【Leica】ライカで接写! マクロエルマー M90mm F4.0 (6bit) » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






Leica (ライカ) マクロエルマー M90mm F4.0 (6bit)

Leicaというと「接写が苦手!」というイメージがありますが
マクロエルマー M90mm F4.0(6bit)マクロアダプターM Typ240
ライブビュー撮影が可能なM型Leica(Leica M10 や Typ240、Typ246)と組み合わせると
花のクローズアップ写真を撮ることも出来るんですよ。

更に電子ビューファインダーがあるとピント合わせやフレーミングが楽にできます。

Leica (ライカ) マクロエルマー M90mm F4.0 (6bit)
Leica M(Typ240) + マクロエルマー M90mm F4.0(6bit) + マクロアダプターTyp240 + EVF2ビューファインダー


Leica (ライカ) マクロエルマー M90mm F4.0 (6bit)
この花は、ルピナスです。花が下から咲き上がるため、ノボリフジ(昇り藤)とも呼ばれています。
たしかに藤の花を上下逆さにしたような形の花ですね!


Leica (ライカ) マクロエルマー M90mm F4.0 (6bit)
春から初夏にかけて、チョウに似た小花がたくさん咲きます。


Leica (ライカ) マクロエルマー M90mm F4.0 (6bit)
こんなアップも撮れるんですよ。Leicaのイメージも変わりますね。


Leica (ライカ) マクロエルマー M90mm F4.0 (6bit)

Leica (ライカ) マクロエルマー M90mm F4.0 (6bit)
マクロエルマー M90mm F4.0(6bit)とマクロアダプターM Typ240の組み合わせでは
レンズを沈胴させた状態で無限~約52cmまでピント合わせができます。
※レンジファインダーでの二重像によるピント合わせはできません。


Leica (ライカ) マクロエルマー M90mm F4.0 (6bit)

Leica (ライカ) マクロエルマー M90mm F4.0 (6bit)
レンズを引き出した状態では、約55~41cmの間で接写ができます。
上の写真は、最大倍率(1/2倍)でネモフィラを撮影しました。小さな花も大きく撮れます!

新緑と花の季節になりました。Leica でマクロ撮影を楽しんでみませんか!

マクロアダプターM Typ240を使用する時のピント合わせは、ライブビュー撮影でのみ行えますのでお気を付けください。








Leica M10 にはビゾフレックス(Typ020)を     Typ240,Typ246には EVF2 をお使いください。







今回使用したLeica M(Typ240)など当店指定のLeica新品商品を店頭でご購入いただきますと
南青山にあるラグジュアリーなジャズクラブ「BLUE NOTE TOKYO」で使える
2万円分のギフトカードをプレゼントしております!

詳細は商品詳細をクリック!





〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 『第47回 ミノックス写真展』 2017年06月29日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第47回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】スタッフ一押しの中古Pick up!! Vol.2 2017年06月28日
皆様こんにちは! 6月30日まで開催中のLEICA FAIR 今日を入れてあと3日となりました!! 対象商品が追加され、更にパワーアップしています!! 今回はVol.2ということで引き続きスタッフ一押しの中古商品をPick up!! 早速いってみましょう! Leica T(Typ701) + TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH 近年目覚しい成長を遂げている「ミラーレスカメラ」の市場に Leicaが初参戦を遂げた記念すべきモデル! APS-Cサイズのセンサーを搭載した小型・軽量設計で持ち運びも楽々♪ アルミのインゴッド(塊)から...
続きを読む
【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編 その2~ 【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編 その2~ 2017年06月27日
伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。 その名は「SONY α9」 好評発売中です! 今までご紹介した部分を踏まえつつ 更に突っ込んだところを見ていきましょう。 今回は「マウントアダプター」編第2弾! なぜ、今更マウントアダプター編をもう一度お送りするのかというと キヤノンEFレンズを使う際の制限に進展があったからなのです! 今回は前回の「α9」に「LA-EA3」を付けた際の挙動を踏まえた上で、お話を進めさせていただきますので まだお読みになられていない方は先にそちらをご...
続きを読む
【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 【Leica】何コレっ?! 第13回 『ABLON / 14126』 2017年06月25日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで雪山にいる猿の顔ようにも見えるこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム「ABLON/14126」は、 フィルム定規と呼ばれるものです。 ↑クリックすると大きく表示されます。 蝶番で開いたり閉じたりする構造になっています。 バルナック型やM型ライカの底蓋を外すと↑のような図があることがあります。 フィルム装填の際、図のようにフィルム先端を10cmほど細く切るようにという指示です。 ↑クリックすると大きく表示され...
続きを読む
【Leica】ゾフォート~モノクロ撮影編~ 【Leica】ゾフォート~モノクロ撮影編~ 2017年06月24日
皆さんこんにちは! Leica ゾフォート 最近巷で人気のインスタントカメラ その中でも他機種と一線を画すのがこちらのゾフォートです! 最近テレビでも紹介されてましたね~ 本日はモノクロフィルムでの作例をご覧下さい。 カラーフィルムの作例は 本日掲載している写真は全て Leica T + Leica アポ・マクロ・エルマリートTL60mm F2.8 ASPH.で撮影しています。 思っていた以上に解像度があります。 都会はモノクロがマッチしますね。 ピントの設定を間違えてしまいま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]