FUJIFILM GFX インタビュー【Part 4】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

やはりフジフイルムの色が良いということでカメラを選ばれている方も多いですからね。いままでのJPEGファインでも相当綺麗でしたから。

そんなコメントを言った後で恐縮なのですが、Adobeさんが推奨するRAWに“DNG形式”がありますよね。ソフトウエアメーカーによる機種ごとのRAWサポートを待たずにすぐ新製品の画像データをLightroomやPhotoshopで使用できるのは、とても便利だなと感じています。今回の『GFX』では“DNG形式”というのは検討されなかったのでしょうか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

カメラ内で様々なファイル形式を選べるように、ということですよね? うーん、それは正直検討しなかったですね。

やはり我々としてはJPEGでの色作りを進めてきて、それが経験であり財産のようなものだと思っているので。おそらく“DNG形式”も選べるようにすると、色作りや画作りの設計をまた一から作って追加しないといけなくなるでしょう。

しかも、その画質をすべてのISO感度、すべての設定においてチェックする必要が出てくるんです。そうなると膨大な画質設計、評価工数が必要となってしまいますから、それはかなり難しいですよね。まぁ、要望は分かりますけど。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

やはりフィルムメーカーとして培ってきた色や画質のノウハウを商品の魅力として生かすために、あえてソフトに頼らず、カメラが生み出す“そのままの画質”にこだわって物作りをされているという事なんですね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうですね。結局Xシリーズの“あの色”って、例えば他社製のカメラに当社の画質設計の概念を当てはめたとしても同じ色にはならないんですよ。なぜなら、それ(色)を出すための能力をプロセッサーにも持たせてあるから。

他社が採用していない能力がX Processor Proや今までのEXRプロセッサーの中に入っています。なので、多分先ほどの“DNG形式”にしてもそうですが、何かを根本的に変えようと思ったら、その色作りだけじゃなく、そのもっと前のハードウエアであるプロセッサーから変えないとダメな場合もあると思いますよ。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

なるほど。以前のインタビューでフジフイルムの色の秘密はWBだとお聞きしていましたが、そのもっと深い、根底部分にはプロセッサーに備わっている独自の機能があったわけですか。すごいですね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

プロセッサーに占める高画質を再現するための信号処理の割合というのが高いんです。

通常プロセッサーの能力はAF制御や動画機能など、重たい処理を早くすることに重点やアピールポイントを置く場合が多いですよね。もちろん、そちらもやりつつなんですけど、画質を向上させるための機能を追加で盛り込んでもレスポンス良く動くようにプロセッサーを作るというのが、当社のプロセッサー開発の特徴的なポイントだと思います。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

一般的に画作りに関してはセンサーが多く割合を占めていて、プロセッサーは駆動の部分が多いのかなと思っていたのですが、そうではなかったんですね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

もちろん、センサー性能も重要ですけど、プロセッサーはそれ以上かもしれませんね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

だからこそセンサーが違う『GFX』でもXシリーズと同じような色表現が可能なんだと。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうです。『X』と『GFX』ではセンサーは全然違いますからね。

それでも色に関しては『X-T2』で撮った写真と『GFX』で撮ったものをA4くらいにプリントして比べてみても、違いがあまりわからないと思いますよ。そのくらい色に関しては揃えるようにしています。もちろん『GFX』だけの色再現というのも少しはあるのですが。それだけ単独で見ただけなら私でもわからないと思いますね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうなってくると、『GFX』をアマチュアの方が買うメリットはどのあたりになるのでしょうか?大きく伸ばさない限りあまり違いが表れないのであれば、やはり画素数ということになるのでしょうか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

おそらく画素数ではなくて、中判センサーならではの描写力だと思います。

画素数は極論を言うと通常5000万画素もいらないですよね。だけどセンサーサイズの違いは表現力に直結します。フィルムにも35mm、中判、大判と、サイズにバリエーションがありましたが、例えばLサイズプリントで観ても中判で撮った写真は違いがすぐ分かりませんでしたか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

確かに。中判は雰囲気が違いますよね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

35mmフィルムで撮った写真と中判フィルムで撮った写真は本当にLサイズでも違いが分かります。それは立体感であったり、階調再現であったり、いわゆる空気感であったり。

単純にボケ量だけを大きくしたければ出来るだけ開放F値の小さい大口径レンズを使えば、中判でなくとも実現可能です。でも、フォーマットが大きい中判だと一番ボケたところからシャープなところまでを、より滑らかに表現出来ます。なので、同じプリントサイズであってもパッと見てわかる上質感がある。つまり、ボケの「量」じゃなくて「質」。

そこが分かる方、もしくは写真にとってそれが大事だと思う方には、仮に『GFX』が4000万画素だったとしても、この大きなセンサーを使うことに意味を感じていただけると思いますね。またそういう意味では、中判センサーサイズから生まれてくる写真の立体感とか空気感というのはプリントしてみると、更に強調されると思います。

一方、例えば書類の文字とかを写真に撮って、パソコンで等倍拡大してみてどれだけ解像しているか?というのが重要なのであれば、それは判の大きさではなく主に画素数(とレンズの性能)によりますから、中判を使う意味はないかもしれませんね。まぁ、我々はそういうのは写真画質の評価とは別物だと思っていますが。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうなるとやはり紙に焼いて写真としての画質を見てもらいたいと。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうですね。GFXを手に入れられたアマチュア写真家の方には是非プリントして、しかもなるべく半切以上とか大きく伸ばして、部屋に飾っていただいたり、仲間と写真展をしていただいたりして欲しいですね。これをSNSにアップしたり、PCのモニターで見るだけなんてお金が勿体無いですよ(笑)



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

今のハイアマチュアの方たちの場合だと、家でRAW現像して、大型プリンターで出力するというのが、昔で言う暗室で現像している感覚と同じなのかなと思うのですが、『GFX』を本当に楽しむならラボで大きくプリントしてもらうのが一番いいんでしょうね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4

そうですね。個人的にはその方が最終的には楽だし、結果的に安く上がると思うんですよ。

高画質プリントをするには、先ず色と画像に関する豊富な知識が無いとダメです。そして、色を正しく確認するためには部屋の蛍光灯も演色性に優れた色評価用に全部変えて、モニターも色再現が細かく設定できるものを買って、キャリブレーションを定期的にかけて調整する必要があります。少なくともプロラボの環境はそうなっています。

なので、家で本当に高いクオリティのプリントを出力したいとこだわりだしたら想像以上に大変です。それこそ『GFX』がもう一台買えてしまうくらいの金額がかかりますよ。

なんというか、日本では昔から、特にモノクロフィルムにおいて「自分で現像してプリントまでしてこそ一人前だ」みたいな意識が非常に強いですよね。でも海外を見たらそうじゃない場合も多くて、写真家の他に“プリンター”もしくは“プリンティング・ディレクター”という職業がちゃんと確立されています。例えば、著名な写真家の「Aさん」と「Bさん」の“プリンター”は同じ「Cさん」だっていうのが、アマチュアカメラマンの間でも知られているくらいです。それだけ、“プリンター”もアーチストとして認識されているということだと思います。必要とされるスキルも違いますしね。

もちろん趣味として撮影から現像、プリントまでを自分で行う楽しみはあります。自分好みにプリントできますし、作品を作り上げる達成感のようなものもあるでしょう。でも、写真展出展やコンテスト応募などで高いプリントクオリティが必要なら、高性能な設備が全て揃っているラボに出して、知識も経験も豊富な職人にお願いするのもオススメです。特にプロラボには毎日色を見て、毎日プロ写真家の画像を作っているプロの“プリンター”が居ますから。

まぁ私自身は、プリントするために家でパソコンに向かっている時間があるなら、カメラを持って外に出て、一枚でも多く写真を撮っていたい、というのが本音です。家の中に居てもシャッターチャンスは訪れないですからね。



  
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part4


FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3




[ Category:Fujifilm]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

大きいはお得がいっぱい! フルサイズセンサー機のススメ! 大きいはお得がいっぱい! フルサイズセンサー機のススメ! 2017年07月22日
皆様こんにちは! デジタルカメラを新しく買う時に気にすることって幾つかありますね。 カメラの大きさや重さ、画素数、連写スピード…etc. そしてセンサーの大きさも重要です! 昔のフィルムカメラは35mm判フィルム(36x24mmサイズ)が主流でした。 しかし、デジタルカメラの時代になってからは マイクロフォーサーズ(17.3x13mm)やAPS-C(23.6x15.8mm)など多種多様な種類が登場しました。 その為、モデルによって採用しているセンサーの大きさが違っています。 様々な種類がある中で「センサー...
続きを読む
null 【SONY】αプレミアムキャンペーンも残りあと10日です! 2017年07月21日
皆様、こんにちは。 連日暑い日が続く中、梅雨明けが発表されましたがいかがお過ごしでしょうか。 現在好評をいただいている、ソニーのキャッシュバックキャンペーンですが 7月31日まで継続中です!! (↑上記バナーをクリックするとキャンペーン特設サイトにジャンプします) 今回の対象商品は α7II型のシリーズと 一部のFEレンズが対象です。 そしてなんと応募者全員に ボディなら最大¥30,000 レンズなら¥10,000 のキャッシュバック!! 期間は2017年5月19日(金)~2017年7月31...
続きを読む
【Leica】更に洗練されたミラーレスカメラ!TL2ご予約受付中!! 【Leica】更に洗練されたミラーレスカメラ!TL2ご予約受付中!! 2017年07月20日
昨年11月に発売されたLeica TLが更にパワーアップして登場! その名もLeica TL2 ・新開発の有効画素数2424万画素の高性能CMOSセンサーにより、 優れたダイナミックレンジやコントラスト・色再現性・シャープネスを実現! 更に美しい描写が楽しめます。 ・映像エンジンがQ(Typ116)等に採用されている「LEICA MAESTRO II」にグレードアップ! オートフォーカスの高速化はもちろん、4Kやスローモーション動画にも対応! ・新開発の電子シャッターで1/40000秒の超高速シャッターが可能に! 連写...
続きを読む
【TAMRON】18-400mm F3.5-6.3 Model B028 本日発売! 【TAMRON】18-400mm F3.5-6.3 Model B028 本日発売! 2017年07月20日
世界初の超望遠高倍率ズームレンズ 本日発売!! TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD Model B028 キヤノン、ニコン用APS-Cサイズ向けレンズ 世界で初めてAPS-Cサイズ用として18-400mmまでの焦点距離、ズーム比22.2倍を実現。 望遠端400mmは、35mm判換算で620mm相当の画角となる超望遠撮影を可能とし、 迫力ある画面作りを1本のレンズで手軽に楽しむことができるようになりました。 最新の光学設計、独自開発のHLDオートフォーカスモーター、手ブレ補正機構の搭載など、 ...
続きを読む
【Leica】一風変わったMDa入荷しました! 【Leica】一風変わったMDa入荷しました! 2017年07月20日
皆様こんにちは! 今回もちょっと珍しいカメラが入荷しましたのでPick upしてご紹介します。 Leica MDa のリペイント(後塗り)が2台! Leica MDa自体が珍しいのですが、元々ボディカラーはシルバーのみでした。 MDaについてはをクリック! 今回は、薄い緑色のハンマートーンとブラックです。 ハンマートーンと言えば、Leicaでは限定モデルに時々登場する、 表面の凹凸が、光の当たり方や角度によって様々な表情を見せる仕上げですね。 「鉄の表面をハンマーで叩いて、凹凸模様を付けた表面...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]