FUJIFILM GFX インタビュー【Part 3】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

AFの話でいうと、Xシリーズには途中から像面位相差AFが採用されましたよね。これはX-E2が登場して『X-Trans CMOS II』になった時だったと思うのですが、これはセンサーが新しくなったからできるようになった技術という認識でよろしいですか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

そうですね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

そうなると、今後は『GFX』にも像面位相差AFが採用される可能性はあるのでしょうか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

まず言っておきたいのは、このサイズ(中判サイズ)のセンサーに像面位相差が搭載されたものは現時点でまだないです。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

それは、存在しないという事ですか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

少なくとも我々が使えるものとしては存在しないです。
他社の中判デジタルカメラは一眼レフなので、当然位相差AFできますよね。一般的な一眼レフと同じように位相差センサーを別体で搭載することができますから。

仮に像面位相差搭載中判センサーを独自で作ったとしたら、おそらくカメラは数倍の値段になるのではないかと思いますよ。「結局、中判デジタルってそういう値段なのね」っていう位になりますね。

でも、我々は標準レンズとセットで100万円を切るという目標で作ってきましたから。
例えば先ほどのX-Transもそうですが、それを『GFX』に入れちゃうとカスタム設計が1つ増える事になるので、当然コストも変わってきます。カメラを供給する側として、お客様に対して大事にしないといけないものは、性能だけでなく、お客様が欲しいカメラを出来るだけリーズナブルな価格にする、ということもあると思うんですよね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

なるほど。まぁ、GFXのような超高画素機にX-Transと像面位相差AFも搭載しているカメラが登場して欲しいという将来的な夢みたいなものはありますよね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

そうですね。それは多分いままでの歴史が証明していて、10年前に像面位相差なんてものはありませんでしたが、今ではセンサー全面に位相差センサーが搭載されている、なんていうのもありますから。

あっという間に進化するのがデジタルデバイスなので、そこはこれから先、まだまだ進化していくと思います。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

確かに。Xシリーズだと今まで発売後にファームアップを繰り返して性能が飛躍的に上がったりしていると思うのですが、『GFX』もその辺の拡張性の余力はまだ残していると思っていていいのでしょうか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part2

もちろんです。『GFX』もこれから色々と改良を重ねていこうと思っています。

最初に我々が想定したスペックの一部には、正直不安な部分もありました。例えばAFスピード。コントラストAFだけだと、過去の経験からレンズによってはピントが合うまで0.5秒くらいかかるケースもあります。AFスピード最速0.1秒というXシリーズが既にある中で、これはちょっと受け入れられないんじゃないか?という不安とか。

他にもX-T2でブラックアウト時間を一生懸命削って、ブーストモードで0.1秒くらいのブラックアウト時間にまで縮め、動体を追うのにもほぼ問題ないとレベルに仕上げたにもかかわらず、中判になるとセンサーの読み出しスピード限界の関係でブラックアウト時間が長くなるという不可避な事例があるんです。

でも、そういった懸念点を開発陣がファームウエアやAFの制御方法、フォーカスレンズの駆動方法等で頑張って解決してくれて、その結果、コントラストAFのみでも中判カメラとしては実用上最速レベルのAFスピードと実用性を実現していると評価されました。今後もそういった開発を続けることでまだまだ『GFX』は進化出来ると思っています。




FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

ドキュメンタリー、スナップ、スポーツといった撮影はXシリーズがカバーしています。こういった撮影目的、被写体には、これからもXシリーズのハイパフォーマンス化で対応していきます。いわゆる高速AFや小型軽量で機動力が求められるような分野の撮影ですよね。

一方、『GFX』は自然風景、建築、コマーシャル、スタジオポートレートといった、より高画質が求められる撮影が中心になります。

写真というのは、それぞれの撮影目的にあったカメラが絶対にあるわけで、当社ラインナップの場合、APS-Cでは物理的に限界のある領域を『GFX』が対応する、と。 なので、Xシリーズと『GFX』は用途が被っていないんです。そこが『GFX』を作る目的でもありましたね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

なるほど。いまのお話を聞くと元々狙っているターゲットがプロカメラマンなのかなと感じたのですが。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

半分はプロですね。詳しく言うと、我々の想定としては50%がプロ。そしてもう半分が緻密な描写が求められる風景をメインに撮影しているハイアマチュアの方たちですね。

まぁ、日本と海外ではプロとアマの認識や境界線が違ったりしますから、一概には言えないところなんですけど。ターゲットはそういう分け方をしています。Xシリーズに比べて更にプロウェイトは高いと想定してます。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

プロを想定した場合ですと、例えば写真館であったり、スタジオ撮影の現場ではCaptureOneなどテザー撮影に対応したソフト利用率が多いと思うのですが、そういったソフトへの対応というのは?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

そうでしょうね。まぁ、CaptureOneに関してはメーカーが「ダイレクトコンペティター(フェーズワン以外の中判デジタル機メーカー)には供給しません」と発表していますからね。

先にも少しお話ししましたが、フェーズワン社とはX-Transの現像に関して頻繁にメールや技術のやり取りをするなど、しっかり連携はしているのですが、中判になると「すみません、それはできません」となるわけですよ。これは今のところ我々にはどうしようもありません。

 

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

なるほど。当初からSILKYPIXに関しは対応していると発表されましたよね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

はい。SILKYPIXは我々の言うところの標準ソフトで、唯一無償で入手することのできるソフトなので。

それと、既存のXシリーズ同様AdobeさんのLightroomにも対応しています。もちろん、両者にはフィルムシミュレーション現像も入っています。



 
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

他メーカーではオリジナルで現像ソフトを作っているところもありますが、『GFX』やXシリーズ用にその予定はありますか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

ないですね。

これも賛否両論なんですけど、我々の認識だとプロの方はあまり自社ソフトを希望しないですね。撮影によってカメラを使い分けるので、今回A社のカメラを使ったからA社のソフト、次はB社のカメラを使ったから、B社のソフト、というのが一番嫌だとプロカメラマンから言われています。

どこのカメラ使っても現像ソフトは共通がいいという方が多く、新たにソフトを作ってしまうと、プロの方はそれを覚えないといけなくなりますから嫌がられます。多分すべてのソフトウエアがすべてのメーカーのカメラに対応していて、どのソフトを選んでも、それだけで済むというのが理想なのでしょうけど、それは私どもにはどうしようもできないから仕方がないですね。

ただ、これはちょっと変則的かもしれませんけど、“FUJIFILM X Acquire”というテザーシューティングソフトを新しく作りまして、それを使うと画像データを転送するだけなら、例えばCaptureOneにも対応出来るんです。

そして、今回『GFX』にはJPEGの圧縮率を下げた「スーパーファイン」という形式があります。その画質は、B0に伸ばしても全然問題ないほどの高画質ですので、撮影後に多少画質補正するくらいなら十分対応できるはずです。

それをCaptureOneやLightroomにテザーで飛ばしても良いですし。それでもまだ画質劣化が心配な方はTIFFという手もあります。『GFX』ではカメラ内RAW現像でTIFFに変換することが出来るようにしました。それを画像処理ソフトに移して編集する。そうすることで、RAW現像対応による制約を解消していく。一部のプロユーザーの方は実際にそうされています。


 

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

51Mの中判デジタルの画像データをTIFFで書き出すと、相当大きなデータサイズになると思いますが、ずばりオススメの理由は何なのでしょう?

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3

何と言っても、100%富士フイルムの色が出るということでしょうね。

たとえRAWデータであっても、PCで表示される時は使用しているソフトの色再現が入った表示になっています。なので、同じRAWデータでもボディの背面モニターや各ソフトで見た時の色が少しずつ違って見えるんです。

これは、例えばポジフィルムのように唯一無二の色が存在する映像と違って「オリジナル」という概念が成立しないデジタル独特の問題ですね。画像を表示する様々な媒体によって色は変わります。

そして、仮に全く同じパラメータでRAW現像をしても、使うソフトによってやっぱり色再現やノイズレベルは変わります。例えばフィルムシミュレーション現像はLightroomでもできますけど、富士フイルムが設計した色と100%同じにはならないんです。色や階調はほぼ揃っていますが、WBやその他の考えが少し違うので、オリジナルの富士フイルムの色はボディの中にしか存在ない。

なので、もし富士フイルム100%監修の色の大容量データが欲しければTIFFに落とすのが一番オススメということになります。



  
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3


FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3




[ Category:Fujifilm|掲載日時:05月11日 20時32分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 グループ写真展『時 ~うつろい〜』 2017年11月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは グループ写真展 - 『時 ~うつろい〜』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【はじまる410】はじめての『SHOWA KINEN PARK』で秋フォト 【はじまる410】はじめての『SHOWA KINEN PARK』で秋フォト 2017年11月21日
【□はじ○まる△410☆】×『美しい秋フォト』  はじめての写真。はじめてのカメラ。はじめてのレンズ。 はじめての場所。はじめて過ごした時間。 そんなはじめてを大切に、はじめました『はじまる410(フォト)』 秋もぐっと深まる季節、豊かな自然に四季折々の季節を感じることができる日本! そんな自然が目を楽しませてくれる紅葉の季節がやってきました。 さあ、『美しい秋フォト』しましょう。 『SHOWA KINEN PARK』 行ってきました国営昭和記念公園! 駅...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写友・スウィング第11回写真展『樹彩景』 2017年11月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写友・スウィング第11回写真展 - 『樹彩景』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Nikon】Nikon (ニコン) SP復刻モデル 2017年11月20日
D850が大好評のニコンは、今年創立100年周年を迎えました。 そこで、クラシックニコンに触れてみてはいかがでしょうか。 Nikon (ニコン) SP復刻モデルをご紹介いたします! Nikon SPは、1957年(昭和32年)に発売された、ニコンSシリーズの最高峰モデルです。 Nikon SPの特徴は、なんと言っても「ユニバーサルファインダー」です。 左側に広角専用(28mm、35mm)ファインダー、 右側に標準・望遠用(50mm、85mm、105mm、135mm)の4種類のブライトフレームを内蔵した 距離計連動ファインダーが...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 河童寫眞部 写真展『「※写真はイメージです」展2017』 2017年11月20日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 河童寫眞部 写真展 - 『「※写真はイメージです」展2017』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]