FUJIFILM GFX インタビュー【Part 4】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

やはりフジフイルムの色が良いということでカメラを選ばれている方も多いですからね。いままでのJPEGファインでも相当綺麗でしたから。

そんなコメントを言った後で恐縮なのですが、Adobeさんが推奨するRAWに“DNG形式”がありますよね。ソフトウエアメーカーによる機種ごとのRAWサポートを待たずにすぐ新製品の画像データをLightroomやPhotoshopで使用できるのは、とても便利だなと感じています。今回の『GFX』では“DNG形式”というのは検討されなかったのでしょうか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

カメラ内で様々なファイル形式を選べるように、ということですよね? うーん、それは正直検討しなかったですね。

やはり我々としてはJPEGでの色作りを進めてきて、それが経験であり財産のようなものだと思っているので。おそらく“DNG形式”も選べるようにすると、色作りや画作りの設計をまた一から作って追加しないといけなくなるでしょう。

しかも、その画質をすべてのISO感度、すべての設定においてチェックする必要が出てくるんです。そうなると膨大な画質設計、評価工数が必要となってしまいますから、それはかなり難しいですよね。まぁ、要望は分かりますけど。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

やはりフィルムメーカーとして培ってきた色や画質のノウハウを商品の魅力として生かすために、あえてソフトに頼らず、カメラが生み出す“そのままの画質”にこだわって物作りをされているという事なんですね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうですね。結局Xシリーズの“あの色”って、例えば他社製のカメラに当社の画質設計の概念を当てはめたとしても同じ色にはならないんですよ。なぜなら、それ(色)を出すための能力をプロセッサーにも持たせてあるから。

他社が採用していない能力がX Processor Proや今までのEXRプロセッサーの中に入っています。なので、多分先ほどの“DNG形式”にしてもそうですが、何かを根本的に変えようと思ったら、その色作りだけじゃなく、そのもっと前のハードウエアであるプロセッサーから変えないとダメな場合もあると思いますよ。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

なるほど。以前のインタビューでフジフイルムの色の秘密はWBだとお聞きしていましたが、そのもっと深い、根底部分にはプロセッサーに備わっている独自の機能があったわけですか。すごいですね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

プロセッサーに占める高画質を再現するための信号処理の割合というのが高いんです。

通常プロセッサーの能力はAF制御や動画機能など、重たい処理を早くすることに重点やアピールポイントを置く場合が多いですよね。もちろん、そちらもやりつつなんですけど、画質を向上させるための機能を追加で盛り込んでもレスポンス良く動くようにプロセッサーを作るというのが、当社のプロセッサー開発の特徴的なポイントだと思います。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

一般的に画作りに関してはセンサーが多く割合を占めていて、プロセッサーは駆動の部分が多いのかなと思っていたのですが、そうではなかったんですね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

もちろん、センサー性能も重要ですけど、プロセッサーはそれ以上かもしれませんね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

だからこそセンサーが違う『GFX』でもXシリーズと同じような色表現が可能なんだと。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうです。『X』と『GFX』ではセンサーは全然違いますからね。

それでも色に関しては『X-T2』で撮った写真と『GFX』で撮ったものをA4くらいにプリントして比べてみても、違いがあまりわからないと思いますよ。そのくらい色に関しては揃えるようにしています。もちろん『GFX』だけの色再現というのも少しはあるのですが。それだけ単独で見ただけなら私でもわからないと思いますね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうなってくると、『GFX』をアマチュアの方が買うメリットはどのあたりになるのでしょうか?大きく伸ばさない限りあまり違いが表れないのであれば、やはり画素数ということになるのでしょうか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

おそらく画素数ではなくて、中判センサーならではの描写力だと思います。

画素数は極論を言うと通常5000万画素もいらないですよね。だけどセンサーサイズの違いは表現力に直結します。フィルムにも35mm、中判、大判と、サイズにバリエーションがありましたが、例えばLサイズプリントで観ても中判で撮った写真は違いがすぐ分かりませんでしたか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

確かに。中判は雰囲気が違いますよね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

35mmフィルムで撮った写真と中判フィルムで撮った写真は本当にLサイズでも違いが分かります。それは立体感であったり、階調再現であったり、いわゆる空気感であったり。

単純にボケ量だけを大きくしたければ出来るだけ開放F値の小さい大口径レンズを使えば、中判でなくとも実現可能です。でも、フォーマットが大きい中判だと一番ボケたところからシャープなところまでを、より滑らかに表現出来ます。なので、同じプリントサイズであってもパッと見てわかる上質感がある。つまり、ボケの「量」じゃなくて「質」。

そこが分かる方、もしくは写真にとってそれが大事だと思う方には、仮に『GFX』が4000万画素だったとしても、この大きなセンサーを使うことに意味を感じていただけると思いますね。またそういう意味では、中判センサーサイズから生まれてくる写真の立体感とか空気感というのはプリントしてみると、更に強調されると思います。

一方、例えば書類の文字とかを写真に撮って、パソコンで等倍拡大してみてどれだけ解像しているか?というのが重要なのであれば、それは判の大きさではなく主に画素数(とレンズの性能)によりますから、中判を使う意味はないかもしれませんね。まぁ、我々はそういうのは写真画質の評価とは別物だと思っていますが。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうなるとやはり紙に焼いて写真としての画質を見てもらいたいと。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうですね。GFXを手に入れられたアマチュア写真家の方には是非プリントして、しかもなるべく半切以上とか大きく伸ばして、部屋に飾っていただいたり、仲間と写真展をしていただいたりして欲しいですね。これをSNSにアップしたり、PCのモニターで見るだけなんてお金が勿体無いですよ(笑)



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

今のハイアマチュアの方たちの場合だと、家でRAW現像して、大型プリンターで出力するというのが、昔で言う暗室で現像している感覚と同じなのかなと思うのですが、『GFX』を本当に楽しむならラボで大きくプリントしてもらうのが一番いいんでしょうね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうですね。個人的にはその方が最終的には楽だし、結果的に安く上がると思うんですよ。

高画質プリントをするには、先ず色と画像に関する豊富な知識が無いとダメです。そして、色を正しく確認するためには部屋の蛍光灯も演色性に優れた色評価用に全部変えて、モニターも色再現が細かく設定できるものを買って、キャリブレーションを定期的にかけて調整する必要があります。少なくともプロラボの環境はそうなっています。

なので、家で本当に高いクオリティのプリントを出力したいとこだわりだしたら想像以上に大変です。それこそ『GFX』がもう一台買えてしまうくらいの金額がかかりますよ。

なんというか、日本では昔から、特にモノクロフィルムにおいて「自分で現像してプリントまでしてこそ一人前だ」みたいな意識が非常に強いですよね。でも海外を見たらそうじゃない場合も多くて、写真家の他に“プリンター”もしくは“プリンティング・ディレクター”という職業がちゃんと確立されています。例えば、著名な写真家の「Aさん」と「Bさん」の“プリンター”は同じ「Cさん」だっていうのが、アマチュアカメラマンの間でも知られているくらいです。それだけ、“プリンター”もアーチストとして認識されているということだと思います。必要とされるスキルも違いますしね。

もちろん趣味として撮影から現像、プリントまでを自分で行う楽しみはあります。自分好みにプリントできますし、作品を作り上げる達成感のようなものもあるでしょう。でも、写真展出展やコンテスト応募などで高いプリントクオリティが必要なら、高性能な設備が全て揃っているラボに出して、知識も経験も豊富な職人にお願いするのもオススメです。特にプロラボには毎日色を見て、毎日プロ写真家の画像を作っているプロの“プリンター”が居ますから。

まぁ私自身は、プリントするために家でパソコンに向かっている時間があるなら、カメラを持って外に出て、一枚でも多く写真を撮っていたい、というのが本音です。家の中に居てもシャッターチャンスは訪れないですからね。



  
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4


FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3




[ Category:Fujifilm|掲載日時:05月11日 20時33分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Commlite(コムライト) マウントアダプター ニコンFレンズ/ソニーEボディ用 AF対応 電子接点付 CM-ENF-E1 PRO+Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 16-35mm F4 G ED VR アクセサリー雑感 〜マウントアダプター編〜 2018年01月17日
2018年に年が変わり、半月ほど経ちましたが、今年はもう写真は撮られましたか? 筆者は3日に今年最初の撮影に出かけてきました。 撮影場所は長池親水公園です。気温は-1℃で風も強く吹いていたため、ブルブル震えながら撮っておりました。 長池親水公園は山中湖畔に映る逆さ富士と夕日が沈む際にはダブルダイヤモンド富士が見れるスポットとして有名で、 この日もたくさんの方が写真を撮っていましたが、あいにくこの日は風が強かったため、逆さ富士は見られず。 さてさてこの富士山、なんの機...
続きを読む
null 【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! 2018年01月16日
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。 Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。 こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。 大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。 カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。 ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。 ...
続きを読む
null α7RIIIのピクセルシフトマルチ撮影を"試す" 2018年01月15日
皆さまこんにちは。 先日発売されたばかりの最新機種 α7RIII 既に撮影を楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 本日のテーマは「ピクセルシフトマルチ撮影」です。 Eマウントボディの中ではα7RIIIで初登場した機能となりますが ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御することで イメージセンサーを正確に1ピクセル分ずつずらして計4枚の画像を撮影、合成。 有効約4240万のすべての画素でR・G・B の全色情報を取得し、補間処理をせずに直接合成します。 そこから画像を生成することで偽...
続きを読む
ヘリオス44-2 58mm F2 【ロシア】ヘリオス44-2 58mm F2と歩く 2018年01月14日
今回は、1年とすこし前に購入してからすっかりハマってしまったオールドレンズ 『ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2』をご紹介いたします。 冒頭の写真は、良い被写体があった!と思ってカメラを構えたところ、 ピントを合わせる前の画がとても幻想的だったのでそのままシャッターを切った1枚です。 マニュアルフォーカスレンズの良いところは、 こうした予期せぬ1枚に巡り合えるところにあると私は思っています。 先ほどの1枚のピントを合わせた結果がこちら。 ヘリオス...
続きを読む
RAWデータって大切 愛犬と向き合おう 2018年01月13日
愛犬と向き合おう 焦点距離50mm(35mm判換算75mm),SS 1/125,F4.0,ISO 400 鏡開きも過ぎた今日この頃。 筆者にとっては、本日がお客様への年頭挨拶でございます。 皆様の期待に応えるべく精進してまいりますので、 本年もよろしくお願いいたします。 皆様ご存じのことと思いますが、今年は戌年です。 カメラ好きな方なら脳裏によみがえることでしょう。 「Nikon New FM2/T 戌」がリリースされた、あの戌年です。 24年前のリリースと聞くと、何ともいえない衝撃が走ります。 さて、マップカ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]