録媒体 SDメモリーカード×2
(SD UHS-I/IIに対応が1 /
メモリースティックPROデュオ、SD UHS-I対応のマルチスロットが1)
CFastカード×1
(CFast2.0対応)
CFカード×1
(Type I、UDMA7対応)
XQDカード×2
又は
CFカード×2
(Type I、UDMA7対応)
ファインダー 0.5型電子式ビューファインダー
約368万ドット
ペンタプリズム使用、アイレベル式 ペンタプリズム使用、アイレベル式
ファインダー視野率 上下/左右とも約100% 上下/左右とも約100% 上下/左右とも約100%
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.76倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.72倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(全面位相差検出AF、F11対応) 61点(うち、41点でクロス測距が可能、全点F8対応) 153点(うち、99点でクロス測距が可能、15点F8対応)
シャッター速度 1/8000~30秒、Bulb(メカシャッター時)
1/32000〜30秒(電子シャッター時)X=1/250
1/8000~30秒
Bulb、X=1/250
1/8000~30秒
Bulb、X=1/250
連続撮影速度 最高約20コマ/秒(電子シャッター時)
最高約5コマ/秒(メカシャッター時)
最高約14コマ/秒(ファインダー使用時)
最高約16コマ/秒(ライブビュー時)
最高約12コマ/秒
最高約14コマ/秒(ミラーアップ時)
連続撮影枚数(RAW) 241コマ(SD UHI-II) 170コマ(CFast)
73コマ/秒(CFカード)
200コマ(XQDカード)
103コマ(CFカード)
動画撮影 4K対応
3840×2160/30,24p
1920×1080/120,60,30,24p
1280×720/30p
4K対応
4096×2160/60,50,30,25,24p
1920×1080/60,50,30,25,24p
4K対応
3840×2160/30,25,24p
1920×1080/60 ,50,30,25,24p
1280×720/60,50p
液晶モニタ 3.0型TFT液晶
約144万ドット
チルト可動式 / タッチパネル対応
3.2型TFT液晶
約162万ドット
タッチパネル対応
3.2型TFT液晶
約236万ドット
タッチパネル対応
手ぶれ補正機能 イメージセンサーシフト方式5軸補正
補正効果:5.0段
レンズ性能に依存 レンズ性能に依存
Wi-Fi 内蔵(Bluetooth Ver4.1にも対応) 要、別売りアクセサリー 要、別売りアクセサリー
GPS Bluetooth経由でモバイル端末より取得 内蔵 要、別売りアクセサリー
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約480コマ(ファインダー使用時)
LP-E19/LP-E4N/LP-E4
約1210コマ
EN-EL18a
約3780コマ
寸法(W×H×D)
質量(バッテリー含む)
約126.9×95.6×63mm
約673g
約158×167.6×82.6mm
約1530g
約160×158.5×92mm
約1405g


さすがソニーと言いたくなる驚愕のスペックは、ライバル機を凌駕してきました。オートフォーカスの進化など注目ポイントは多々ありますが、個人的に一番驚いたのが、連続撮影コマ数の項目です。次世代メモリーと呼ばれるものを採用せずとも他2機種を超えてきました。メモリーカードも安くないですから、α7シリーズとの併用などを考えてもこれまでの資産が有効に使えるのは大きなポイントだと思います。



商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただけると、商品情報が更新された際、お客様にいち早くお知らせすることができます。ぜひご活用していただきますよう、よろしくお願いいたします。


2017年4月27日 AM10:00より
ご予約受付を開始いたします。


[ Category:SONY|掲載日時:04月21日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]