【SONY】α9を深掘りっ!~外観編その1~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9


伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。

その名は「SONY α9」

絶賛ご予約受付中です!

各地のソニーストアでも先行展示が行われ始めましたね!
maptimesをご覧になられているお客様はもう触られましたか?

今までご紹介した部分を踏まえつつ
ソニーから聞いた内容なども含めもう少し突っ込んだ
ところを紹介していきたいと思います。

今回は外観編!
まずは現状のフラッグシップ「α7RII」との比較をしていきましょう。
それぞれのサイズは

α9
約126.9(幅)x95.6(高さ)x63.0(奥行き)mm
α7RII
約126.9(幅)x95.7(高さ)x60.3(奥行き)mm

と、奥行以外はほとんど変わっていませんので
今まで通りのサイズ感でハンドリング出来るのは嬉しいところ。

それでは「α9」の外観に迫って参ります。
マウント部の止めネジが6つに!
まずはフロント部ですが、マウント部の止めネジが6つになりましたね。
「α7/α7R」からそれ以降の世代になる際もマウント部の材質が変更になりましたが
今回は「ネジ4本でも強度上問題はなかったが、より過酷な環境でも安心して使えるよう強度を上げた」との事でした。

フロント左上部、レリーズボタンが平らに近かったのが少し隆起して押し込みやすくなっていますね。
触った感触も従来より浅めになっている様に感じました。

念願のマルチセレクター!
さて、リア部に移ります。
まず目に付くのはFnキー上部の「マルチセレクター」
従来の「α7」シリーズでは、AFの測距点コントロールがしづらいという
声がかなり上がっていましたが、念願の測距点移動にも使えるセレクターが搭載されました!
この部分だけでもα7シリーズに落とし込んで欲しいです。

測距点絡みでもう一点、α6500にも搭載されていた「タッチフォーカス」がα9にも搭載されています。
MF時は「ダブルタップ」で任意のポイントの拡大も可能です!

ただ、EVFを覗きながら測距点をコントロールできるタッチパッドはなくなってしまったため
あくまで動画撮影時などの補助的な役割といった感じでしょうか。
撮影のサポートはキッチリしてくれるハズです。

更に高速連写機ではお馴染みの「AF-ONボタン」も搭載されております。
今までもAELボタンなどにAFオンを割り当て、親指AFを使うことは出来ましたが
今回はボタンが独立したということで、AEロックはAEロックとして使えますし、
AFボタンの搭載で他社の高速連写機からの乗り換えもしやすくなっています。
触っていて思ったのは、この乗り換えの部分をかなり意識しているなというところでしょうか。

背面のコントロールリングに関しても改善が成されています。
「α7シリーズ」ではかなり軽くISOなどを割り当てていると
いつの間にか回ってISOが変わってしまうといったトラブルがありましたが
「α9」ではこちらもかなり作り込まれており
程良い重さで回るように操作感がより良くなっています。

チルト対策
また、α6500同様に液晶をチルトしている状態では
アイセンサーがオフになるようになりました。

従来の「α7シリーズ」ではEVFに搭載されたアイセンサーの感度が高く
液晶をチルトした状態でローアングル撮影を行う際に体に近づけてしまうと
センサーが過敏に反応してEVFに表示が切り替わってしまう
というような事がありましたがα9ではここも改善されています。

「初代α7」から「α7II」になった時も
ユーザーから不満の多かったポイントを潰しこんできている印象でしたが
今回の「α9」もかなりプロと綿密に意見交換をしつつ作り込まれている印象を受けますので
ハイアマチュアの方などでも、かなり進化を感じられるボディになっているのではないかと思います。


長くなってしまいましたので、サイドの端子類に関してはまた次回お送りいたします。
それでは、今回はこの辺りで。

皆様からのご予約、心よりお待ちしております!

Now the future is yours

α9を深掘りっ!特集ページはこちらから

※商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただくと商品情報が更新された際
お客様にいち早くお知らせすることができます。
ぜひご活用ください!








〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:05月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]