Select Language



【SONY】α9を深掘りっ!~外観編その1~

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月17日 10時30分]



SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9


伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。

その名は「SONY α9」

絶賛ご予約受付中です!

各地のソニーストアでも先行展示が行われ始めましたね!
maptimesをご覧になられているお客様はもう触られましたか?

今までご紹介した部分を踏まえつつ
ソニーから聞いた内容なども含めもう少し突っ込んだ
ところを紹介していきたいと思います。

今回は外観編!
まずは現状のフラッグシップ「α7RII」との比較をしていきましょう。
それぞれのサイズは

α9
約126.9(幅)x95.6(高さ)x63.0(奥行き)mm
α7RII
約126.9(幅)x95.7(高さ)x60.3(奥行き)mm

と、奥行以外はほとんど変わっていませんので
今まで通りのサイズ感でハンドリング出来るのは嬉しいところ。

それでは「α9」の外観に迫って参ります。
マウント部の止めネジが6つに!
まずはフロント部ですが、マウント部の止めネジが6つになりましたね。
「α7/α7R」からそれ以降の世代になる際もマウント部の材質が変更になりましたが
今回は「ネジ4本でも強度上問題はなかったが、より過酷な環境でも安心して使えるよう強度を上げた」との事でした。

フロント左上部、レリーズボタンが平らに近かったのが少し隆起して押し込みやすくなっていますね。
触った感触も従来より浅めになっている様に感じました。

念願のマルチセレクター!
さて、リア部に移ります。
まず目に付くのはFnキー上部の「マルチセレクター」
従来の「α7」シリーズでは、AFの測距点コントロールがしづらいという
声がかなり上がっていましたが、念願の測距点移動にも使えるセレクターが搭載されました!
この部分だけでもα7シリーズに落とし込んで欲しいです。

測距点絡みでもう一点、α6500にも搭載されていた「タッチフォーカス」がα9にも搭載されています。
MF時は「ダブルタップ」で任意のポイントの拡大も可能です!

ただ、EVFを覗きながら測距点をコントロールできるタッチパッドはなくなってしまったため
あくまで動画撮影時などの補助的な役割といった感じでしょうか。
撮影のサポートはキッチリしてくれるハズです。

更に高速連写機ではお馴染みの「AF-ONボタン」も搭載されております。
今までもAELボタンなどにAFオンを割り当て、親指AFを使うことは出来ましたが
今回はボタンが独立したということで、AEロックはAEロックとして使えますし、
AFボタンの搭載で他社の高速連写機からの乗り換えもしやすくなっています。
触っていて思ったのは、この乗り換えの部分をかなり意識しているなというところでしょうか。

背面のコントロールリングに関しても改善が成されています。
「α7シリーズ」ではかなり軽くISOなどを割り当てていると
いつの間にか回ってISOが変わってしまうといったトラブルがありましたが
「α9」ではこちらもかなり作り込まれており
程良い重さで回るように操作感がより良くなっています。

チルト対策
また、α6500同様に液晶をチルトしている状態では
アイセンサーがオフになるようになりました。

従来の「α7シリーズ」ではEVFに搭載されたアイセンサーの感度が高く
液晶をチルトした状態でローアングル撮影を行う際に体に近づけてしまうと
センサーが過敏に反応してEVFに表示が切り替わってしまう
というような事がありましたがα9ではここも改善されています。

「初代α7」から「α7II」になった時も
ユーザーから不満の多かったポイントを潰しこんできている印象でしたが
今回の「α9」もかなりプロと綿密に意見交換をしつつ作り込まれている印象を受けますので
ハイアマチュアの方などでも、かなり進化を感じられるボディになっているのではないかと思います。


長くなってしまいましたので、サイドの端子類に関してはまた次回お送りいたします。
それでは、今回はこの辺りで。

皆様からのご予約、心よりお待ちしております!

Now the future is yours

α9を深掘りっ!特集ページはこちらから

※商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただくと商品情報が更新された際
お客様にいち早くお知らせすることができます。
ぜひご活用ください!








〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む
null 【SONY】箱根で感じる物語の世界 2018年05月13日
少し前のお話しです。 春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。 王子さまはとてもすてきなところにいました。 日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。 色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。 良く見ると、作者の名前が看板になっていました。 こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。 直訳すれば「サン=テグジュペリの家」...
続きを読む
null 【SONY】二律背反 2018年05月07日
ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。 大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。 発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。 徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。 ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm 2度目に...
続きを読む
ねことほそ道 ねことほそ道 2018年04月30日
その日は天気の良い休日。世間一般でも休日と呼べる曜日だったわけですが、「よし、撮影に出よう」と思い立って朝から家を飛び出します。しかしここで天の邪鬼な筆者は「休日の人ごみに飲まれたくない」と思ってしまい、行き当たりばったりな撮影に切り替えます。こういう時は大抵しょうもない写真ばかりが増えてしまうものなので、今回は"東京の路地を撮ろう"とざっくりとした目的を付け加えました。 そうして訪れたのが都電荒川線沿いにある三ノ輪駅。以前にも何度か撮影で訪れた事があり、来る度...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]