FUJIFILM GFX インタビュー【Part 5】 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part1

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

Xシリーズって、レンジファインダーのX-Pro2であったり、一眼モデルのX-T2だったり、また、その弟分といえばいいですかね、X-T20など、撮影スタイルと価格に応じてラインナップが選べると思うのですが、今回発売した『GFX』のGマウント機というのは、今後ラインナップが広がっていく可能性があるのかお聞きしたいのですが。
ズバリありますでしょうか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

ええ、将来的に可能性はゼロではないと思いますよ。
「Xシリーズ」がそうであるように、本来カメラのボディ形態や操作性、性能は被写体や撮影用途によって最適化されるべきだと考えていますから。

ただ、今は全く白紙の状態です。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

フジフイルムがデジタル中判カメラを出されたことで、ペンタックスさんのカメラも含め、趣味としてのデジタル中判カメラのニーズも高まってくるだろうと思います。販売店としてもそうですが、一人のカメラ好きとしても今後の展開を非常に楽しみにしています。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

そうですね、今後にもご期待していただけたらと思います。

フィルム時代の中判カメラには、一眼レフがあって、レンジファインダーがあって、二眼レフがあって、さらに真四角(6x6)や645などフォーマット自体も種類がありました。それが中判の魅力の一つだと思っています。

『GFX』でマルチアスペクト機能にこだわったのも、そういった経緯があります。シノゴ(4×5)、ロクナナ(6×7)、ロクハチ(6×8)、24: 65というフルパノラマフォーマットとか、ありとあらゆるフォーマットを全部入れているんですよね、そういったことやっていけるのも中判カメラだからこそと思っています。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

『GFX』が発売されて間もないのに、こういった質問も変かもしれませんが、カラーバリエーションであったり、限定の、例えばペンタックスさんで漆塗りモデルのような特別モデルであったり、または博物館向けの赤外線モデルなど、『GFX』からの派生というのは考えているのでしょうか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

うーん、例えば『GFX』でグラファイトシルバーが欲しいという方は少ない気がしますけどね。このボディであの色だと相当派手になると思いますし(笑)

限定モデルの場合、コスメティックな限定と、機能を何かしら変えた限定とがあると思います。Xシリーズは結構趣味的なところも追求しているんですけど、このカメラ(GFX)はその観点からは最も遠いかな、と思うんですよ。いわゆる撮影趣味ではなく、カメラ趣味として『GFX』を購入する人が果たしてどの程度いるのか?ということですね。『GFX』は使ってこそのカメラ、道具として使い倒してこそ価値のあるカメラだと思っています。

付け加えるなら、T(X-Tシリーズ)のラインもそういうものだと我々は思っているんです。なので、アクセサリーなどで「もっと使いやすい何か」を派生して作っていくというのはあると思います。あとはレンズですよね。どんなレンズが欲しいかは、どんどんユーザーさんから何かしら情報をあげて欲しいですね。我々もそのニーズに応えたいので。



 
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

新たに23mmと110mmも発表されましたが、現在のレンズロードマップで注目度が高いのは35mm判換算で35mm相当の単焦点レンズでしょうか。風景はもちろん、スナップのような撮影でも使いやすい画角だと思いますから。とは言え、『GFX』ではスナップには大きすぎますよね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

一般的にはそうですね。

でも、以前レンジファインダーの中判デジタル機を作ってくれって言うプロカメラマンに「何を撮るために?」と聞いたら、「当然スナップを撮るためだ」と言うんです。

私としては、スナップはカメラが目立っちゃダメなんじゃないか?と思っていたので、「こんな大きなカメラでスナップしていたら、私、写真家です。ここに居ますよ〜って看板背負っているのと一緒じゃないか?」と言ったら、「いやいや、それでも欲しいんだ」みたいな(笑)。

で、実際に発売してみたらスナップやルポルタージュに使っている写真家も結構いらっしゃって…。なので、確かに35mm相当のレンズ(GF45mm)は期待されています。

あと、レンズに関して今一番質問が多いのは望遠レンズですね。もう少し長いのが欲しいと言われます。最初のロードマップだと最長でも120mm。35mm判換算だと約95mmくらいなのでまだ少し短いんです。そこで、新たに望遠単焦点レンズとテレコンバーターのロードマップを先日発表しました。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

最後に、『GFX』を購入された方、購入をご検討されている方に向けてメッセージをいただけますか?



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

『GFX』は中判カメラの緻密な描写を必要とするジャンルの撮影や、中判カメラを使いたいと思う写真家にとっては、期待を裏切らないカメラだと思います。

私は、「作品を撮る」ということはプロでもアマチュアでも、最終目標が高ければ高いほどすごくパワーがいることだと思うんですよ。撮影技術や知識を取得し、最適な機材を揃え、二度とないかもしれないシャッターチャンスを確実に自分のものにするために努力をするわけですから。

『GFX』はそういった努力を厭わず、高い精神性を持って作品を撮りたいと思っている方に是非使っていただきたいですね。デバイスに頼り過ぎず、結果をカメラのせいにしない(笑)そして、SNSを通じて広く浅く写真を観てもらうよりも、写真展や写真集でしっかり自分の写真を観て欲しいと思っている、そんな人に使ってもらえたら『GFX』の商品企画者として嬉しいですね。



FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5

本日はどうもありがとうございました。

発売開始からおよそ2か月半経ちましたが、フィールドでは新緑の季節を迎えたこれからが『GFX 50S』の実力を発揮できるのではないかと思います。マップカメラでは今後も新商品の情報をブログやフォトプレビューサイト「Kasyapa」でお伝えしていきますのでご期待ください。



    
FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5 FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part5


FUJIFILM GFX 50S インタビュー Part3




[ Category:Fujifilm|掲載日時:05月11日 20時34分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【はじまる410】はじめての『カフェ』でテーブルフォト 【はじまる410】はじめての『カフェ』でテーブルフォト 2017年12月06日
【□はじ○まる△410☆】×『テーブルフォト』  はじめての写真。はじめてのカメラ。はじめてのレンズ。 はじめての場所。はじめて過ごした時間。 そんなはじめてを大切に、はじめました『はじまる410(フォト)』 お気に入りの小物などの被写体を、 テーブルをつかって撮る写真を「テーブルフォト」といいます。 撮影ポイントをおさえて、テーブルフォト撮影に挑戦! マクロレンズでテーブルフォトしましょう。 『カフェでテーブルフォト』 さあ、カフェに LET'S GO...
続きを読む
【はじまる410】はじめての『SHOWA KINEN PARK』で秋フォト 【はじまる410】はじめての『SHOWA KINEN PARK』で秋フォト 2017年11月21日
【□はじ○まる△410☆】×『美しい秋フォト』  はじめての写真。はじめてのカメラ。はじめてのレンズ。 はじめての場所。はじめて過ごした時間。 そんなはじめてを大切に、はじめました『はじまる410(フォト)』 秋もぐっと深まる季節、豊かな自然に四季折々の季節を感じることができる日本! そんな自然が目を楽しませてくれる紅葉の季節がやってきました。 さあ、『美しい秋フォト』しましょう。 『SHOWA KINEN PARK』 行ってきました国営昭和記念公園! 駅...
続きを読む
【FUJIFILM】レトロなX-A3 ~ 私のピッタリカメラ ~ 【FUJIFILM】レトロなX-A3 ~ 私のピッタリカメラ ~ 2017年10月24日
【レトロなXstyle X-A3】 FUJIFILM X-A3・・・私にピッタリのカメラと出会えました。 選んだ最初の理由は見た目! かわいいレトロなフィルムカメラのようなボディに一目ぼれでした。 他、機能もたくさん便利なものがあり、 背面液晶のタッチパネルは、もうこれじゃないと私はダメです。 タッチするだけでAFできて、撮ってすぐにピンチアウトで拡大して簡単に確認できるのです。 せっかちな私にとって連打操作しなくてよいのは本当にストレスフリーで嬉しい機能です...
続きを読む
【FUJIFILM】シリーズ最小、最軽量のX-E3本日発売! 【FUJIFILM】シリーズ最小、最軽量のX-E3本日発売! 2017年09月28日
FUJIFILMから新しいXシリーズが誕生! 高画質、小型軽量な「X-E3」本日発売!! 2430万画素APS-Cサイズ「X-TransTM CMOS III」センサーや 高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」など、 Xシリーズ最高の画質を生み出すX-E3ですが、 何と言ってもポイントは「小型、軽量」 X-Pro2と同等の画質を持ち、前機種のみならず全機種の中で最小最軽量のX-E3! 小型のレンズも豊富なXシリーズですので、 毎日お気に入りのレンズを付け替え、ファッション感覚で楽しむ事もできます! ...
続きを読む
【FUJIFILM】シンプルなXstyle X-E3先行展示実施中! 【FUJIFILM】シンプルなXstyle X-E3先行展示実施中! 2017年09月21日
『シンプルなXstyle X-E3』先行展示中!! ただいまマップカメラでは、FUJIFILM X-E3の発売に先駆けて先行展示を行っております。 実際にお手にとって、その魅力を感じていただきたいシンプルで美しいカメラです。 そこで『おすすめポイント』としまして、『シンプルなXstyle X-E3』の魅力をお伝えいたします。 『ポイント 1』シンプルデザイン 必要な機能性能を極限まで研ぎ澄まし、本質だけを形にしたデザイン。 追求したのは、シンプルで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]