【SONY】α9 予約開始!今なら発売日お届けをお約束します! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9

伝統の「9」が付いたミラーレスカメラが遂に登場。

その名は「SONY α9」

伝統の「9」に恥じない性能を有しています!!


世界初となる有効画素数約2,420万画素の積層型裏面照射CMOSフルサイズセンサーを搭載。
フルサイズミラーレス機では初めて「4D Focus」を謳うα9。

像面位相差AFのカバー範囲と測距点の多さはマウント機の中でも群を抜いて「広範囲」かつ「多点」
なんと像面に対してのカバー率93%に加え、これでもかと密集した693点の測距点。
また、これらをコントラストAFと組み合わせた「ファストハイブリッドAF」は、α7RIIより25%の高速化を実現。

捉えられない被写体は無いのでは!?と期待に胸が膨らみます!


更に世界初!の積層型かつ裏面照射型のフルサイズセンサーを導入。
従来機の約20倍という超高速化されたセンサー読み出しにより、ローリングシャッター歪みをほぼ廃した電子シャッターが
完全無音での20コマ/秒という撮影を可能に!!

SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9+FE 70-200mm F2.8 GM OSS

無音で20コマ/秒の連写が出来る事で、今まではシャッター音を出しての撮影の難しかった
ゴルフのスイング時や舞台撮影等でもシャッター音による威圧感を与えることなく
高速連写を活かして躍動感のある撮影が可能になります。

SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9+FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

プロフェッショナルの現場だけではなく音に敏感な動物や昆虫の撮影、
赤ちゃんの寝顔撮影等、様々なシーンで活躍の場が広がります。

勿論、撮影したことを音で確認したいポートレート撮影等の際はメカニカルシャッターにも切り替え可能です。

SONYは「光を捉え続ける」とα9を紹介していましたが、それは決して過言ではなく
前述したセンサーにより「連写中のブラックアウトが発生しない」カメラとなっています。

他にも快適な撮影を支える約369万画素のEVFや、5軸で5段分になったボディ内手ブレ補正など
挙げればキリがない程進化したα9。

最近のSONYからは「やるとなったらぐうの音が出なくなるまでやる」という姿勢が感じられますが
ミラーレス一眼の行く末の一つを形にしたα9もまた、SONYの本気が垣間見えるカメラです。

皆様からのご予約、心よりお待ちしております!

Now the future is yours

※商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただくと商品情報が更新された際
お客様にいち早くお知らせすることができます。
ぜひご活用ください!








〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 『第47回 ミノックス写真展』 2017年06月29日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第47回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】スタッフ一押しの中古Pick up!! Vol.2 2017年06月28日
皆様こんにちは! 6月30日まで開催中のLEICA FAIR 今日を入れてあと3日となりました!! 対象商品が追加され、更にパワーアップしています!! 今回はVol.2ということで引き続きスタッフ一押しの中古商品をPick up!! 早速いってみましょう! Leica T(Typ701) + TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH 近年目覚しい成長を遂げている「ミラーレスカメラ」の市場に Leicaが初参戦を遂げた記念すべきモデル! APS-Cサイズのセンサーを搭載した小型・軽量設計で持ち運びも楽々♪ アルミのインゴッド(塊)から...
続きを読む
【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編 その2~ 【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編 その2~ 2017年06月27日
伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。 その名は「SONY α9」 好評発売中です! 今までご紹介した部分を踏まえつつ 更に突っ込んだところを見ていきましょう。 今回は「マウントアダプター」編第2弾! なぜ、今更マウントアダプター編をもう一度お送りするのかというと キヤノンEFレンズを使う際の制限に進展があったからなのです! 今回は前回の「α9」に「LA-EA3」を付けた際の挙動を踏まえた上で、お話を進めさせていただきますので まだお読みになられていない方は先にそちらをご...
続きを読む
【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 2017年06月25日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで雪山にいる猿の顔ようにも見えるこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム「ABLON/14126」は、 フィルム定規と呼ばれるものです。 ↑クリックすると大きく表示されます。 蝶番で開いたり閉じたりする構造になっています。 バルナック型やM型ライカの底蓋を外すと↑のような図があることがあります。 フィルム装填の際、図のようにフィルム先端を10cmほど細く切るようにという指示です。 ↑クリックすると大きく表示され...
続きを読む
【Leica】ゾフォート~モノクロ撮影編~ 【Leica】ゾフォート~モノクロ撮影編~ 2017年06月24日
皆さんこんにちは! Leica ゾフォート 最近巷で人気のインスタントカメラ その中でも他機種と一線を画すのがこちらのゾフォートです! 最近テレビでも紹介されてましたね~ 本日はモノクロフィルムでの作例をご覧下さい。 カラーフィルムの作例は 本日掲載している写真は全て Leica T + Leica アポ・マクロ・エルマリートTL60mm F2.8 ASPH.で撮影しています。 思っていた以上に解像度があります。 都会はモノクロがマッチしますね。 ピントの設定を間違えてしまいま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]